« 2016/08/05 Fri *八月がやって来た / 仲井戸麗市 | トップページ | 2016/08/07 Sun *壁などいらない / Sly And Robbie »

2016/08/06 Sat *八月の週末がやって来た / RC サクセション

20160806thetearsofaclown


今年も。
また。
この季節が来た。
暑い夏の。
週末がやって来た。

暑く。
熱く。
切なく。
寂しい。
週末がやって来た。

今でも。
未だ。
嘘だろうと。
そうだよなと。
信じられないのだ。

あの。
わけもなく。
楽しくて。
熱かった。
週末は続いている。

あの。
どうしようもなく。
昂って。
大声で叫んでいた。
夏の週末は続いているのだ。

青い空の下での。
あの熱狂と興奮は。
いまも。
いつも。
この胸の中に息づいているのだ。

『The Tears Of A Clown』'86年リリース。
日比谷野音で収録されたRCサクセションの2枚組ライヴ・アルバム。
同年に4日間行われたライヴから選ばれたナンバーが14曲収められています。
夏の、真夏の、8月のRCの野音って12月の武道館と共に恒例だった。
そう思っていたのですけどね。この年が久し振りの開催だったそうです。
なんだかね。毎年、毎夏、野音でRCを観ていた様な記憶があるのですけどね。
全部で何回ぐらい、野音でやったのかな?そのうちの何回ぐらい客席にいたのかな?
夏の、真夏の、8月の、週末の、野音のRC。あまりにも自然な光景になっていたので。
どうもね。この季節に野音に行かないと言うのが。その事実に馴染めないのですよね。
そんな時は。このアルバムに針を落として。「In The Midnight Hour」で一挙に昂って。
「Sweet Soul Music~Strawberry Fields Forever」でもうタイム・スリップしてね。
あの野音の光景、空気、匂い・・・それがまざまざと蘇ってくるのです。
そうなのだよな。日本の夏には、真夏には、8月の、週末にはRCがいないと駄目なのです。
この年の野音、このアルバムでは「君はそのうち死ぬだろう」と「ヒッピーに捧ぐ」がね。
意表を突いたというか、度肝を抜いたというか。客席を唖然とさせたのですよね。
あまりに客席が静まりかえったからか。「君はそのうち死ぬだろう」は一旦外されて。
多少アレンジをポップに変えて再登場。それでも十分にヘビーでしたけどね。
この2曲を敢えて演奏したのは。RCの、清志郎の思い、メッセージがあったと思われて。
安易に死を選ぶ若者達への痛烈な一撃だったのかなと。甘えるなよと。そして、それは。
ただ馬鹿騒ぎをする為だけにライヴにやってきていた一部のファンにも向けられていたと。
そう感じるのですけどね。たかがロックンロール、されどロックンロール。
その、されどに。拘った、拘り続けていたのが清志郎だったのだと。それがあったからこそ。
RCは特別な存在であり続けて。野音のRCはその象徴だった気がしてならないのです。
『Covers』発売中止騒動時の野音のRCだけがメッセージを放っていたわけではないと。
そして。いまこの時、この国に。RCの野音が、RCが、清志郎がいないこと。
この季節。その重みを今更ながらに思い知らされて。だから、諦めるには早いなと思うのです。

今年も。
また。
あの季節が来た。
苛まれる夏の。
週末がやって来た。

暑く。
熱く。
切なさと。
寂しさを隠し切れない。
週末がやって来た。

今でも。
未だ。
嘘だろうと。
そうに、決まっていると。
信じたくないのだ。

あの。
わけもなく。
楽しくて。
そして、切ない。
週末は続いている。

あの。
どうしようもなく。
胸が詰まり。
涙を流しながら歌っていた。
夏の週末は続いているのだ。

青い空の下での。
切なさと刹那さは。
いまも。
いつも。
この胸の中で渦巻いているのだ。

八月の。
週末が。
来れば。
思い出すのは。
それは。

二度と。
戻らない。
手にできない。
感じられない。
純度100%の高揚感。

年々。
強くなる。
強烈になる。
その高揚感への。
憧憬。

未だに。
消えないどころか。
強まる。
一方の。
重苦しい感じ。

年々。
暗くなり。
圧し掛かる。
低く垂れこめる空への。
焦り。

青い空の下。
熱い空気の中。
振り上げた拳は。
叫んだ言葉は。
行き先を見失ったまま。

だから。
この季節。
この夏。
八月の週末。
陽光の下、陽炎の向こう。

あの頃の様に。
あの歌声に。
胸をときめかせるのだ。
憧憬を抱くのだ。
切なくて、儚くて、刹那に終わったとしても。

今年も。
また。
この季節が来た。
暑い夏が。
八月の週末がやって来た。



web拍手 by FC2

|

« 2016/08/05 Fri *八月がやって来た / 仲井戸麗市 | トップページ | 2016/08/07 Sun *壁などいらない / Sly And Robbie »

005 Japanese」カテゴリの記事

017 RC サクせション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/64027571

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/08/06 Sat *八月の週末がやって来た / RC サクセション:

« 2016/08/05 Fri *八月がやって来た / 仲井戸麗市 | トップページ | 2016/08/07 Sun *壁などいらない / Sly And Robbie »