« 2016/09/26 Mon *この感じ、感覚 / Mavis Staples | トップページ | 2016/09/28 Wed *信じてくれないか / James Brown And The Famous Flames »

2016/09/27 Tue *車輪の転がるそのままに / Spinners

20160927pickofthelitter


なんだか。
散らかって。
乱れて。
なにが。
なにやら。

片付けようと。
整えようと。
思ってはみるのだが。
どうにも。
こうにも。

結局。
そのままに。
取り敢えずと。
転がって。
転がり続けて。

何処へ。
行くのやら。
辿り着くのやら。
わからないまま。
見えもしないまま。

それでも。
散らかったものにも。
乱れたものにも。
きっと。
意味はあるのだろうと。

それが。
わかるまで。
見えるまで。
車輪の、転がる。
そのままに。

『Pick Of The Litter』'75年リリース。
フィリー・ソウルを代表するグループ、スピナーズ。
アトランティック移籍後、4枚目となるオリジナル・アルバム。
フィリー・ソウルと言うことで勘違いされることも多いようですが。
フィラデルフィアではなくてデトロイト出身のスピナーズです。
グループ名もスピナー、タイヤのホイールから採られたとの説もあって。
そして、当然のようにモータウンと契約してキャリアをスタートさせたのですよね。
しかしながら。モータウン時代はなかなか芽が出ずに。扱いも悪かったらしく。
所謂、二軍扱いで。他のグループのツアーのスタッフをやらされたりもしていたとか。
やがてモータウンがデトロイトを離れるにあたって契約も終了となってしまって。
そんなスピナーズに声を掛けたのがフィリー・ソウルの立役者であるトム・ベルで。
新たなリード・シンガー、フィリップ・ウィンも迎えて新天地に向かったスピナーズ。
トムが指揮を振るうフィリー・サウンドとの相性も抜群で直ぐに人気グループへと。
デトロイトからフィラデルフィアまで転がって見事にその資質を開花させたのでした。
その揺るぎない自信をタイトル(最上、えり抜きを意味する慣用句)にしたこのアルバム。
タイトルに偽りなしで。MFSBの奏でる極上のフィリー・サウンドをバックにした。
フィィリップを中心とした甘く美しいコーラス、ハーモニーがなんとも堪りません。
どこまでも上り、どこまでも溶けていく様で。甘さに過ぎない、流されて終わらない。
そんな一本筋の通った、芯の強さを感じさせるのは。苦労、キャリアのなせる業とも思われ。
あくまでも都会的でありながらも。その上辺の華やかさだけではなくて。
底辺にある人々の営み、その逞しさも感じさせるものになっているのが魅力的なのです。

なんだか。
混乱したまま。
困惑したまま。
なにが。
なにやら。

整理しようと。
整頓しようと。
思ってはいるのだが。
どうにも。
こうにも。

結局。
そのままで。
取り敢えずと。
転がり始めて。
止まれないまま。

何処まで。
行くのやら。
辿り着けるのやら。
わからないまま。
見えてこないまま。

それでも。
この混乱にも。
この困惑にも。
なんらかの。
意味はあるのだろうと。

それが。
わかるまで。
見えてくるまで。
車輪の、転がる。
そのままに。

この。
散らかった。
ものの中から。
なにかが。
生まれてくるのを。

この。
乱れた。
ものの中から。
なにかが。
現れてくるのを。

それを。
逃さず。
捉えて。
モノにする。
その為に。

混乱も。
困惑も。
受け止めて。
受け容れて。
転がり続ける。

諦めず。
止まることなく。
転がり続けて。
転がり続けて。
やがて。

散らかり。
乱れた。
その中から。
最上の。
ものを掴み取り。

共に。
行きつく。
辿り着く。
それまでは。
転がり続けてみるしかない。

それにしても。
少しは。
整理整頓。
片付けくらいは。
しないとね(苦笑)。



web拍手 by FC2

|

« 2016/09/26 Mon *この感じ、感覚 / Mavis Staples | トップページ | 2016/09/28 Wed *信じてくれないか / James Brown And The Famous Flames »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/64277341

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/09/27 Tue *車輪の転がるそのままに / Spinners:

« 2016/09/26 Mon *この感じ、感覚 / Mavis Staples | トップページ | 2016/09/28 Wed *信じてくれないか / James Brown And The Famous Flames »