« 2016/02/11 Thu *堕天使 / Gram Parsons And The Fallen Angels | トップページ | 2016/02/13 Sat *土曜の夜に / Mott The Hoople »

2016/02/12 Fri *白黒、黒白 / Tony Joe White

20160212blackandwhite


白黒。
否。
別に。
黒白でも。
構わないけど。

ケリをつけるなら。
つける。
しめるなら。
しめる。
ハッキリさせよう。

そこを。
曖昧にさせておくから。
物事が。
纏まらない。
進まない。

いい顔ばかり。
してもいられない。
そんな時と場合も。
あるだろうと。
ビシッと言ってやりたい。

まぁ。
背景も。
経緯も。
それなりにあるのだろうから。
一旦は。

腹に収めはするけど。
黒白、否、白黒。
いずれハッキリと。
つけさせて頂きますので。
覚えておいてもらいますかね。

『Black And White』'69年リリース。
ルイジアナ出身のスワンプ・ロッカー、トニー・ジョー・ホワイト。
その代名詞ともなった「Pork Salad Annie」を含む1stアルバム。
何でも「Pork Salad Annie」は当初ヨーロッパ、特にフランスでヒットして。
その結果、逆輸入に近い形でこのアルバムが本国、アメリカで制作されたとか。
まさに名刺代わり、覚えておいてもらいましょうかの一枚となったわけです。
(「Pork Salad Annie」はエルヴィス・プレスリーの欠かせないレパートリーとなったしね)
兎に角。ルイジアナ、ポーク・サラダが群生し、ワニが生息する。
そんな土地で生まれ育ったトニー・ジョー。そのままの野趣あふれる歌声。
熱気と土の臭いが染み込んだ様なその男臭い歌声。それこそがトニー・ジョーの魅力で。
その歌声で。時に荒々しく、時に朴訥にと歌われるメロディーがじわじわと沁みてくると。
何とも抗しがたいものがあるのですよね。決して歌が上手いとも思えませんが。
その様なことなどモノともしない。図太さと真摯さが、トニー・ジョーにはあるのです。
一説では十代で出会ったブルースに刺激されて音楽にのめり込み、ギターを手にしたと。
そんなトニー・ジョーですから。音楽に白も黒も、否、黒も白も無かったと。
寧ろ、どちらかと言えば黒い音楽、黒い歌を愛し、自ら奏でること。
そこには些かの迷いも無かったのだろうなと想像して。嬉しかったり、心強かったりして。
ハッキリしている、筋が通っている。逆に言えば頑固で融通が利かないのだろうなと。
でもね。そうでもなきゃ。熱いロックを奏でたり、熱い歌声を聴かせたりは出来ないよな。
アルバム全体としてはA面が総てオリジナルで。B面が総てカヴァーって言うのが。
如何にも急増な感じを与えなくもなくて。カヴァーの出来には差がありもしますが。
スリム・ハーポのブルースが一番こなれているのが、流石だなと思わされます。

白黒。
否。
別に。
黒白でも。
良いのだけれど。

ケジメをつけるなら。
つける。
つめるなら。
つめる。
ハッキリさせよう。

そこを。
いい加減にしておくから。
何事にも。
一体感が無い。
熱いものが生まれない。

いい事ばかり。
口にしてもいられない。
そんな時と場合が。
来ているのだよと。
ビシッと言ってやりたい。

まぁ。
事情も。
思惑も。
それなりにあるのだろうから。
取敢えずは。

口出しはしないでおくけれど。
黒白、否、白黒。
いずれハッキリと。
つめさせて頂きますので。
覚えておいてもらいますかね。

白なら白。
黒なら黒。
線引きを。
しっかりと。
ハッキリとさせなきゃならない。

そんなものも。
あるのだぜ。
そいつは。
忘れちゃならないし。
曖昧にしちゃならない。

引っ張りたいなら。
纏めたいなら。
先へと進みたいなら。
舐められちゃならない。
示しはつけなきゃならない。

そいつが。
出来ないなら。
やれないなら。
その意志が無いのなら。
代わってもらいましょうかね。

ハッキリと。
筋を通して。
白か黒か。
そいつで。
ケジメをつけさせてもらいますので。

その時には。
徹底的に。
頑固で。
融通も利きませんので。
覚えておいてもらいましょうか。

黒でも白でも。どっちでもいいのだけど。ハッキリとはさせないとね(笑)。



web拍手 by FC2

|

« 2016/02/11 Thu *堕天使 / Gram Parsons And The Fallen Angels | トップページ | 2016/02/13 Sat *土曜の夜に / Mott The Hoople »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/63210716

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/02/12 Fri *白黒、黒白 / Tony Joe White:

« 2016/02/11 Thu *堕天使 / Gram Parsons And The Fallen Angels | トップページ | 2016/02/13 Sat *土曜の夜に / Mott The Hoople »