« 2016/05/31 Tue *もう一度 / Staple Singers | トップページ | 2016/06/02 Thu *誘惑の前に / Clarence Carter »

2016/06/01 Wed *みんなの物語、一人一人の物語 / Otis Redding

20160601thehistoryofotisredding


努力しても。
報われないこととか。
乗り越えられない。
壁とか。
結果としての苦悩とか。

それでも。
なんとか。
道を探して。
手を講じて。
生きている。

不公平な。
扱い。
謂れのない。
誹謗。
それでも。負けずに。

努力して。
工夫して。
踏み出して。
よじ登って。
生きている。

そうだよな。
そうだったよな。
あの道を通ってきたのだ。
あの思いを乗り越えてきたのだ。
覚えがあるから。

それを。
感じる。
それに。
震える。
みんなの物語。

『The History Of Otis Redding』'68年リリース。
日本独自編集によるオーティス・レディングの追悼アルバム。
『オーティス・レディングよ、永遠に』との邦題が冠されています。
前年の12月に自家用機の事故で僅か26歳にして夭折してしまったオーティス。
このアルバムは1月(もしくは2月)にリリースされた様なので。
当時の日本でもオーティスの存在が特別だったことの証とも言えるかなと思います。
何しろあの、「(Sittin' on) The Dock of the Bay」が収録されていないくらいです。
そう。「(Sittin' on) The Dock of the Bay」のヒットより早くリリースされたのですね。
それ程に。やはりオーティスの死は衝撃をもって受け止められたのでしょう。
A面が「Pain In My Heart」で始まり、「That’s How Strong My Love Is」で終わって。
B面が「I’ve Been Loving You Too Long」で始まり、「Try A Little Tenderness」で終わる。
ほぼ年代順に選ばれ収められた名曲、代表曲14曲。その総てがソウルの至宝だと。
改めて。そう感じざるを得ないアルバム、そしてオーティスの歌声なのです。
今更、ここで。オーティスの歌声の素晴らしさや、魅力を語っても意味は無いかなと。
その素晴らしさ、その魅力は。もう十二分に知れ渡っているのですからね。
ただ。最近思うのは。オーティスの素晴らしさ、魅力が一際に普遍的であるのは。
ある面で、その歌声も普遍的である、もっと言うと大衆的で受け入れられ易いからかなと。
例えば。サム・クックも素晴らしいけど。少し高尚過ぎる、神々しくすらある。
例えば。ジェイムス・カーやO.V.ライトは時に、いなたさが過ぎる。
でも。オーティスは。とんでもなく凄いのだけど。いつも隣にいてくれる。
いつも、自分達と同じ視線で、自分達と同じ世界で歌っていてくれる。
そう。オーティスの歌う物語は、みんなの物語でもあると。そのごく自然な身近さ。
それこそが。オーティスが今でも、いつまでも。世界中の人々に愛される理由かなと思うのです。

努力しても。
報われない時に。
乗り越えられない時に。
壁にぶち当たった時に。
苦悩に陥った時に。

そんな時に。
どうやって。どんな。
道を探して。
手を講じて。
生きていくのか。

不公平な。
扱いをされて。
謂れのない。
誹謗を受けて。
それでも。屈せずに。

どう努力して。
何を工夫して。
どう踏み出して。
如何によじ登って。
生きていくのか。

そうだよな。
そうだったよな。
似た道を通ってきたのだ。
似た思いを乗り越えてきたのだ。
覚えはあるけれど。

本当に。
感じて。
本当に。
震えて。
それは。一人一人の物語。

努力は。
必ずしも。
報われない。
乗り越えられない。
壁もある。

求めた。
成果や。
結果が。
どうしても。
出ない時もある。
公正ではあっても。
不公平に扱われる。
真摯であるが故に。
誹謗を受ける。
そんなことも多々ある。

それは。
みんなの物語。
だから。
感じる。
震える。

でも。
どんな道を探して。
どんな手を講じて。
どう。生きていくか。
それは一人一人の物語。

そう。
努力の仕方も。
工夫の方法も。
踏み出し方も。よじ登り方も。
それは一人一人の物語。

だけど。
一人一人の物語は。
みんなの物語。
似た体験、似た苦悩、似た感情、似た勇気。
共感して。共振して。共に語り、共に刻めれば。

みんなの物語は。
一人一人の物語。
みんなの歴史は。
一人一人の歴史。
そうなるといいね。



web拍手 by FC2

|

« 2016/05/31 Tue *もう一度 / Staple Singers | トップページ | 2016/06/02 Thu *誘惑の前に / Clarence Carter »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

久しぶり&超ご無沙汰happy01

同感だなぁ…

オーティスの唄は、すごくパーソナルなんだよ。JBともアレサとも違う肌触り。唄の巧拙を超えた感触みたいな。

投稿: イとう | 2016-06-03 00:59

イとうさん。
ご無沙汰です。お元気ですか?

そう。オーティスって凄くパーソナルですよね。
それが大衆の心を掴んだのだから、人は皆パーソナルなのでしょうね。

投稿: TAC | 2016-06-21 20:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/63721880

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/06/01 Wed *みんなの物語、一人一人の物語 / Otis Redding:

« 2016/05/31 Tue *もう一度 / Staple Singers | トップページ | 2016/06/02 Thu *誘惑の前に / Clarence Carter »