« 2016/04/19 Tue *ワイルドでいこう / Guitar Slim | トップページ | 2016/04/21 Thu *古今東西、過去未来 / Various Artists »

2016/04/20 Wed *先ずはご挨拶 / Johnny Guitar Watson

20160420johnnyguitarwatson


へい。
こんな。
お調子者の。
チンピラの。
ひねくれ者です。

それでも。
お力に。
なれるのなら。
お役に。
立てるのなら。

どうぞ。
お声を掛けて。
下さいまし。
遠慮は。
無縁にございます。

但し。
ごらんの通りの。
一癖も二癖も。
ある面倒くさい野郎なので。
そこのとこはご承知おきで。

それでも。
良ければ。
他の皆様が。
やらないこと。
できないこと。

やらせて。
頂きます。
考え方は曲げませんし。
やり方も通します。
先ずはご挨拶ってとこですかね。

『Jonny Guitar Watson』'63年リリース。
テキサス出身のギタリスト、ジョニー・ギター・ワトソン。
'50年代からその名を馳せていたワトソンの初めてのアルバム。
'61年のキングへの録音10曲に。何故か'53年のフェデラルへの録音2曲を追加。
恐らくは「Cutin' In」のヒットに伴い急遽アルバムを制作との話になって。
曲が足りなくなって。キングが傍系のフェデラルの音源を倉庫から引っ張り出してきたと。
そんなところなのでしょうかね。兎に角。鉄は熱いうちに打て、じゃないですけど。
売れている間に売ってしまうのが業界の鉄則ですからね。ワトソンも乗り気だったかなと。
ジャケットの、先ずはご挨拶、宜しく!みたいな如何にもお調子者なポーズが最高です。
何せ、ギャング・スターの異名をとった暴れ馬、チンピラなワトソンですからね。
このアルバムでは「Cutin' In」を始めとするブルージーなバラードが多いのですが。
そのバラードにも。どこかギャングの匂い、チンピラな風情が漂うのがワトソンなので。
ベタにならない、重くなり過ぎない。洒脱な小粋さがバラードにもあるのですよね。
それが、ギャング・スターたるワトソンの持ち味で。ジャケットのポーズも伊達じゃないと。
アグレッシヴに暴れまくるギターが控えめなのは正直、物足りないところではありますが。
その分、歌声にR&Bにも通じる色気を出すことで個性を主張している辺りに。
後年、ブルースの枠に捕らわれずファンキーなサウンドで大暴れした片鱗を感じるかなと。
そうすると。まさに。このアルバムが先ずは挨拶、挨拶状代わりの1枚だったってことですね。
ライヴではこの時代でもギターを歯で弾いたり、背中で弾いていたりしていた様ですし。
20年前に横浜のステージで倒れてそのまま帰らぬ人となったワトソン。
若き日の姿を。このアルバムで偲ぶ・・・聴いていると陽気になってしまうのですが。
それも、また。ギャング・スター、ワトソンには相応しいのかなとも思います。

はい。
こんな。
軽い感じの。
チンピラ止まりの。
半端者です。

それでも。
助けに。
なれるのなら。
助かると。
言ってくれるのなら。

どうぞ。
端くれに入れて。
下さいまし。
過剰な気遣いは。
無用にございます。

但し。
ご存知の通りの。
一癖も二癖も。
ある気まぐれな野郎なので。
そこのとこはご免なさって。

それでも。
許されるならば。
他の皆様が。
やりたがらないこと。
手を付けないこと。

やらせて。
頂きます。
思いは曲げませんし。
筋も通します。
先ずはご挨拶ってとこですかね。

軽妙に。
飄々と。
装いながら。
かわしながら。
食い込んでみせる。

少しずつ。
機を見て。
ジャブを。
一発、二発。
繰り出して。

少しずつ。
存在を。
知らしめて。
おやっと。
思わせる。

少しずつ。
懐に。
入り込んで。
一人、二人と。
振り向かせる。

他の人間には。
言えない。
見せない。
そんなものが。
聞こえてきたら。見えてきたら。

そこから。
少しずつ。
感染させて。
踊ってもらう。
踊らせる。

チンピラだから。
ひねくれ者だから。
半端者だから。
やれることもある。
できることもある。

今は。
未だ。
先ずはご挨拶。
挨拶状を配っている。
それだけですけどね。



web拍手 by FC2

|

« 2016/04/19 Tue *ワイルドでいこう / Guitar Slim | トップページ | 2016/04/21 Thu *古今東西、過去未来 / Various Artists »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/63518198

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/04/20 Wed *先ずはご挨拶 / Johnny Guitar Watson:

« 2016/04/19 Tue *ワイルドでいこう / Guitar Slim | トップページ | 2016/04/21 Thu *古今東西、過去未来 / Various Artists »