« 2016/08/11 Thu *素敵だと、特別だと、愛しいと / Pretenders | トップページ | 2016/08/13 Sat *発しよう、届くまで、それだけさ / The Clash »

2016/08/12 Fri *そんなカッコいいものじゃない / Sham 69

20160812angelswithdirtyfaces


思いは。
あの頃のまま。
この胸の内は。
変わりはしない。
何と言われようと。

でも。
だからこそ。
甘いことなど。
言ってはいられない。
何を言われようとも。

狡かろうが。
汚かろうが。
卑怯だろうが。
勝たなければならない。
何を言われても構わない。

顔を汚そうが。
顔を潰され様が。
手を汚そうが。
汚い手を使おうが。
勝ちにいく。

きれいごとを。
貫きたいなら。
きれいなことだけを。
やっていても駄目だ。
何でもやるのだ。

傷だらけの。
汚れた顔の。
天使・・・
そんなカッコいいものじゃない。
それでもいい。それでいいのだ。

『Angels With Dirty Faces』'86年リリース。
代表曲のひとつをタイトルに冠したシャム69のベスト・アルバム。
'76年に結成されたパンク・バンドだったシャム69の再結成前の音源。
'80年に解散するまでのナンバーから12曲が選ばれて収録されています。
「Angels With Dirty Faces」を始めとして「If The Kids Are United」「Hersham Boys」・・・
ヒット曲、代表曲が網羅されていて。遅れてきたファンにとっては有り難かったかな。
当時、パンクの再評価が進んでいたのかな。'88年には再結成されて。
今でも活動を続けているのだと思いますが。そちらの音源には心が動かされなかったなと。
何故か。シャム69の最大の魅力、熱さとか熱量が薄くなっている気がしたのですね。
ジミー・パーシーのひたすら熱い歌声、それに呼応するバンドのサウンド。
一体となって突き進み、駆け抜けようとするその姿こそがシャム69なのです。
何かの衝動に突き動かされて、急かされて。請求に刹那に歌い上げ、奏でるシャム69。
常にその気持ち、思いは路上にあり。労働者階級の若者達の代弁者として。
怒りの声を上げ続けて。その姿勢故に熱狂的な支持を得ることになって。
このアルバムにも収められているライヴ・テイクを聴くと客席の熱さが半端じゃなくて。
如何にシャム69が愛されていたのかが感じられるのですが。熱くなりすぎて。
ライヴでは暴動騒ぎが頻発して。活動の場が狭められて失速していったと。残念無念かな。
オイ・パンクの元祖ともされる程に。その会場一体となるシンガロング・スタイル。
そのパワーを暴動ではなく別な方向へ導く手立て、方策は考えられなかったものかと。
まぁ、そう言った。策を弄する様なことが出来ない、小細工の利かない不器用さ。
それが熱さと言う魅力を生んでいたのだから。致し方はないのでしょうが。少し残念かな。
「If The Kids Are United」、そいつが実現できていたらなと。思ってしまうかな。

思いは。
あの頃のまま。
この胸の内は。
変えてたまるか。
何と言われようと。

でも。
だからこそ。
甘いことばかり。
口にするつもりは無い。
何を言われようとも。

狡かろうが。
汚かろうが。
卑怯だろうが。
勝つ為には何でもする。
何を言われても構わない。

顔を汚そうが。
顔を潰され様が。
手を汚そうが。
汚い手を使おうが。
生き抜いてみせる。

きれいごとを。
貫きたいから。
きれいなことだけを。
やるつもりは無いのだ。
何でもやってやるのだ。

傷だらけの。
汚れた顔の。
天使・・・
そんなカッコいいものじゃない。
それでもいい。それがいいのだ。

あの日の。
思いは。
怒りも。
悔しさも。
憶えている。変わりはしない。

あの日の。
想いは。
愛しさも。
切なさも。
憶えている。変えられない。

例え。
青臭くても。
そいつを。
信じている。
いまも。いつも。

だから。
そいつを。
守る為に。
貫く為に。
闘い続けているのだ。

顔も。
手も。
身体も。
汚れたって。
構わない。厭わない。

顔を汚して。
手も汚して。
身体も汚して。
傷だらけになっても。
構わない。厭わない。

狡いと言われようが。
卑怯だと言われようが。
守らなくてはならない。
貫かなくてはならない。
そんな闘いを生きているのだ。

傷だらけの。
汚れた顔の。
天使・・・
そんなカッコいいものじゃない。
それでいいのだ。それがいいのだ。



web拍手 by FC2

|

« 2016/08/11 Thu *素敵だと、特別だと、愛しいと / Pretenders | トップページ | 2016/08/13 Sat *発しよう、届くまで、それだけさ / The Clash »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/64060036

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/08/12 Fri *そんなカッコいいものじゃない / Sham 69:

« 2016/08/11 Thu *素敵だと、特別だと、愛しいと / Pretenders | トップページ | 2016/08/13 Sat *発しよう、届くまで、それだけさ / The Clash »