« 2016/12/12 Mon *ひと時で / Robert Palmer | トップページ | 2016/12/14 Wed *剥き出しでこそ / The Rolling Stones »

2016/12/13 Tue *風の中 / Traffic

20161213whentheeagleflies


吹き荒ぶ。
風の中。
立ち止まり。
風を受けて。
身を縮める。

吹く風の。
激しさに。
冷たさに。
身体ばかりか。
精神までもが。

抱きすくめられて。
体温を。
情熱をも。
奪われそうで。
身震いが止まらない。

こんな。
風の日は。
何処へも行かずに。
引きこもるべきだった。
そんな思いに囚われる。

けれども。
こんな。
風の日は。
今日だけだとは。
限りはしない。

だから。
風の中でも。
前を。
明日を。
向かねばならない時もある。

『When The Eagle Flies』'74年リリース。
トラフィックの6枚目にして最後のスタジオ・アルバム。
(20年以上後に再結成した際にもアルバムを制作していますが)
メンバーの出入りが激しかったトラフィック。一時はかなりの大所帯でしたが。
このアルバムではスティーヴ・ウィンウッド、ジム・キャパルディ、クリス・ウッド。
3人のオリジナル・メンバーに、10代のベーシスト、ロスコー・ジーを迎えた4人編成。
そこに、脱退したリーボップが一部のナンバーにゲストとして加わっています。
常に挑戦し、変化を続けたトラフィック。時には聴く者を挑発する感もありましたが。
このアルバムは一聴すると、非常に端正と言うか落ち着いた印象を与えます。
思うに、ウィンウッドはこれが最後になるとの予感、あるいは確信があったのではと。
そこで今までの集大成として、R&Bから出発して、サイケデリック、ソウル、ジャズと。
吸収してきたものを総て生かして、新たなステップへと飛翔を試みたのだと思います。
それが昇華されて表現としてはシンプルなものになったと言うことなのでしょうか。
勿論、ウィンウッドの歌声はいつもの様にソウルフルに聴く者の胸に突き刺さるのですが。
その一方で、いつも以上にクールな感じも受けて。どこか達観もしている様で。
ウィンウッドの中にはある程度の達成感、トラフィックとしてやれることはやったと。
そんな思いがあったのではないかと。個性の強いメンバーの集まり、共同体として。
大袈裟に言えば激動の歩み、常に吹き荒ぶ風の中を歩んできた様なトラフィックですから。
その終焉には、その風を制した。その風に乗って現在地から飛び立っていくのだと。
そんな思いが、このアルバムには込められているのではないかと感じられるのですね。
「Walking In The Wind」「When The Eagle Flies」などタイトルや歌詞からしても・・・
もはや、R&Bもサイエケデリックもソウルもジャズも。総てを乗り越えて、飲み込んで。
ウィンウッドは、新たにソロとしてのキャリアを歩み始めることになるのです。

吹き荒ぶ。
風の中。
意を決し。
風に向かって。
歩き始める。

吹く風の。
激しさに。
冷たさに。
身体だけでなく。
精神までもって。

抗いながら。
体温も。
情熱も。
奪われてなるものかと。
身震いと闘いながら。

こんな。
風の日は。
何処かへ飛んでいく。
何処かへ飛んでいけるチャンスだと。
そんな思いを胸に。

そうさ。
こんな。
風の日は。
今日だけだとは。
限りはしない。

だから。
風に向かって。
前を。
明日を。
掴み取らねばならない時もある。

風の中。
いつかも。
同じ様な。
風が。
吹いていたなと。

風の中。
いつかは。
もっと激しい。
風が。
吹いていたなと。

風の中。
いつか。
もっと荒ぶ。
風が。
吹くかもと。

様々に。
思いを。
巡らせながら。
風に。
立ち向かい。

目を閉じて。
明日を。
何処かを。
イメージして。
両手を広げる。

吹き荒ぶ。
吹きつける。
風の中。
風を掴んで。
空へと。

風に。
乗り。
遥かな。
大空へと。
飛翔する。

吹き荒ぶ。
風の中。
立ち止まり。
風を捉えて。
身を羽ばたかせる。



web拍手 by FC2

|

« 2016/12/12 Mon *ひと時で / Robert Palmer | トップページ | 2016/12/14 Wed *剥き出しでこそ / The Rolling Stones »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/64624959

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/12/13 Tue *風の中 / Traffic:

« 2016/12/12 Mon *ひと時で / Robert Palmer | トップページ | 2016/12/14 Wed *剥き出しでこそ / The Rolling Stones »