« 2016/04/24 Sun *いい女 / Gladys Knight | トップページ | 2016/04/26 Tue 熱く、クールに / James Brown »

2016/04/25 Mon *襟を正して / Wilson Pickett

20160425thebestofwilsonpickettjp


そうね。
ここで。
筋を通そう。
そう思うなら。
率先垂範。

己が。
先ずは。
やってみせねば。
従わない輩も。
出てくるわな。

そいつらを。
惹きつけて。
引っ張って。
その為に。
必要と言うのであれば。

致し方ない。
多少の。
抵抗は。
あるけれど。
そうしますか。

そうすることで。
より面白く。
より楽しく。
なるのなら。
出来るのなら。

久々に。
襟を正して。
雑音を封じて。
横槍を除いて。
正面からいきましょうか。

『The Best Of Wilson Pickett』'69年リリース。
日本独自編集のウィルソン・ピケットのベスト・アルバム。
オリジナル・アルバム、『The Sound Of Wilson Pickett』のジャケット。
そこから曲名を消して。タイトルを書き換えた安直なデザインが時代を物語りますが。
元々がピケットらしい、その歌声の聴こえてきそうな素晴らしいジャケットだったので。
ピケットを日本で売り出すに際して、それに便乗した担当者の気持ちもわかるかな。
選曲もベタで、A面頭が「In The Midnight Hour」B面頭が「Land Of 1000 Dances」と。
その2曲を筆頭にピケットのヒット曲、代表曲が全14曲収録されています。
アップから、ミディアム、スローまで。熱い男ピケットの熱い歌声が堪能できます。
兎に角、熱い。只管、熱い。その触れるもの総てを溶かしてしまいそうなピケットの歌声。
ややも、すると剛球一直線、前述の代表曲2曲のイメージが強烈なせいもあってか。
単なる力技に頼る、パワー・シンガーなる偏見をもたれているきらいがあるピケットですが。
なんの、なんの。スローにおける表現力も実は卓越していると言うその事実。
そのことがこのアルバムに針を落とすと改めてしみじみと実感できるのです。
名門ファルコンズ出身のピケット。ワイルドでアウトローな味を強みとしつつも。
いざともなれば。衿を正して。正統なバラーディアーとしても勝負ができるのだなとね。
マッスル・ショールズへ録音の為に送り込まれた際に。何で今更、こんな田舎でと反発。
更には白人ばかりのミュージシャンに嫌悪感を顕わにしたピケット。我の強さは人一倍。
けれども。一度その環境、実力を認めれば。信頼を寄せて、親愛の情で結びついていく。
そんな。ワイルドで、アウトロー。でも、その実は真摯で誠実な男。
それが故の、聴く者の胸を震わせる熱い歌声。やっぱりねぇ、伊達男なのです、ピケットは。

そうね。
ここで。
思いを貫こう。
そう思うなら。
率先垂範。

己が。
先ずは。
示してみせねば。
収まらに輩も。
出てくるわな。

そいつらを。
味方につける。
力にする。
その為に。
必要と言うのであれば。

致し方ない。
多少は。
疑義は。
あるけれど。
やりますか。

そうすることで。
より刺激的に。
より興味深く。
なるのなら。
出来るのなら。

偶には。
襟を正して。
讒言を封じて。
退路を絶って。
正攻法でいきましょうか。

生まれついての。
アウトロー。
襟元なんて。
窮屈でなければ。
それでいいと。

風通しさえ。
良ければ。
それでよし。
好きなように。
装って。

自由で。
あれれば。
それでよし。
好きなように。
振る舞って。

後は。
結果さえ。
出せれば。
勝負に。
勝てさえすれば。

戦法も。
用兵も。
どんな手でも。
構いわしないと。
それは変わらないけれど。

見せる。
示す。
それが必要。
そんな時も。
あるのであれば。

ひと時は。
襟を正して。
正面から。
正攻法で。
率先垂範でいきますかね!



web拍手 by FC2

|

« 2016/04/24 Sun *いい女 / Gladys Knight | トップページ | 2016/04/26 Tue 熱く、クールに / James Brown »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/63541524

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/04/25 Mon *襟を正して / Wilson Pickett:

« 2016/04/24 Sun *いい女 / Gladys Knight | トップページ | 2016/04/26 Tue 熱く、クールに / James Brown »