« 2016/11/30 Wed *戦場には / Jimi Hendrix | トップページ | 2016/12/02 Fri *見えなければ / Chicken Shack »

2016/12/01 Thu *千鳥足で / Rod Stewart & Faces

20161201coasttocoastovertureandbegi


どうやら。
今日も。
今夜も。
足下が。
おぼつかない。

二日酔い。
たぶん。
否。
間違いなく。
未だ酔っぱらっている。

酒に。
それだけでなく。
色々なものに。
様々なものに。
酔いしれているのだ。

気づくと。
振り返ると。
何かに。
何ものかに。
酔っていない時など。

禁断の。
箱を。
開けた。
その瞬間から。
一度もないかもしれない。

いつも。
いつでも。
千鳥足で。
綱渡り。
そいつが堪らない。

『Coast To Coast Overture And Beginners』'74年リリース。
前年の全米ツアーでのアナハイム公演で収録されたフェイセスのライヴ・アルバム。
ロニー・レインに代わって加入したテツ山内が参加した唯一のアルバム。
そしてベスト・アルバムを除けば解散前にリリースされた最後のアルバムでもあって。
ソロ活動を活発化させていたロッド・スチュワート。ロッドを売り出したいレコード会社。
その思惑が絡み合ってロッド・スチュワート&フェイセス名義となり。
英国ではロッドがソロとしていたマーキュリーからリリースされることになってと。
(それ以外の国ではフェイセスの所属であるワーナーからのリリースでした)
どうにも。往生際が悪くズルズルとしたままに解散に至ったフェイセスの最期を象徴する。
そんなイメージもあるアルバムではあるのですが。その内容は実にご機嫌だったりします。
世界一アルコール消費量が多いバンドとして名を馳せたフェイセス。
その千鳥足のロックンロールがこれでもかと鳴り響いているのです。
リズムがよれたり、チューニングも怪しかったり、そんなラフでルーズなロックンロール。
弾けて、揺れて、転がって。そしてフェイセスならではの絶妙な間。それが堪らないのです。
レインが不在なだけに。フェイセスの魅力の一面を成していた朴訥とした繊細さ。
それは感いられないのですが。そこはライヴですからね。とことん陽気で楽しいフェイセス。
そいつが十二分に発揮されている。それで、それだけでいいのです。
フェイセスのライヴではロッドのソロ・アルバムに収められていたナンバー。
それもフェイセスのナンバーと共に演奏されるのですが。それがまったく違和感がなくて。
すっかりフェイセスのナンバーと同化していて。すっかり酔いどれのナンバーに。
なんだかんだで。ロッドも含めてフェイセスと言うのは仲が良かったのだろうなと。
まぁ、酒の取り持つ酔っ払い同士の連帯感だったのかもしれませんが。
それ故の。常に千鳥足で、瞬間、瞬間を楽しむ姿勢、心意気。それこそがフェイセスです。

どうにも。
今日も。
今夜も。
真っ直ぐ。
歩けない。

宿酔い。
たぶん。
否。
間違いなく。
未だ酔っぱらったまま。

酒に。
それに限らず。
色々なものに。
様々なものに。
酔いどれているのだ。

気づけば。
思い浮かべれば。
何かに。
何ものかに。
酔っていない時など。

禁断の。
扉を。
開けた。
その瞬間から。
ひと時もないかもしれない。

いつも。
いまも。
千鳥足で。
線上を。
そいつが堪らない。

酔わなきゃ。
やっていられるか。
否。
酔わずに。
やっても駄目なのだ。

何ものも。
何もかも。
酔うほどに。
やらなければ。
ものにもならない。

酔って。
酔っぱらって。
酔いしれて。
酔いどれて。
そのままに。

弾けて。
揺れて。
転がって。
千鳥足で。
ステップを踏みながら。

陽気に。
楽しもう。
面白がろう。
何ものも。
何もかも。

いつも。
いつでも。
酔って。
千鳥足の。
二日酔い。

いつも。
いまも。
酔って。
千鳥足で。
宿酔い。

千鳥足で。
線上を。
綱渡り。
そいつが堪らない。
そいつが楽しくてやめられない。



web拍手 by FC2

|

« 2016/11/30 Wed *戦場には / Jimi Hendrix | トップページ | 2016/12/02 Fri *見えなければ / Chicken Shack »

001 British Rock」カテゴリの記事

010 Faces」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/64574784

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/12/01 Thu *千鳥足で / Rod Stewart & Faces:

« 2016/11/30 Wed *戦場には / Jimi Hendrix | トップページ | 2016/12/02 Fri *見えなければ / Chicken Shack »