« 2016/06/21 Tue *始まりの / Lightnin' Hopkins | トップページ | 2016/06/23 Thu *孤高、孤高、普遍 / Van Morrison »

2016/06/22 Wed *下書き、下絵、素描、デッサン / Pete Townshend

20160622scoopthree


下書き。
下絵。
素描。
デッサン。
先ずはそこから。

そうなのだろうと。
頭では。
理解しているのだが。
どうにも。
先を急いでしまうと言うか。

頭に浮かぶのは。
頭の中で描けるのは。
完成形。
見せるもの。
聞かせるもの。

そう。
相手がいて。
披露するもの。
その様なもの。
そいつが、そいつしか出てこない。

どうも。
考えて。
詰めて。
計算して。
組み立てては不得手で。

演じる。
そのイメージは。
それだけは幾らでも沸くのだが。
そこへ至る道筋とかには。
興味が沸かないらしい。

『Scoop 3』'01年リリース。
ピート・タウンゼントのデモを集めた第三弾となるアルバム。
実にアナログ盤三枚組、全31曲と言うボリュームとなっています。
ザ・フーのレコーディングに際しては実に緻密で完成形に近い。
そんなデモを持参して臨むことで知られているピートですが。
確かに、ソロ・アルバムに録音されたナンバーも含めて。
その完成度の高さはデモの域を超えているかなと感じずにはいられません。
しかも1曲の共作を含んで、当然ながら総て自らの筆によるもので。
更にはギターやシンセサイザーなど総ての楽器をピート一人で奏でていると。
何ともはや、緻密な下書き、下絵、素描、デッサンの集まりなのですね。
ここまで出来ているなら、やれるなら。他のメンバーいらないでしょうと。
そんな感想を抱きもしますが。実際に楽曲の骨組は変えようが無いのでしょうが。
繊細に過ぎると言えば過ぎる、このピートの世界に実体を与える為には。
ロジャー、ジョン、そしてムーニーの圧倒的な技量とその肉体性が不可欠だったのだと。
逆説的にその事実を証明しているアルバムとも言えなくはないかな。
それ程に。ここに収められているピートの世界は繊細、そして緻密に過ぎるのです。
過ぎるからこその線の細さ、それが唯一無二の魅力であることは言うまでもありませんが。
兎に角。これだけのデモを聴いていて。飽きるということが全くないのですからね。
この繊細で緻密な世界、その設計図があってこそのザ・フーだったのですよね。
様々なコンプレックスを抱えているピート。それを克服するが為の緻密さなのかな。
これだけの創作、作業をしていたら。窒息するのではないかとも思われるのですが。
その反動が、あのライヴでの荒々しさとなって表れているのでしょうね。
自分には決して描けない、下書き、下絵、素描、デッサン。故に憧れて止まないのです。

下書き。
下絵。
素描。
デッサン。
なにはなくとも。

そうなのだろうと。
頭では。
理解しているのだが。
どうにも。
先だけが見えてしまうと言うか。

心に浮かぶのは。
心の内が描こうとするのは。
未来形。
見せたいもの。
聞かせたいもの。

そう。
相手がいて。
伝えたいもの。
その様なもの。
そいつが、そいつしか出てこない。

どうも。
考えたり。
詰めたり。
計算したり。
組み立てたりは不得手で。

伝える。
そのイメージは。
それだけは幾らでも沸くのだが。
そこへ至る過程とかには。
興味が沸かないらしい。

下書き。
下絵。
素描。
デッサン。
そいつを飛び越して。

最初から。
書いて。
描いて。
脚色して。
着色して。

そのまま。
それだけで。
直ぐにも。
舞台に上がって。
幕を開けてしまう。

演じて。
伝えて。
兎にも角にも。
やってしまえば。
なんとかなると。

そんな。
舞台度胸。
芝居根性。
備わっている。
それだけを頼りに。

出たとこ勝負の。
一発勝負。
それに賭けている。
それには長けている。
否、それしかできない。

だから。
リスクが高い。
周りが。
あたふたしてしまう。
そうなのだけど。

下書き。
下絵。
素描。
デッサン。
どうにも、不得手なのだよね(苦笑)。



web拍手 by FC2

|

« 2016/06/21 Tue *始まりの / Lightnin' Hopkins | トップページ | 2016/06/23 Thu *孤高、孤高、普遍 / Van Morrison »

001 British Rock」カテゴリの記事

012 The Who」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/63824269

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/06/22 Wed *下書き、下絵、素描、デッサン / Pete Townshend:

« 2016/06/21 Tue *始まりの / Lightnin' Hopkins | トップページ | 2016/06/23 Thu *孤高、孤高、普遍 / Van Morrison »