« 2016/04/20 Wed *先ずはご挨拶 / Johnny Guitar Watson | トップページ | 2016/04/22 Fri *どうにかなるさ、のんびりいこう / Various Artisits »

2016/04/21 Thu *古今東西、過去未来 / Various Artists

20160421pleasewarmmyweiner


古今東西。
過去未来。
人の。
男の。
女の。

考えること。
思うこと。
望むこと。
求めること。
それは。そう。

あれ。
それ。
これ。
ただ一つ。
それ以外に何がある。

なんだ。
かんだと。
理由をつけようと。
かっこをつけようと。
行きつくところは。

あれ。
それ。
これ。
ただ一つ。
それ以外にはありゃしない。

そうだろう。
そうなのさ。
素直になろう。
認めよう。
楽になれるから。

『Please Warm My Weiner』'74年リリース。
ロバート・クラムによるジャケットも最高な戦前ブルースのオムニバス・アルバム。
13組のブルース・マン、ブルース・ウーマンによる全14曲を収録。
録音された年代は'29年~'35年までとなっています。そして、そのテーマはと言えば。
アルバム・タイトルを見れば一目瞭然。あれ、それ、これ、ナニについてのブルースです。
まぁ、ブルースの場合。いつの時代も、どの地域でも。ナニしかないと言えばないですけど。
その猥雑ながらも陽気で愉快なナニ、性愛を歌い上げる逞しさが何とも堪らないのです。
隠喩を使いながらも、あっけらかんとストレートに歌われるとねぇ、楽しくて仕方がないと。
当然ながら。背景にはアフリカ系黒人の置かれていた過酷な状況があるわけですが。
差別とか、重労働とか、貧困とか。そう言った問題は程度の差こそあれ世界中に存在すると。
そして。日本も例外では無いので。ブルースが愛される土壌は十分にあるのですよね。
置かれた状況が厳しければ厳しいほど。その反動でより激しく求めることになると。
そいつも、古今東西、世界中で共通する感覚なのかも知れないなとか思ったりもします。
曲名からして「You Put In It, I'll Take It Out」「Elevator Papa, Switchboard Mama」、
そして「Banana Man Blues」に「Please Warm My Weiner」ですからねぇ。
ついついあれやこれやと。想像を逞しくさせられると言うかね、妄想できると言うかですね。
このアルバムでしか聴けない、無名なブルース・マン、ブルース・ウーマンが殆どですが。
(自分が知らないだけで。ブルース・マニアの方々はご存知なのかも知れませんが・・・)
その中で「Banana Man Blues」を歌うメンフィス・ミニー、そして。
「Please Warm My Weiner」を歌うボ・カーターが流石の存在感を発揮しています。
ジュークとかで、こんなブルースを聴きながら安酒を飲みながらその夜の相手を物色して。
男と女の駆け引きが、楽しみながらも真剣勝負が繰り広げられていた場面を想像するだけ。
それだけで。思わずにやけてしまう。その楽しさ。これこそブルースだよなぁ、なんてね。

古今東西。
過去未来。
人の。
男の。
女の。

いるところ。
生きるところ。
営みのあるところ。
その根源は。
それは。そう。

あれ。
それ。
これ。
ただ一つ。
それ以外にはありゃしない。

なんだ。
かんだと。
理屈を捏ねようと。
言い訳しようと。
とどのつまりは。

あれ。
それ。
これ。
ただ一つ。
それ以外に何がある。

そうなのか。
そうなのだ。
忠実になろう。
許しちゃおう。
素になれるから。

あれ。
それ。
これ。
ただ一つ。
それ以外に何がある。

あれ。
それ。
これ。
ただ一つ。
それ以外にはありゃしない。

あれが欲しい。
それがしたい。
これもしてみたい。
それでいい。
それがいい。

あれを感じたい。
それも感じたい。
これで昇りつめたい。
それでいい。
それがいい。

古今東西。
過去未来。
肌の色も。
眼の色も。
人種も。国境も。

関係ない。
考えること。
思うこと。
望むこと。
求めること。

それはただ一つ。それがいい!



web拍手 by FC2

|

« 2016/04/20 Wed *先ずはご挨拶 / Johnny Guitar Watson | トップページ | 2016/04/22 Fri *どうにかなるさ、のんびりいこう / Various Artisits »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/63523420

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/04/21 Thu *古今東西、過去未来 / Various Artists:

« 2016/04/20 Wed *先ずはご挨拶 / Johnny Guitar Watson | トップページ | 2016/04/22 Fri *どうにかなるさ、のんびりいこう / Various Artisits »