« 2016/04/07 Thu *面白おかしく / David Johansen | トップページ | 2016/04/09 Sat *突っ走るだけ / Grand Funk Railroad »

2016/04/08 Fri *中くらいなり、おらが春 / Creedence Cleawater Revival

20160408mardiglas


もどかしさも。
中くらいなり。
おらが春。
まぁ。
そんなところだな。

もどかしい。
誰に言われるまでもなく。
そいつは。
自分自身が。
一番に感じている。

もう少し。
出来るだろう。
もう少し。
やれるだろう。
そう思いながら。

その。
少しが。
出来ないまま。
やれないまま。
過ぎて行ってしまう。

その一方で。
いま、ここで。
焦ったところで。
欲をかいたところで。
どうにもならないことも承知していて。

もどかしさも。
中くらいなり。
おらが春。
そんなところで。
今は。見送るしかないなと。

『Mardi Gras』'72年リリース。
クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル(CCR)のラスト・アルバム。
不動の4人組だったのが。前作を最後にトム・フォガティが脱退してトリオ編成にと。
ジョン・フォガティがいれば。別に問題にはならないかと思いきや。
そうですね。半ば問題なし、半ば問題あり。そんな感じのアルバムと言えるかなと。
「Someday Never Comes」とか「Sweet Hitch-Hiker」とか。
従来通りに。ジョンが書いて、ジョンが歌っているナンバーは。何の問題も無くて。
今まで通りのCCRが聴けて。そいつは疑いも無しにご機嫌なのですけどね。
ジョンはその2曲も含めて3曲して書いていなくて。ヴォーカルも4曲のみとなっていて。
残りはベースのスチュ・クックとドラムスのダグ・クリフォードが自作を歌っていると。
これがねぇ。明らかにジョンと落差がある・・・ありすぎるのですよね。
ダグは未だタフな温かさが感じられて味があるのだけど。スチュはねぇ。
曲も面白みに欠けるし。何よりも線が細いどころか頼りないことこの上ない歌声で。
それまでジョンの独裁体制で上手くいっていたのに。この突然の民主主義への転向。
何故か。傍で思うよりもジョンの喪失感、そして罪悪感が大きかったのかなと。
何せトムは実の兄ですし。そのトムのバンドにジョンが参加したのがCCRの母体だと。
不満を募らせて出て行った兄と。それに気づかなかった自分。ショックだったのでしょうね。
他のメンバーに機会を与えたと言うよりも。ジョン自身の気力が萎えてしまったのかな。
だから。どんなに。その出來に落差があろうと。ダグとスチュ無しでは。
このアルバムを完成させることも。恐らくはままならなかったのだと思うのです。
そうだな。ジョンの中ではもう既に。半ばCCRは解散していた、のじゃないかなとすらね。
どうにも中途半端で。決して褒められたアルバムじゃないし。人にも勧めないけど。
その半ばさ、中途半端さに人間、ジョン・フォガティを感じて。酷評は出来ないのです。

もの足りなさも。
中くらいなり。
おらが春。
まぁ。
そんなものだろうな。

もの足りない。
誰に言われるまでもなく。
そいつは。
自分自身が。
一番に思っている。

もう少し。
出来るのだから。
もう少し。
やれるのだから。
そう感じながら。

その。
少しを。
求めないまま。
声にしないまま。
通過させてしまう。

そう、一方で。
いま、ここじゃないと。
強気は隠しておかないと。
余裕は見せないでおこうと。
それが得策なことも承知していて。

もの足りなさも。
中くらいなり。
おらが春。
そんなところで。
今は。見送るっておけばいいと。

もどかしさも。
もの足りなさも。
半ば。中途半端。
中くらいなり。
おらが春。

この春は。
そう。
少なくとも。
この春は。
それでいいのだと。

自分自身に。
言い聞かせる。
焦る必要も無い。
強気になる必要も無い。
中くらいでいい。

自分自身を。
得心させる。
欲をかくことは無い。
余裕を見せる必要も無い。
中くらいでいい。

半ば。
中途半端。
その。
生ぬるさの。
居心地の悪さ。

そいつに。
首まで使って。
その。
感触を覚えておくことが。
今、必要なのだと。

もどかしさも。
もの足りなさも。
半ば。中途半端。
中くらいなり。
おらが春。



web拍手 by FC2

|

« 2016/04/07 Thu *面白おかしく / David Johansen | トップページ | 2016/04/09 Sat *突っ走るだけ / Grand Funk Railroad »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/63464328

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/04/08 Fri *中くらいなり、おらが春 / Creedence Cleawater Revival:

« 2016/04/07 Thu *面白おかしく / David Johansen | トップページ | 2016/04/09 Sat *突っ走るだけ / Grand Funk Railroad »