« 2016/06/02 Thu *誘惑の前に / Clarence Carter | トップページ | 2016/06/07 Tue *これと言って / Status Quo »

2016/06/03 Fri *腰砕け / The Meters

20160603trickbag


漸く。
何とか。
今日に。
辿り着いて。
一息ついて。

ふと。
気付いたら。
もう。
すっかり。
腰砕け。

暑い日もあれば。
そうでもない日もあるし。
湿気はあるし。
こいつは。
身体がついていかない。

追われる日もあれば。
悩ましい日もあるし。
応えなければならないし。
こいつは。
精神がついていかない。

準備不足。
対応不十分。
総てが。
完璧にはいかない。
そう、分かってはいてもね。

でも。
これからの季節は。
別の意味で。
腰が砕ける様な。
楽しみもあるからね、と。

『Trick Bag』'76年リリース。
ミーターズの7枚目のアルバムにして最大の問題作。
なんでも。ツアー中だったメンバーに無断でマネージャーが画策して。
リハーサル・テープをそのままリリースしようとしたとかで。
慌てて数曲は完成させたものの。中途半端なままで世に出てしまったと。
真偽はわかりませんが。この企みにはアラン・トゥーサンも関与していたとかで。
マネージャーはもとより、トゥーサンとミーターズの関係にも亀裂が入って。
それが後のミーターズ解散の遠因になったのだとも言われています。
尤も。この頃にはメンバーの間でも音楽性、方向性の違いが表面化してきていて。
よく言えば、その音楽に幅が出てきたことで。一つに纏まるには無理が出てきていたのかも。
従って。ミーターズのアルバムの中では統一感とか完成度では一段と劣るかなと。
(そもそもが、リハーサル・テープですしね。無理はありませんけどね)
時代的にディスコやフュージョンを志向し始めたメンバーもいれば。
あくまでもニューオーリンズ・ファンクに拘ったメンバーがいたってことでしょうね。
このアルバムから加わったシリル・ネヴィルの活躍が目立つところも含めて。
ネヴィル・ブラザーズの出発点になったアルバムと言ってもいいかも知れません。
しかし。そこはミーターズ。従来の路線のファンキーなナンバーは腰にきます。
アール・キングの「Trick Bag」、そしてストーンズの「Honky Tonk Women」と。
2曲のカヴァーも。ミーターズらしい消化力の強さが発揮されていて聴きものです。
特に、独特のリズム感に支配された「Honky Tonk Women」は一聴の価値があります。
しかし。まぁ、このアルバムで一番の魅力、腰にくるのは、このジャケットです。
デニムのホット・パンツに包まれたお尻と、美しい脚。耳だけでなく目にもくるのです。

漸く。
何とか。
今日に。
辿り着いて。
一息ついて。

ふと。
気付いたら。
もう。
すっかり。
腰砕け。

暑い日もあれば。
そうでもない日もあるし。
湿気はあるし。
こいつは。
身体がついていかない。

追われる日もあれば。
悩ましい日もあるし。
応えなければならないし。
こいつは。
精神がついていかない。

準備不足。
対応不十分。
総てが。
完璧にはいかない。
そう、分かってはいてもね。

でも。
これからの季節は。
別の意味で。
腰が砕ける様な。
楽しみもあるからね、と。

暑くなるのが。
年を追うごとに。
早くなるのは。
困ったものだと。
そう、思うけれど。

暑いのが。
歳を重ねるほどに。
堪えるのは。
弱ったものだと。
そう、思うけれど。

暑くなるのが。
早くなれば。
早くなるほど。
楽しみも。
早くくるよねと。

暑いのが。
堪えるのは。
兎も角として。
楽しみが。
やってくるよねと。

暑さと。
疲れで。
半ば。
朦朧としていても。
目が覚めるよねと。

もう。
すっかり。
骨抜きで。
腰砕けに。
なる様な。

そんな。
楽しみくらい。
目の保養くらい。
無いと。
これからの季節は耐えられない。

同じ。
腰が砕けるなら。
それは。
もう。
そっちで砕けたい(笑)。



web拍手 by FC2

|

« 2016/06/02 Thu *誘惑の前に / Clarence Carter | トップページ | 2016/06/07 Tue *これと言って / Status Quo »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/63728408

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/06/03 Fri *腰砕け / The Meters:

« 2016/06/02 Thu *誘惑の前に / Clarence Carter | トップページ | 2016/06/07 Tue *これと言って / Status Quo »