« 2016/03/30 Wed *怪盗 / Freddie King | トップページ | 2016/04/01 Fri *告白 / B.B. King »

2016/03/31 Thu *熱気 / Albert King

20160331neworleansheat


春の陽気。
そのせいだけでなく。
なんだか。
体が火照って。
熱気を孕んでいる。

何かの予感。
何かの前兆。
そんなものを。
感じ取って。
反応しているのか。

この。
熱気。
落ち着きはしないが。
悪い感じばかりでもない。
微妙ではあるが。

何かが。
始まるなら。
何かが。
変わるなら。
それも面白いかと。

熱気を。
やや持て余しながら。
その時を。
その何かを。
待ってみるかと。

汗を。
拭きつつ。
取り敢えず。
どっしりと。
構えてみることにする。

『New Orleans Heat』'78年リリース。
'70年代にスタックスで全盛期を迎えたアルバート・キング。
その後はスタックスの倒産もあり移籍を繰り返すことになりましたが。
ユートピアを経てトマトへ。そのトマトでの2枚目にして最後のアルバム。
先ずはノーマン・シーフ撮影で、ミルトン・グレイザーのデザインによるジャケット。
おおらかで、親分肌だったと言われるアルバートの人柄が見事に捉えられているかなと。
なんか、それだけで十分かなとも思ってしまいますが。内容もなかなかのもので。
アルバム・タイトル通りに、ニューオーリンズに乗り込んで録音されたもので。
プロデューサーはアラン・トゥーサン。そしてミーターズのリズム隊が参加していると。
そんな夢の顔合わせが実現しているのです。食い合わせを考えると微妙に危惧も感じさせ。
しかし。これが実に絶妙なバランスで、いい塩梅に触発し合い、融合しているのです。
トゥーサンって人は。素晴らしいアーティスト、ライター、プロデューサーなのですが。
時に、強引と言うか。過剰にニューオーリンズ色を強調し過ぎてしまうこともあると。
それがプロデュースされるアーティストの個性を削いでしまうこともあると思うもですが。
そこはアルバート。基本的に。どこまでも我が道を行く、周囲には我関せずの人なので。
その揺るがない変わらなさ、ある意味で偉大なマンネリズムをここでも貫いていて。
ニューオーリンズ独特の濃厚でねっとり、レイドバックしたサウンドをバックに従えて。
いつもの豪快なギターとヴォーカルを、実に楽しく聴かせてくれています。
変わらないが故に、どんなサウンドを相手にしても。見事に乗りこなしてしまうアルバート。
人柄同様に、おおらかで親分肌で、そして懐の深いアルバートのブルースなのです。
そう考えると。ニューオーリンズ勢がアルバートの胸を借りたアルバムでもあるのかな。
アルバートの代名詞でもある「Born Under A Bad Sign」も収められていますが。
新たにゆったりとした魅力を与えられていて。それがこのアルバムを象徴しているかな。

春の陽気。
それだけでは説明できない。
どうやら。
心も火照って。
熱気を孕んでいる。

何かの予兆。
何かの前触れ。
そんなものを。
嗅ぎ取って。
反応しているのか。

この。
熱気。
どうにも落ち着かないが。
悪い気持だとも言い切れない。
微妙ではあるが。

何かが。
起きるなら。
何かが。
化けるなら。
それも面白いかと。

熱気を。
やや扱いかねながら。
その時を。
その何かを。
迎えてみるかと。

汗を。
押さえつつ。
取り敢えず。
ゆったりと。
構えてみることにする。

何が。
始まろうと。
起きようと。
どっしりと。
ゆったりと。

己は。
変わらない。
己の。
やることは同じ。
我が道を行く。

我、関せずで。
ペースを崩されない。
その自信が。
その確信が。
あるのなら。

この。
体の。
心の。
熱気も。
少々、気になりはするが。

飼いならして。
しまえれば。
それはそれで。
悪くはないだろう。
楽しんでしまえるだろう。

だから。
慌てず。騒がず。
どっしりと。
ゆったりと。
構えてみることにする。



web拍手 by FC2

|

« 2016/03/30 Wed *怪盗 / Freddie King | トップページ | 2016/04/01 Fri *告白 / B.B. King »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/63434508

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/03/31 Thu *熱気 / Albert King:

« 2016/03/30 Wed *怪盗 / Freddie King | トップページ | 2016/04/01 Fri *告白 / B.B. King »