« 2016/10/26 Wed *燐火 / LaVern Baker | トップページ | 2016/10/30 Sun *本当に / Steve Hooker's Shakers »

2016/10/27 Thu *遥か遠く離れて / Rich Kids

20161027gohstofpricesintowersukorg


遥か。
群衆を離れて。
この世界の。
何もかもから離れて。
閉じこもってしまいたい。

一人の世界で。
一人の言葉を。
吐き出して。
紡いで。
繭を育てたい。

ひたすら。
閉じこもり。
紡ぎ出される。
言葉の羅列と。
戯れていたい。

一人の世界。
一人遊び。
夢中になって。
時間を忘れ。
存在を忘れ。

濃い密度ゆえの。
空白。
その隙を突かれ。
何ものかに。
忍び寄られ、憑依されても。

その影と二人。
止まった時間。
閉ざされた世界。
その中で。
遊んでいたい。耽っていたい。

『Ghosts Of Princes In Towers』'78年リリース。
グレン・マトロックが結成したリッチ・キッズの1stにして唯一のアルバム。
御存知の様にセックス・ピストルズのオリジナル・メンバーだったグレン。
ベーシストでもあり、ソング・ライターとしても多大な貢献をしていたグレンですが。
スキャンダラスな仕掛けで派手に売り出したがったマルコム・マクラレーンによって頸に。
その後釜に据えられたのが、ベースなど弾いたこともなかったシド・ヴィシャスで。
シドはひたすらグレンのフレーズ、ラインをわけも分からずになぞっていたのだとか。
抜群のロックンロール、そしてポップなセンスの持ち主だったグレンは悔しさを胸に秘め。
新たにメンバーを探して自らのバンドの結成へと動いたと。それがリッチ・キッズで。
後にウルトラヴォックスを結成するミッジ・ユーロも最後の一人として参加しています。
グレンのセンス、才能は広く知られていた。少なくともレコード会社は承知していた様で。
ミック・ロンソンがプロデューサーに迎えられ、イアン・マクレガンも録音に参加してと。
グレンのキャッチーでありながら、翳りも帯びたメロディ、サウンド創りを支えています。
今では当然の様に、パンクもただのロックンロールであって。それ以前の世代と地続きだと。
ハード・ロックや、グラム・ロックと切り離された無縁の存在ではないとい語られますが。
当時としては、そんなブリティッシュ・ロックの伝統が色濃く息づくグレンの個性は。
表層的なパンクの荒波の中では異端扱いされるのも止むを得なかったのかな。
そんな表層的、表面しか見えない連中こそがマルコムの狙ったターゲットであったのだし。
頸にされ、言わば解放されたことによってその個性が思う存分発揮されたアルバムなので。
溌剌として、爽快でありながら。もの悲しくもあるロックンロールが炸裂していて。
アルバム・タイトルにも表れている様にどうしようもなくブリティッシュ・ロックでもあり。
このアルバムだけで解散してしまったことが本当に惜しまれるのですよね。
確かに地味と言えば地味なのだけど。この解放感と閉塞感の絶妙なバランス、堪りません。

遥か。
雑踏を離れて。
この世界の。
何もかもから離れて。
隔離されてしまいたい。

一人の世界で。
一人の歌を。
吐き出して。
奏でて。
室を作りたい。

ひたすら。
隔たり。
奏でられる。
精神の旋律と。
戯れていたい。

一人の世界。
一人遊び。
無我に入って。
時間を捨て去り。
存在を消し去り。

濃い練度ゆえの。
空白。
その間に入られ。
何ものかに。
背後を取られ、捕食されても。

その影と二人。
捨てた時間。
消えた世界。
その中で。
遊んでいたい。耽っていたい。

群衆も。
雑踏も。
遥か。
遠く離れて。
隔絶した世界。

その中で。
繭を育て。
室を作り。
閉じこもり。
徒に過ごす。

吐き出されるのは。
独りの。
言葉と歌。
紡ぎ。
奏で。

言葉の羅列。
精神の旋律。
戯れていたい。
遊んでいたい。
耽っていたい。

高い城壁。
囲われた。
その奥の。
古びた塔の。
薄暗い屋根裏。

陽もあたらない。
部屋の片隅で。
蝋燭の灯りだけ。
その中にだけ。
ありたい。

忍び寄る。
その影が。
独りに。
重なれるものなら。
共にあるのも悪くはない。

遥か。
遠く。
高い。
塔の中で、ずっと。
遊んでいたい。耽っていたい。



web拍手 by FC2

|

« 2016/10/26 Wed *燐火 / LaVern Baker | トップページ | 2016/10/30 Sun *本当に / Steve Hooker's Shakers »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/64413027

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/10/27 Thu *遥か遠く離れて / Rich Kids:

« 2016/10/26 Wed *燐火 / LaVern Baker | トップページ | 2016/10/30 Sun *本当に / Steve Hooker's Shakers »