« 2016/04/28 Thu *その瞳 / Kate Bush | トップページ | 2016/04/30 Sat *営業時間外 / Gary Moore »

2016/04/29 Fri *花から花へと / Hummingbird

20160429hummingbirdukorg


花から花へと。
甘い。
甘い。
蜜を求めて。
羽ばたいて。飛び回る。

あっちの蜜は。
甘いぞ。
こっちの蜜は。
濃厚だぞ。
甘い、甘い、蜜の味。

あっちの蜜は。
透明で。
こっちの蜜は。
白濁して。
甘い、甘い、蜜の香り。

花から花へと。
甘美で。
隠微な。
蜜を求めて。
羽ばたいて。飛び回る。

忘れるな。
綺麗な花には。
棘がある。
忘れられない。
痛い、痛い、棘の味。

それでも。
花を、蜜を。
求めて。
今日も今日とて。
羽ばたいて。飛び回る。

『Hummingbird』'75年リリース。
第二期ジェフ・ベックの残党を中心に結成されたハミングバードの1stアルバム。
マックス・ミドルトン、ボブ・テンチ、クライヴ・チャーマン。
ベックがティム・ボガート、カーマイン・アピスと組む為に勝手に解散を決めてしまい。
置いてきぼりにされた感じのあった3人ですが。第二期ジェフ・ベック・グループの。
そのソウルフルでファンキーなサウンドに手応えを感じていた3人としては。
そのまま従順に。では解散では面白くも無かったのだろうし。ならば自分達が継承しようと。
ベックとコージー・パウエルの代わりに。ギタリストとドラマーを新たに迎えて再出発。
その実。第二期ジェフ・ベック・グループにおいてはベックと共にミドルトンこそが。
そのサウンドの鍵を握り、またバンドそのものを担っていたとも言えるので。
ベックがいなくなっていよいよ本領発揮。エレクトリック・ピアノの何とも言えない音色。
ミドルトンならではの。ビロードの様な、シルクの様な。柔らかでありながら芯があり。
繊細にして、華麗。そして妖艶とさえも言えそうな艶のあるその音色が魅力的なのです。
そしてテンチのソウルフルな歌声がね。その上に乗って実に心地よく響いてくると。
テンチって人もベックや、そして再結成ハンブル・パイではスティーヴ・マリオットの。
引き立て役で終わった様な損な役回りの人ですが。その歌声はね、評価されてもいいかなと。
まぁ、でも。やっぱりミドルトンだな。恐らくはそのセンスと技量、歌心が無かっのなら。
このアルバムが、ここまでソウルフルでファンキーになることは無かっただろうなと。
ベックは、ベック、ボガート&アピスでハード・ロックに回帰するも。敢え無く解散。
『Blow By Blow』は第二期ジェフ・ベック・グループの延長線上にあると考えられるので。
そうすると。その『Blow By Blow』にも参加するミドルトンこそがやはり鍵を握っていた。
このアルバムでの成果を手土産に大いにベックを助けたと思われるのですね。
甘美ですらあるハミルトンの音色を中心としたハミングバード。
そのなりは小さくとも。その羽ばたきは決して弱いものでも微かなものでも無かったのです。

花から花へと。
旨くて。
美味しい。
蜜を求めて。
羽ばたいて。飛び回る。

あっちの蜜は。
旨いぞ。
こっちの蜜は。
美味しいぞ。
旨くて、美味しい、蜜の味。

あっちの蜜は。
うっすらと。
こっちの蜜は。
ねっとりと。
旨くて、美味しい、蜜の香り。

花から花へと。
甘美で。
妖艶な。
蜜を求めて。
羽ばたいて。飛び回る。

忘れない。
綺麗な花には。
棘がある。
舌先に残る。
痛い、痛い、棘の味。

それでも。
花が、蜜が。
欲しくて。
今日も今日とて。
羽ばたいて。飛び回る。

花から花へと。
また。
花から花へと。
まだ。
花から花へと。

蜜の味に。
蜜の香りに。
誘われて。
フラフラと。
羽ばたいて。飛び回る。

透明に。
うっすらと。
白濁して。
ねっとりと。
蜜の味。

甘くて。
濃厚で。
甘美で。
隠微な。
蜜の味。

旨くて。
美味しくて。
甘美で。
妖艶な。
蜜の味。

舌に残る。
棘の味。
忘れられない。
美しい花には。
棘がある。

それでも。
嗅ぎたい。
蜜の香り。
吸いたい。
蜜の味。

花から花へと。
また。
花から花へと。
まだ。
花から花へと。



web拍手 by FC2

|

« 2016/04/28 Thu *その瞳 / Kate Bush | トップページ | 2016/04/30 Sat *営業時間外 / Gary Moore »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/63561916

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/04/29 Fri *花から花へと / Hummingbird:

« 2016/04/28 Thu *その瞳 / Kate Bush | トップページ | 2016/04/30 Sat *営業時間外 / Gary Moore »