« 2016/06/19 Sun *どうせなら / Clifton Chenier | トップページ | 2016/06/21 Tue *始まりの / Lightnin' Hopkins »

2016/06/20 Mon *こんな週の始まり / Tuts Washington

20160620tuts


こんな。
週の始まり。
こんな。
月曜日。
それもいい。

湿った。
匂い。
澱んだ。
空気。
耐えられなくなったら。

匂いも。
空気も。
透き通るように。
輝かせてしまう。
魔法にかかりにいこう。

弾ませ。
転がせ。
たうたうように。
酔いしれている内に。
辺りが。包むものが。

少しずつ。
変わっていく。
異なっていく。
その様を。
感じにいこう。

そんな。
名人。
達人。
師匠。
作り出すものを感じにいこう。

『New Orleans Piano Professor』'86年リリース。
ニュー・オーリンズの名ピアニスト、タッツ・ワシントンの初めてのアルバム。
'07年生まれのタッツ。この時、既に79歳。何とも高齢にしてのデビューですが。
実は、知る人ぞ知る、と言うか。ニュー・オーリンズの音楽を語るには欠かせない人で。
あのプロッフェッサー・ロングヘアもアラン・トゥーサンも。そしてドクター・ジョンも。
皆が皆、タッツの弟子だったり薫陶を受けたりしているのですね。凄い人なのですね。
プロフェッサーは愛弟子らしいのですが。ドクターとかは孫弟子だったりするのかな。
なんでそんな凄い人が。アルバムを制作する機会に恵まれなかったのか疑問なのですが。
レコード会社に見る目、聴く耳が無かったのか。本人が無欲だったのか。
恐らくはその両方なのかな。そして恐らくはニュー・オーリンズのクラブ等では有名人で。
それこそ毎晩の様に、その華麗な指さばきで老若男女の心を弾ませ転がしていたと。
プロフェッサーは音楽では食えなくてギャンブラーを生業にしていた時期もあったそうで。
タッツも同様だったのかな。ただジャケットのこの表情、そしてそのピアノの音色。
そこには裏の顔と言った様な陰りが一切感じられないのもまた事実で。
そう。タッツのピアノ、その指先が奏でる、指先から弾き出される音は輝いているのですね。
ブルースでもありジャズでもあり。ラグタイムの如き演奏も聴かせるタッツ。
その技量の素晴らしさは言うに及ばず、その総てがまるで陽光の様に輝いている。
それこそがタッツのピアノの最大の特徴であり、最大の魅力なのです。
それはね。苦労をしてないわけがないだろうと。辛酸も舐めているだろうと思うのです。
それでも、いつも前を向いて真摯に、そして明るく楽しくピアノの前に座ってきたのだなと。
それが、その姿勢が指先に宿り、その音に宿ったのではないかと。そう感じざるを得なくて。
全編ピアノ・ソロのインスト(一曲だけ歌ってますが)にも関わらず。飽きることを知らないのです。

そんな。
週の始まり。
そんな。
月曜日。
それがいい。

沈んだ。
気分。
疲れた。
身体。
参ったなと思ったら。

気分も。
身体も。
浮き上がるように。
輝かせてしまう。
魔法にかかりにいこう。

弾まされ。
転がされ。
たうたうように。
酔わされている内に。
内側が。包まれたものが。

少しずつ。
蘇生されて。
再生していく。
その様を。
感じにいこう。

そんな。
名人。
達人。
師匠。
作り出すものに触れにいこう。

何も。
難しいことじゃない。
何も。
難しくすることはない。
簡単なこと。

ただ。
ちょっと。
足を延ばして。
扉を開けて。
椅子に座って。

後は。
感じるまま。
触れるまま。
そのままに。
そのままで。

弾んだり。
転がったり。
たゆたゆたったり。
趣き、趣くままに。
任せて。

輝きだすのを。
輝き始めるのを。
静かに。
自然のままに。
待てばいい。

こんな。
週の始まり。
こんな。
月曜日。
そこにも。

輝くものは。
あるのだと。
名人。達人。師匠。
教授は、先生は。
さり気なく示してくれるから。



web拍手 by FC2

|

« 2016/06/19 Sun *どうせなら / Clifton Chenier | トップページ | 2016/06/21 Tue *始まりの / Lightnin' Hopkins »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/63815039

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/06/20 Mon *こんな週の始まり / Tuts Washington:

« 2016/06/19 Sun *どうせなら / Clifton Chenier | トップページ | 2016/06/21 Tue *始まりの / Lightnin' Hopkins »