« 2016/12/15 Thu *殉じる覚悟 / The Collectors | トップページ | 2016/12/17 Sat *誰かとおいらのバラード / 世良公則 & ツイスト »

2016/12/16 Fri *日本人である / HIS

20161216his


日本人である。
日本の人である。
意識しようと。
意識がなかろうと。
そうなのである。

十二月の。
師走の。
声を耳にすれば。
何となく。
咳かされて、浮かれて。

お歳暮とか。
煤払いとか。
忘年会とか。
仕事納めとか。
大掃除とか。

そんな。
諸々が。
する、しない。
そいつは別にして。
気にかかる。

別に。
普通に。
月が替わるだけの話。
しかし。
そこに特別な意味を見出そうとする。

除夜の鐘。
紅白。
ゆく年くる年。
もう随分。
縁が無かったりするのだけれど。

『日本の人』'91年リリース。
細野晴臣、忌野清志郎、坂本冬美によるユニット、HISの唯一のアルバム。
このたび、坂本冬美のデビュー30周年を記念してめでたくアナログ盤になりました。
元々はロックの日とかってイベントから派生したユニットだったかと。
RCサクセションが活動休止状態となって、清志郎が積極的に活動し始めた時期だったと。
細野晴臣はともかくとして。なんで坂本冬美と思ったのですが。
よく考えたら既にRCの『Covers』に参加して清志郎と共演経験があったのですよね。
それでも。三者三様の異種格闘技戦であったことに変わりはないのですけど。
結果的には非常に上手くいったと言うか、手が合ったと言うか、名勝負になったかなと。
サウンドクリエイターとしての細野、ソングライターとしての清志郎、歌手としての坂本。
各々の個性と才能が静かに火花を散らしながらも、一つの作品へと緩く昇華されていく。
何故だか。そんな制作風景が目に浮かぶ様な、そんな気分にもさせられます。
(細野の作業の遅さに、清志郎が業を煮やして辟易としたとの話もありますが・・・)
オリジナル、カヴァー共々。清志郎の言葉選びの上手さ、言語感覚の鋭さは流石の一言で。
それに対応して。それを見事に歌い上げる坂本の歌手としての底力が聴きもので。
美空ひばりも、都はるみも、ジャズやブルースを歌わせてもとんでもなく素晴らしいのは。
それは子供の頃に観たテレビとかで知っていましたが。その域に近いものがあるなと。
日本の歌、日本語の歌として捉えれば。ロックも歌謡曲も演歌もみな同じであって。
要は、大切なのは才能や実力やセンス、そして共感、共鳴できる心の余裕なのですね。
元々、日本的なものが大きな割合を占めている清志郎の世界ですが。
坂本によって歌われることによって、そのどうしようもなく愛しい日本が鮮明になったと。
「夜空の誓い」「500マイル」「アンド・アイ・ラヴ・ハー」と名曲ぞろいですが。
坂本にセーラー服を着させて。う~ん、いじわる~、まだいっちゃだめ~と歌わせる清志郎。
この確信犯で、愉快犯なセンス。それが失われたことは、本当に・・・悔しいなぁ。

日本人である。
日本の人である。
好きであろうと。
好きでなかろうと。
そうなのである。

十二月の。
師走の。
声を耳にすれば。
訳もなく。
バタバタして、ウキウキして。

街を歩いても。
電車に乗っていても。
遊んでいても。
働いていても。
どこか落ち着かなくて。

そんな。
空気が。
あるか、ないか。
そいつは別にして。
そんな気になってしまう。

別に。
普通に。
年が暮れるだけの話。
しかし。
そこに特別な意義を見出そうとする。

御飾り。
神棚。
あいさつ回り
もう随分。
縁が無かったりするのだけれど。

今年の内に。
あそこと、あそこ。
行っておきたいな。
あの人、この人。
会っておきたいな。

来年の干支は何だっけ。
そろそろデザイン考えようか、
年賀欠礼も確認して。
年賀はがきも。
プリンターのインクも買って。

年末ジャンボ。
発売はいつまでだっけ。
そろそろ。
今年こそ。
順番が回ってきてもいいよな。

プラスチックのミカン。
重ね餅の形をしたプラスチック。
中には切り餅。
それで十分だから。
玄関にくらいは飾らないと。

年越しそばは。
いつも混んでいる。
知る人ぞ知る。
あの日本酒も美味しい。
あの店に久し振りに。

年越しは。
初めての。
あの店かな。
初詣は。
どこのお社に行こうかな。

日本人である。
日本の人である。
自覚があろうと。
自覚がなかろうと。
そうなのである。



web拍手 by FC2

|

« 2016/12/15 Thu *殉じる覚悟 / The Collectors | トップページ | 2016/12/17 Sat *誰かとおいらのバラード / 世良公則 & ツイスト »

005 Japanese」カテゴリの記事

017 RC サクせション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/64637031

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/12/16 Fri *日本人である / HIS:

« 2016/12/15 Thu *殉じる覚悟 / The Collectors | トップページ | 2016/12/17 Sat *誰かとおいらのバラード / 世良公則 & ツイスト »