« 2016/04/10 Sun *越えていくもの、超えているもの / Janis Joplin | トップページ | 2016/04/12 Tue *必要で、必然で / Dave Edmunds »

2016/04/11 Mon *雨、雨、降れ、降れ / Bob Dylan

20160411hardrain


街が。
社会が。
世界が。
どんな。
天気であろうとも。

俺の。
胸の内では。
心の中では。
激しい雨が。
降っている。

いつから。
そう。
きっと。
あの日から。
この思いに気付いた日から。

この思い。
間違いがないと。
揺らがないと。
確かなものだと。
分ってしまったその日から。

けれど。
決して。
口にはだせない。
だしてはいけない。
秘めておかなければならない。

だから。
せめて。
冗談めかして。
笑いのネタにして。
心の中には。激しい雨。

『Hard Rain』'76年リリース。
ボブ・ディランの第二期ローリング・サンダー・レヴューからのライヴ・アルバム。
既存のツアー・システムに反発して。その破壊を目指したローリング・サンダー・レヴュー。
その為か。わざと大都市を回避して。小さな会場を選んでと。
そして。大人数のミュージシャンを引き連れ。曲目も曲順も決め事なく即興でと。
そんな挑発的だった第一期ローリング・サンダー・レヴューが評判は呼んだものの。
当然と言えば、当然の如く。興行収入的には苦戦を強いられた為。止む無く仕切り直しに。
そして大都市、大会場も含んだ第二期ローリング・サンダー・レヴューが始まったと。
しかし。そこはディランですから。ライヴそのものの自由度の高さは継続された様で。
(それでも第一期に比べるとかなり普通に聴こえるとの声もある様ですが・・・)
数多いディランのライヴ・アルバムの中でも。アナーキーで、そしてかなり激しいと。
ミック・ロンソンを始めとするバンドの演奏力の高さがディランを刺激もしている様で。
その歌声にも力感があり、感情のこもった表現力の豊かさには肝を抜かれる思いがします。
ギターやベースはスタジオで重ねられた部分も多分にあるようですが。そうだとしても。
ここに収められたディランとバンドの歌声とサウンド、そのライヴならではの迫力。
それは数あるディランのライヴ・アルバムの中でも一番、心に残るかなと。
その証に。「Maggie's Farm」や「Oh, Sister」や「Shelter From The Storm」…
そして「Lay Lady Lay」など。このアルバムでのアレンジが刷り込まれてしまっている。
その度にアレンジが変わるディランですが。このアルバムでのアレンジで記憶させられた。
そんなナンバーが多かったりするのです。感情を剥き出しにして迫ってきているからか。
このアルバムにこそ。ディランの歌いたかったモノがあるのではと感じるのです。
「Lay Lady Lay」なんてね。そうだな。こんな迫力であの娘に迫ってみたいよなと。
危うく。背中を推されそうになる程の。そんな激しく魂を揺さぶるディランがここにいます。

街の。
社会の。
世界の。
天気など。
お構いなしに。

俺の。
胸の奥には。
心の柔らかい処には。
激しい雨が。
降り続いている。

いつから。
そう。
たぶん。
あの日から。
この思いが焼き付けられた日から。

この思い。
間違いだと言われても。
それならば。
正しくなんかありたくないと。
悟ってしまったその日から。

けれど。
決して。
言葉にはできない。
できても伝えてはならない。
密にしておかなければならない。

だから。
せめて。
冗談に紛らせて。
受け流してもらって。
心の柔らかい処には。激しい雨。

雨。
雨。
降れ。
降れ。
もっと降れ。

この。
思いを。
その勢いで。
その激しさで。
洗い流してくれ。

雨。
雨。
降れ。
降れ。
もっと降れ。

この。
思いを。
その冷たさで。
その激しさで。
醒ましてくれ。

分っている。
どんなに願おうとも。
ただ濡れるだけ。
びくとも動かず。
水蒸気に変わるだけ。

思いの。
激しさが。
激しい雨を。
呼んでいるのだと。
降らせているのだと。

窓の外は晴れ。
雨など降っていない。
始めから終わりが見えている思いに。
こんな晴れ間は。
眩しすぎる。

雨。
雨。
降れ。
降れ。
もっと降れ。



web拍手 by FC2

|

« 2016/04/10 Sun *越えていくもの、超えているもの / Janis Joplin | トップページ | 2016/04/12 Tue *必要で、必然で / Dave Edmunds »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/63475034

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/04/11 Mon *雨、雨、降れ、降れ / Bob Dylan:

« 2016/04/10 Sun *越えていくもの、超えているもの / Janis Joplin | トップページ | 2016/04/12 Tue *必要で、必然で / Dave Edmunds »