« 2016/10/18 Tue *打ち続ける、その日まで / Status Quo | トップページ | 2016/10/20 Thu *切り捨て御免 / Nazareth »

2016/10/19 Wed *四種の神器 / Slade

20161019oldnewborrowedandblue


三種ならぬ。
四種の神器。
そいつが。
揃えば。
揃えられれば。

そいつさえ。
手に入れば。
手に入れられれば。
こんな夜も。
どんな夜も。

乗り切れる。
乗り越えられる。
だから。
どうしても。
そいつが必要なのだ。

今夜。
大いなる期待。
僅かな不安。
両方を胸に。
その扉を開ける。

この空気。
この匂い。
悪くは無い。
予感が当たることを。
信じながら。

やがて。
確信に変わる。
その時。
どうにも。
笑顔が弾けてしまうのだ。

『Old, New, Borrowed and Blue』'74年リリース。
『大狂乱スレイド一座』なる邦題がつけられていたスレイドのアルバム。
通算で6枚目、オリジナル・アルバムとしては4枚目に当たるアルバムです。
邦題を考えた担当者の気持ちもわからないではないスレイドの快進撃。
その騒々しく、賑やかで。兎に角、楽しくて仕方がないロックンロール。
英国では特に労働者階級に支持され、国民的なバンドとなっていたスレイド。
このアルバムも全英首位を獲得。「My Friend Stan」「Everyday」もヒットしています。
ここまでがスレイドの全盛期で。この後は長い低迷期へと入っていくのですけどね。
さて。相変わらずやかましいことこの上ないノディ・ホルダーの歌声と。
それを囃し立てるかの様なデイヴ・ヒルを始めとするバックのサウンド。
このどうにもガヤガヤでギラギラなロックンロールこそがスレイドの真骨頂なのですが。
ベスト・アルバムである『Sladest』の次のアルバムに当たる為か、新境地の開拓にも挑戦。
それがヒットした「Everyday」で。な、なんとスレイドがバラードに挑戦していると言う。
流石にファンの反応が不安だったのか、メンバーはシングル・カットには反対するも。
マネージャーのチャス・チャンドラーに押し切られて。結果全英10位内に入るヒットと。
ノディがあの声で、切々と愛を歌う様が切なさを呼んだ・・・のかどうかは知りませんが。
騒々しくも賑やかなバラードと言うのが、新鮮に受け止められたのは確かなのかな。
アルバム・タイトルは恐らく、欧米の結婚式の風習、サムシング・フォーからで。
メンバーの誰が何に相当するのかはわかりませんが。それだけの自信があって。
4人が揃えば、楽しくなる、ご機嫌になる。ファンも一緒に賑やかに盛り上がれる。
そこには絶対の確信を抱いていたのだろうなと。四天王と四種の神器。
それでも新機軸を求めてしまうのは。それはミュージシヤンとしての性なのでしょうか。

三種ならぬ。
四種の神器。
そいつが。
揃ったら。
揃いさえすれば。

そいつさえ。
手に入ったら。
手に入りさえすれば。
こんな時も。
どんな時も。

弾める。
弾んで進んでいける。
だから。
どうしても。
そいつが不可欠なのだ。

今夜。
大いなる安心。
僅かな心配。
両方を抱いて。
この席について。

この騒めき。
この蠢き。
いい感じだなと。
予感が当たることを。
信じている。

そして。
確信に変わる。
その時。
どうにも。
拳を突き上げてしまうのだ。

腰に来るリズム。
弾けるビート。
空気を切り裂くサウンド。
胸に迫る歌声。

歓喜の。
声が。
空気を揺らす。
匂いを変える。
空間が歪み一つになる。

笑顔。
嬌声。
咆哮。
熱気が渦巻き。
温かさが支配する。

笑顔と笑顔。
拳と拳。
掌と掌。
共に震えて。
伝わっていく。

乗りながら。
揺れながら。
舌鼓を打ち。
喉越しを味わう。
心地良い酔いが回る。

三種ならぬ。
四種の神器。
そいつが。
揃えば。
揃いさえすれば。

旨い食事。
美味しいお酒。
ご機嫌なロックンロール。
気の置けない仲間たち。
揃いさえすれば。

どんな夜も。
どんな時も。
乗り越えられる。
弾んで。
進んでいける。

四種の神器。
そいつが俺には必要なのさ!



web拍手 by FC2

|

« 2016/10/18 Tue *打ち続ける、その日まで / Status Quo | トップページ | 2016/10/20 Thu *切り捨て御免 / Nazareth »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/64376929

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/10/19 Wed *四種の神器 / Slade:

« 2016/10/18 Tue *打ち続ける、その日まで / Status Quo | トップページ | 2016/10/20 Thu *切り捨て御免 / Nazareth »