« 2016/04/18 Mon *平衡を / Buddy Guy | トップページ | 2016/04/20 Wed *先ずはご挨拶 / Johnny Guitar Watson »

2016/04/19 Tue *ワイルドでいこう / Guitar Slim

20160419atcosessions


ワイルドでいこう。
傍若無人でいこう。
理屈も分別も。
時にはかなぐり捨てて。
赴くまま。思うがまま。

もう。
そんななに。
時間は。
残されていない。
長くはない。

それどころか。
明日。
否。いまこの瞬間。
断ち切られる。
可能性だってあるのだ。

ならば。
好きなことを。
好きなだけ。
好きなように。
してやろう。

だから。
嫌いなこと。
嫌なこと。
嫌なものは。
無理してまで受け容れない様にしよう。

そうだな。
配慮はするけど。
遠慮はしない。
俺は俺だ。
俺の好きな様にやるだけだ。

『Atoco Sessions』'87年リリース。
ミッシッピ出身でニューオーリンズを拠点に暴れまくったギター・スリム。
その絶頂期は『The Things That I Used To Do』に代表されるスペシャルティ時代で。
そのワイルドでインパクト絶大な歌声と、ディストーションの効いたギター。
爆発しまくり、延々と歪むギター。無人の荒野を行くが如くのスリムの独壇場でした。
そんなスリムが、そのキャリアの最後に籍を置いたのがアトコで。
何でもアトコのジェリー・ウエクスラーは過去にスペシャルティにスリムを浚われていて。
言ってみれば。漸く念願が叶ってのスリムの移籍、そして録音だったと。
'56年~'58年にかけて計4回の録音がニューオーリンズとニューヨークで行われていて。
当時はシングルとして8曲が世に出ただけだったのを。未発表に終わった曲も追加して。
全15曲のセッション集として新たに編集されたのがこのアルバムと言うことになります。
スリム・・・本名エドワード・ジョーンズと言う人はギター・スリムなるキャラクターを。
その魅力、個性を全力で演じ、守った感があって。兎に角、ワイルドで傍若無人。
派手好きでその日の気分で、髪や衣装を赤や紫に染めて統一してステージに上がると。
そのステージではとんでもない長いシールドを用いて観客席を練り歩くのは日常茶飯事で。
時には会場の外へと出て行って。停車中の車の屋根の上でまでギターを弾いたことも。
自宅や、ツアー中のホテルの部屋でも乗ってくるとフル・ボリュームでギターを掻き鳴らす。
酒と女に滅法強く部屋には数本のボトルと数人のお姉ちゃんがいつでも転がっていたと。
そんなこんなで。体調を崩していたらしく。このアルバムで聴けるスリムは。
スペシャルティのスリムと比較するのは酷な面も多分に感じられるのですが。
それでも。ブギからスロー・ブルース、果てはポップなバラードまでと脈絡の無い選曲。
そのいずれにおいても。ワイルドな歌声と歪むギターであくまでワイルドに暴れてみせる。
その傍若無人な様は、やはりスリム。晩年までスリムはスリムでしかなかったのだなと。
晩年と言っても。この時、30歳とか31歳ですからね。亡くなったのが32歳だったと。
生前、人の3倍生きていると豪語したらしいスリム。実に愛すべき人物、そして人生です。

ワイルドにやろう。
傍若無人にやろう。
理性も倫理も。
時には忘れ去って。
心の命じるまま。気の向くまま。

もう。
そんななに。
猶予は。
残されていない。
長くなどない。

それどころか。
明日。
否。次の瞬間。
失われる。
可能性が高いのだ。

ならば。
好きなことだけ。
好きなように。
好きなだけ。
やってやろう。

だから。
嫌いなことなど。
嫌なことにも。
嫌なものにも。
構っている暇などないのだ。

人として。
配慮はするけど。
遠慮はしない。
俺は俺だ。
俺の思う様にやるだけだ。

ワイルドでいこう。
傍若無人にいこう。
昨日でもない。
明日でもない。
今日だけを生きよう。

ワイルドにやろう。
傍若無人にやろう。
あいつでもない。
誰でもない。
自分の為に生きよう。

理屈はいらない。
分別もいらない。
理性もいらない。
倫理もいらない。
纏めてゴミ箱に捨てよう。

好きなことを。
すきなだけ。
好きなように。
するだけ。
それだけ。

好きなことだけ。
好きなように。
好きなだけ。
やるだけ。
それだけ。


俺は俺だ。
俺の好きな様に。
俺の思う様に。
やるだけだ。
生きるだけだ。

好きなものは好き。
嫌いなものは嫌い。
好きなものを否定はできない。
嫌いなものを肯定はできない。
そのリスクは己が身で払ってやるさ。



web拍手 by FC2

|

« 2016/04/18 Mon *平衡を / Buddy Guy | トップページ | 2016/04/20 Wed *先ずはご挨拶 / Johnny Guitar Watson »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/63511768

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/04/19 Tue *ワイルドでいこう / Guitar Slim:

« 2016/04/18 Mon *平衡を / Buddy Guy | トップページ | 2016/04/20 Wed *先ずはご挨拶 / Johnny Guitar Watson »