« 2016/06/17 Fri *雨上がり / Muddy Waters | トップページ | 2016/06/19 Sun *どうせなら / Clifton Chenier »

2016/06/18 Sat *土曜日の夜 / Jimmy Liggins

20160618satudayniteboogiewoogieman


土曜日の夜。

なんだ。
かんだで。
今夜は。
そう。
土曜日の夜。

そいつは。
やっぱり。
普段と違う。
特別な。
意味を持っている。

なにが。
なくても。
なにも。
なくても。
土曜日の夜。

そいつは。
やっぱり。
いつもとは異なる。
特別な。
空気に包まれている。

そんな。
特別な。
夜だけに。
許される。
そんなものがあるのだろう。

土曜日の夜。

『Saturday Nite Boogie Woogie Man』'81年リリース。
ジミー・リギンスの'50年代録音からなる日本独自の編集アルバム。
ジョー・リギンスの弟として知られるジミー。
兄であるジョーよりも、いなたさ漂うジャンプ・ブルースが持ち味のジミー。
知る人ぞ知る存在のジョーよりも更に知名度の低いジミーです。
このアルバムが企画されなかったら。本当に誰にも知られずに。
このご機嫌なブグウギが永遠に忘れ去られるところだった。それを考えると。
ヴィッヴィドはいい仕事をしているなと。ジミーに、このアルバムに限らずですが。
さて。当初は音楽には興味を示さなったと言われるジミーです。
何でもボクサーとしてリングに立っていた時期もあるのだとか。それも廃業。
ジョーの運転手として働くようになって。やがてギターに興味を持って。
運転手の仕事の合間に独学でギターの練習を始めて、徐々に腕を上げて。
自分のレコードを録音したいと思うに至り、兄の所属するスペシャルティの社長に直訴。
社長は、兄のジョーにお伺いをたてて、ジョーは快諾して弟の背中を押したと。
こうして、一説では9人のミュージシャンを率いるバンドを編成して録音を始めたと。
デビュー曲「Drunk」、小ヒットとなった「Saturday Nite Boogie Woogie Man」など。
少なくとも十数曲は録音を残すものの。さしたる大ヒットを放つこともなくて。
やがて、人知れず表舞台から消えて行ってしまった模様です。
ジョーが、お洒落でソフィスケィテッドされていてドライヴするサウンドだったのに対し。
ジミーは、泥臭く、いなたく、そして力技でグイグイ乗せていくサウンドを持ち味として。
いきおい、下卑で、野卑な、そしてコミカルで飄々とした歌声が実に楽しいと。
死んじまったらそれまでよ、二度と生きられやしないぜ、だから俺についてこいよ。
俺はお前の土曜日のブギウギ・マン~ですからね。いやぁ、最高だよなと。
そんな思いで土曜日の楽しむしか、明日への活力を得ることができない。
そんな人々がね、昔も今も。世界中にいるってことです。自分自身も含めてね。

土曜日の夜。

なんとか。
かんとかで。
今夜は。
そう。
土曜日の夜。

そこには。
やっぱり。
普段と違う。
特別な。
意思が宿っている。

なにも。
ないけど。
なにも。
ないから。
土曜日の夜。

そこは。
やっぱり。
いつもとは異なる。
特別な。
思いに包まれている。

そんな。
特別な。
夜だけに。
許される。
そんなもので溢れている。

土曜日の夜。

飯も。
旨けりゃ。
酒も。
美味しい。
ご機嫌な夜。

音楽も。
歌も。
素晴らしく。
楽しい。
ご機嫌な夜。

ふわふわと。
酔いに任せて。
宵の中を。
漂ってしまえる。
ご機嫌な夜。

飲み足りないなと。
いつもの扉を開けて。
やっぱり、これだよなと。
グラスを重ねる。
ご機嫌な夜。

寂しい。
知らせに。
心が揺れて。
それでも繋がっている。
ご機嫌な夜。

揺れながら。
短い言葉に。
心と心、通わせて。
祈りを届ける。
ご機嫌な夜。

土曜日の夜。

今夜は。
今夜。
二度と。
来ない。
だから・・・ね。

土曜日の夜。



web拍手 by FC2

|

« 2016/06/17 Fri *雨上がり / Muddy Waters | トップページ | 2016/06/19 Sun *どうせなら / Clifton Chenier »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/63806211

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/06/18 Sat *土曜日の夜 / Jimmy Liggins:

« 2016/06/17 Fri *雨上がり / Muddy Waters | トップページ | 2016/06/19 Sun *どうせなら / Clifton Chenier »