« 2016/02/15 Mon *古い缶の中に / Chicken Shack | トップページ | 2016/02/17 Wed *ないしょ、の話は / Robert Palmer »

2016/02/16 Tue *外しちゃいけない / Joe Cocker

20160216joecocker


まぁ。
そりゃさ。
いつでも。
どこでも。
どんな時でも。

襟を正して。
背筋を伸ばして。
正しい行いをと。
品行方正でと。
言うつもりは無いけれど。

襟は草臥れていて。
俯き加減で。
斜に構えていて。
品行方正とは程遠い。
俺が言うのもあれだけど。

世の中には。
外しちゃならない時。
外しちゃならない処。
外しちゃならない道。
そいつがあるのも確かで。

ちょいと。
この時に。
ここで。
そいつをやっちまったのは。
外しちまったかなと。

品行方正でと。
言うつもりは無いけれど。
時と場合で。
何を行うのか。何を求められているのか。
そいつは間違っちゃならないのだな。

『Joe Cocker』'72年リリース。
ジョー・コッカーの4枚目となるアルバム。
2枚目のアルバムのタイトルも同じだったので(考えないのですかね?)。
収録曲の「Something To Say」の名前が通称として使われていたりします。
デビューから成功して。マッド・ドッグス&イングリッシュメンも大当たりで。
その直後にリリースされたせいなのか。あまり評判を耳にしないと言うか。
コッカーのアルバムの中でも特に地味な扱いを受けている感じのアルバムですが。
確かにレオン・ラッセルとかジミー・ペイジとかのゲストも参加していないし。
「With A Little Help From My Friends」の様なヒット曲も収録されていないし。
盟友であるグリース・バンドの面々と共に淡々と録音されたのだろうなと思われて。
でも。それが故に。ともすればオーバー・アクション気味になってしまうコッカーの。
その等身大の姿が捉えられたアルバムだとも言えるかなと。それも悪くないなとね。
コッカーとグリース・バンドのクリス・ステイントンとの共作によるオリジナル。
それを主としたオリジナルをA面に配して。B面は反対にカヴァーを主とした構成で。
ロンドンと、マッスル・ショールズでの録音に。ライヴ・テイクも2曲入っていてと。
かなり自由に、好き勝手に制作しているなとの印象もあって。やはり売れると強いのかな。
コッカーが、とにかくリラックスして心地良さそうに歌っている姿も目に浮かぶ様で。
コッカーの暑苦しさが苦手だって人にも、奨められる。その歌声の素晴らしさ。
その節回しの巧みさとか、抑揚のつけかたとか。ただ、シャウトしているだけじゃないと。
それが素直に伝わってくる名盤、好盤として評価したいなぁと思います。
勿論、ライヴでの「Do Right Woman」なぞはパワフルで、迫力たっぷりで。
思わず、居住まいを正したくなる様な勢いで迫ってきて。背筋が伸びる気持ち良さです。
歌詞の内容はね、実は意味深で、セクシュアルなナンバーなのですけどね。何かね。
コッカーの歌声で聴くと。こう、お行儀よくしたくなる様なストレートさがあったりしてね。

まぁ。
そりゃさ。
いつでも。
どこでも。
どんな時でも。

なんでもかんでも。
真面目にやることも。
真剣になることも。
必ずしも無いだろうと。
それはそう思うけれど。

なんでもかんでも。
不真面目で。
ふざけていて。
勤勉実直とは程遠い。
俺が言うのもあれだけど。

世の中には。
やらなきゃならない時。
やらなきゃならない処。
通らなきゃならない道。
そいつがあるのも確かで。

ちょいと。
この時に。
ここで。
そいつをやらなかったのは。
問題あるかなと。

勤勉実直でと。
言うつもりは無いけれど。
時と場合で。
何を行うのか。何を求められているのか。
そいつは感じなきゃならないのだな。

欲しいもの。
辿り着きたい場所。
そいつがあるのなら。
間違えちゃならない。
感じなきゃならない。

いつでも。
どこでも。
どんな時でも。
品行方正。
勤勉実直。

そいつは。
肩がこる。
そいつは。
疲れちまう。
面白みにも欠ける。

そんなことは。
望まない。
求めない。
俺だって。
できやしない。やろうとも思わない。

ただ。
外しちゃならない時。
外しちゃならない処。
外しちゃならない道。
そこだけは。

間違えずに。
感じて。
そこだけは。
外さずに。
やらなきゃならないのさ。

そうしないと。
痛い目を見る。
面白く無い思いをする。
そいつだけは。
覚えておいた方がいい。

だから。
敢えて。
言うしかないな。
品行方正でと。
謹厳実直でと。
似合わない。下らない。だが、事実は事実ってことさ。



web拍手 by FC2

|

« 2016/02/15 Mon *古い缶の中に / Chicken Shack | トップページ | 2016/02/17 Wed *ないしょ、の話は / Robert Palmer »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/63228509

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/02/16 Tue *外しちゃいけない / Joe Cocker:

« 2016/02/15 Mon *古い缶の中に / Chicken Shack | トップページ | 2016/02/17 Wed *ないしょ、の話は / Robert Palmer »