« 2016/08/07 Sun *壁などいらない / Sly And Robbie | トップページ | 2016/08/09 Tue *仕組みなどに / The Jam »

2016/08/08 Mon *もはや戦後ではない / Max Romeo & The Upsetters

20160808warinababylon


もはや。
戦後ではない。
ましてや。
戦前でもない。
そう言うことだ。

この。
空を覆う。
黒い雲。
放たれる。
稲光と雷鳴。

身を。
隠す場所も。
無ければ。
身を。
竦めても保証はない。

黒雲は。
厚さを増し。
稲妻と雷鳴は。
止まることを知らない。
そんな社会なのだ。

そうさ。
もはや。
否応なしに。
我々は。
戦いの中に放り込まれた。

もはや。
戦中なのだ。
黒雲を追い払う為。
稲妻と雷鳴を止める為。
戦うしか道はないのだ。

『War In A Babylon』'76年リリース。
マックス・ロメオとアップセッターズによるアルバム。
ロメオと言うと。どうにもエロティック・・・シモ系のシンガーと思われがちで。
キース・リチャーズにアルバムに参加してもらった際にも勝手にツー・ショットを載せて。
キースの旦那の顰蹙を買うとか。どうにも軽い、軽薄なイメージがついて回るのですが。
ジャマイカの政情悪化に懸念を抱いて、切迫した思いを歌ったこのアルバム。
アップセッターズを従えて、リー・スクラッチ・ペリーがプロデュースしたこのアルバム。
そこでの素晴らしい歌声と、込められたメッセージにこそ、その真価が表れていたかなと。
当時の政情、政党同士の抗争はボブ・マーレーが銃撃されるほど激しいものだったので。
それまでは。お気楽なシモネタを歌っていたロメオとしても感じるもの湧き上がってきて。
ベッドからストリートに出て。レベル・ミュージックを歌わざるを得なかったと。
恐らくそれはロメオに限らず。当時のレゲエ・シンガー達には共通していた思いなのかな。
日々繰り返される抗争、血の惨劇が日常となっていく。そんな光景を目の当たりにしたらね。
そんなレベル・ミュージックを届ける上においてはペリー所有のスタジオ。
ブラック・アーク特有のシンプルさを極めたクールなサウンドは最適だったと思われて。
改めてペリーのセンスの鋭さを感じる・・・ペリーのアルバムとも呼べるかもですね。
そしてロメオ。その歌声の素晴らしさ。それは変わらなさにあって。
レベル・ミュージックだからと言って、殊更に声高にシャウトするのでもなく。
落ち着いて、淡々と。しかしそれは決して諦念の表れではなく、草の根の強さを表すもの。
踏まれても、薙ぎ倒されても。それでも。しぶとくしなやかに何度でも立ち上がる姿。
それが、その歌声のあり様が。長く厳しい戦いでも。決して諦めはしないと。
淡々と歌われるからこそ伝わる、届けられるものもあるのです。その強さを感じさせられるアルバムなのです。

もはや。
戦後は終わってしまった。
ましてや。
戦前すらも終わってしまった。
そう言うことだ。

この。
社会にたちこめる。
重い空気。
満ちている。
不寛容と悪意。

身を。
隠す必要など。
無い筈なのに。
身を。
晒していれば明日の保証が無い。

空気は。
重さを増し。
不寛容と悪意は。
ひたすら増幅していく。
そんな社会なのだ。

そうさ。
もはや。
否応なしに。
我々は。
戦いの場に立たされている。

もはや。
戦中なのだ。
重い空気を追い払う為。
不寛容と悪意を止める為。
戦うしか道はないのだ。

戦中だ。
闘いの真只中だ。
そうさ。
先ずは。
それを認識しよう。

戦中だ。
闘いの真只中だ。
そうだ。
そこからは。
目を逸らしてはならない。

現実に。
いま。
そこにある。
危機。危険。
それと対峙しなければならない。

見えない。
聞こえない。
そんな人達にも。
伝えて。届けて。
対峙させなくてはならない。

悲観したくなる。
悲嘆に暮れたくなる。
耐えられず。
追われる思いで。
大声で叫び出したくなる。

そこで。
堪えて。
唇を噛んで。
拳を握りしめて。
一呼吸おいて。

それから。
いつもの様に。
普段と同じ調子で。
声を上げ始めよう。
一歩を踏み出そう。

いつもと。
同じリズムで。
同じビートで。
同じメロディで。
戦いの歌を口ずさもう。

もはや。
戦中である。
でも。
必要以上に恐れることはない。
俺達には、俺たちの戦い方が、歌い方があるのだから。



web拍手 by FC2

|

« 2016/08/07 Sun *壁などいらない / Sly And Robbie | トップページ | 2016/08/09 Tue *仕組みなどに / The Jam »

006 Raggae」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/64036611

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/08/08 Mon *もはや戦後ではない / Max Romeo & The Upsetters:

« 2016/08/07 Sun *壁などいらない / Sly And Robbie | トップページ | 2016/08/09 Tue *仕組みなどに / The Jam »