« 2016/08/25 Thu *一休み、一休み / Foghat | トップページ | 2016/08/27 Sat *ここ、いま / Ronnie Lane's Slim Chance »

2016/08/26 Fri *時の狭間 / Ten Years After

20160826aspaceintime


時の狭間。
エアー・ポケット。
予期もせず。
不意に。
陥って。

なにも。
考えずに。
何も。
思わずに。
徒に時を過ごす。

我に返って。
暫し。
呆然。
時の流れに。
戻れずにいる。

心の隙間。
そいつを。
見透かされて。
そいつに。
つけ込まれて。

無駄な。
無為な時を。
過ごしてしまったか。
否、そうでもないだろう。
これはこれで。

そう。
時の狭間に。
陥る。
そんな時間も。
必要なのだということだ。

『A Space In Time』'71年リリース。
テン・イア^ズ・アフターの7枚目となるアルバム。
デビューしたのが'66年かだったか、'67年だったかですから。
結構なペースでアルバムを制作していたのですよね。
テン・イヤーズ・アフターと言えばアルヴィン・リーの速弾き。
そしてウッドストックに代表される暑苦しいまでの熱演。
それが強烈なイメージとして浸透していて。それ以外で語られることはほぼないと。
それほどに。ウッドストックでのテン・イヤーズ・アフターは強烈であったと。
そして、それは聴く者にとってだけでなく。メンバー達にとっても同じであったと。
このアルバム・タイトル。そしてジャケットのメンバー達の表情と佇まい。
なんか、気が抜けていると言うか。虚脱状態で目標を見失っていると言うか。
転換点、変化の時期にもあったのでしょうね。サウンドにも変化が見られて。
アルヴィンのギターを中心に熱く、ゴリゴリとブルース・ロックをぶちかますのではなく。
主役はあくまでヴォーカルで。その歌を聴かせよう。バンド全体でそれをサポートしよう。
そんなナンバーが中心で。いきおい穏やかなメロディと落ち着いたサウンドに満ちていて。
これが、あのテン・イヤーズ・アフターかと。一瞬、耳を疑いたくなるのですが。
バックでなっているギター、音量は控えめにミックスされているものの。
そのフレーズ、そこに込められた熱量は間違いなくアルヴィンのものなのですよね。
当然と言えば当然なのですが。アコギでもその技量の素晴らしさは変わらず、聴き惚れます。
ウッドストックの熱狂が去り、レコード会社も移籍して。ふと時の狭間が訪れて。
エアー・ポケットに陥ったかの様に。目標を見失いかけた。そこで新しい展開を模索した。
そんな過渡期のアルバムであるのは間違いないのかな。その新しい展開。
アコースティックなサウンドへの接近と、ヴォーカル中心への体制の変化。
それはそれで。魅力的なのです。ですが、恐らくはメンバー自身がそれに自信を持てなった。
それが致命傷になったかな。せっかくの時の狭間。もう少し、のんびりと構えていたらねとは感じてしまうかな。

時の狭間。
エアー・ポケット。
予感もなく。
気づいたら。
陥っていて。

なにも。
考えられず。
何も。
思うことなく
徒に時を見送る。

我に返っても。
暫し。
虚脱。
時の流れを。
傍から眺めている。

斑な心。
そいつを。
見抜かれて。
そこから。
侵入を許してしまって。

無用な。
無意味な時を。
過ごしてしまったか。
否、そればかりではないだろう。
これはこれで。

そう。
時の狭間に。
陥る。
そんな時間も。
訪れるものだということだ。

絶え間なく。
続く。
流れる。
そう思える。
時間。

しかし。
その。
ところどころに。
狭間が。
穴があって。

気にも。
止めない時には。
無意識に。
避けている。
飛び越えている。

でも。
ふと。
何かの。
きっかけで。
立ち止まった時。

狭間に。
吸い込まれ。
穴の中へ。
そんな。
ものなのだろう。

そう。
今までにも。
何度となく。
繰り返し。
陥ってきた。

元の。
時の流れに。
戻るたびに。
忘れては。
しまうのだけれど。

時の狭間。
エアー・ポケット。
予期もせず。
不意に。
陥って。

そうだな。
今回は。暫し。
この断絶された世界で。
遊んでいこう。
漂っていよう。

時の狭間。
エアー・ポケット。
予感もなく。
気づいたら。
陥っていて。

そう。
今回は。いま暫く。
この隔離された世界から。
眺めていよう。
楽しんでみよう。



web拍手 by FC2

|

« 2016/08/25 Thu *一休み、一休み / Foghat | トップページ | 2016/08/27 Sat *ここ、いま / Ronnie Lane's Slim Chance »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/64121493

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/08/26 Fri *時の狭間 / Ten Years After :

« 2016/08/25 Thu *一休み、一休み / Foghat | トップページ | 2016/08/27 Sat *ここ、いま / Ronnie Lane's Slim Chance »