« 2016/02/22 Mon *本質も、根源も / Otis Spann | トップページ | 2016/02/24 Wed *夜の底 / Etta James »

2016/02/23 Tue *腹半分 / Little Milton

20160223gritsaintgroceries


これじゃ。
この程度じゃ。
腹の足しにはなりゃしない。
物足りない。
そいつはそうだが。

まぁ。
未だ先があるしな。
あまり。
ここで食い意地はっても。
しかたがないか。

余計な。
あまり。
旨くも無いものを。
押しつけられても。
それはそれで困るし。

ここは。
少し物足りない。
その程度で。
良しとして。
涼しい顔して。

この先への。
布石として。
この程度じゃ。
満足しないぞと。
そう匂わせて。

大人しく。
与えられた範囲で。
与えられた量で。
その中で。
そいつで。手を打っておこう。

『Grits Ain't Groceries』'69年リリース。
リトル・ミルトンのチェス(チェッカー)での3枚目のソロ・アルバム。
ミルトンと言うと。どうしてもこの後のスタックス時代に注目してしまいますが。
その基礎となったとも言える。チェス時代もなかなかのもので。
それが証拠に確か、ソロ・アルバムを4枚程残していて。人気も高かったと。
どうも。この時代のミルトンは灰汁の強さ、個性と言う点では大人しい感もあって。
それで。B.B.キングやボビー・ブランドの後塵を拝していたってのが。
一般的な評価の様で。まぁ、確かにスタックス時代と比較すると素直と言うか。
芝居がかった表現が少なくはあって。これが正統派シンガーとしての素顔なのかなと。
スタックス以降の感情表現は素晴らしいのですが。あざとさと紙一重って感じもあるので。
思いのままに。思いの丈を隠そうともせずに牙を剥いている様な。ここでのミルトンには。
こちらの体も素直に反応して。構えることなく。その歌声に揺さぶられ、酔いしれると。
アップでも、ミディアムでも、スローでも。何でも聴かせてしまうその実力に加えて。
やがて。スタックスでブルーズン・ソウルとして大きく花開き。その代名詞ともなった。
ソウルに対する鋭い嗅覚の芽生えも感じられて。しかもファンクの要素さえ感じさせると。
この進取の気質こそが。ミルトンの大きな武器だったのだろうなと感じます。
ともすれば。正統派のブルースからの逸脱ととられかねなくて。批評の対象にもなったと。
しかしながら。新しいものに取り組めるだけの、正当な実力もあったこそのものだと。
そう胸を張って言える。そんな確かなものがミルトンの歌声には宿っていたのです。
それに。アルバム・タイトルが象徴する様に。貪欲で食欲旺盛なミルトン。
そして。あくまでも主催でありたいと。つなぎや調味料には甘んじないぜとの心意気。
その意気こそが、ミルトンの男気。その男気に溢れたブルースが胸を熱くさせるのです。

これじゃ。
この程度じゃ。
腹の足しにもならないでしょう。
物足りなくありませんか。
ついついしゃしゃりでたくなるが。

まぁ。
未だ先は長そうだしな。
あまり。
ここで出しゃばっても。
しかたがないか。

余計な。
あまり。
大きな期待を。
勝手に抱かれても。
それはそれで困るし。

ここは。
少し物足りないかと。
その程度で。
止めておいて。
一言だけ印象に残して。

この先への。
布石として。
この程度じゃ。
満足させませんよと。
そう漂わせて。

大人しく。
与えられた範囲で。
与えられた量で。
その中で。
そこまでで。手を退いておこう。

これじゃ。
この程度じゃ。
腹の足しにはなりゃしない。
物足りない。
それはそうだ。

まだまだ。
持っているものの。
その半分も。
本気になっていない。
貪欲さを押し殺している。

これじゃ。
この程度じゃ。
腹の足しにもならないでしょう。
物足りないでしょう。
それはそうだ。

まだまだ。
持っているものの。
その半分も。
見せてはいない。
欲望を押し殺している。

今は。
未だ。
総てを見せる時じゃない。
あざとく迫る時じゃない。
逆の芝居をする時だ。

大人しく。
控え目に。
牙を磨いていればいい。
目立たぬ様に。
されど。埋没しない様に。

その時。
つなぎじゃなくて。
主役になって。
満足し、満足させる。
その時が来るまでは、腹八分、否、腹半分。



web拍手 by FC2

|

« 2016/02/22 Mon *本質も、根源も / Otis Spann | トップページ | 2016/02/24 Wed *夜の底 / Etta James »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/63260227

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/02/23 Tue *腹半分 / Little Milton:

« 2016/02/22 Mon *本質も、根源も / Otis Spann | トップページ | 2016/02/24 Wed *夜の底 / Etta James »