« 2016/12/30 Fri *遥か昔、時の彼方から / Elvis Presley | トップページ | 2017/01/04 Wed *電圧上げて、電流流して / AC/DC »

2016/12/31 Sat *いま、そしてあの時 / Carpentrers

20161231nowandthenusorg


いま。
そして。
あの時。
そこから。
ここまで。

時の流れ。
景色も流れ。
人も流れ。
思いも流れ。
ここまで。

なぜ。
どうして。
なにが。
どうなって。
ここまで。

あの時。
違う選択。
違う決断。
違う道。
そうしたら。

どう。
なっていたのか。
どう。
変わっていたのか。
詮無いこと。

あの時。
そして。
いま。
ここから。
そこまで。

『Now & Then』'73年リリース。
カーペンターズの5枚目のオリジナル・アルバム。
当時の邦題は『ナウ・アンド・ゼン〜今、そしてあの頃』だったとか。
特に日本ではカーペンターズの人気を決定的にしたアルバムで。
オリコンのアルバム・チャートで1位に輝き。100週間以上ランク・インしていたと。
シングル・カットされた「Yesterday Once More」は日本での最大のヒット曲となって。
オリコンの洋楽チャートで連続26週間1位だったのだとか。約半年間1位って・・・
初めてカーペンターズ自身がプロデュースを行った意欲作でもあって。
アルバムのB面では、その「Yester Day Once More」とそのリプライズを頭と最後に配し。
間にはオールディーズのカバーを挟んで。DJのMCまで入れる手の込んだ仕掛けで。
アルバム・タイトルも含めて。古き良きアメリカを忍ぶコンセプト・アルバムだったと。
今になって考えると。典型的な幸せそうなアメリカの兄妹を演じていたカーペンターズ。
それが更に古き良きアメリカを想起させるアルバムを制作しなければならなかった。
そこに泥沼のベトナム戦争を根底とした当時のアメリカ社会の病巣の根深さがあるかなと。
当時は勿論、そんなことなどわかる筈も無く。ただただ好きで、憧れて。
勿論、今でも針を落とせば。そのメロディ、そしてカレンの歌声に聴き惚れるのみですが。
そのカレンが。実は歌うこと、そして目立つことが大嫌いで。ドラマーでいたかったと。
あまりにも切ないその願いを知ってしまったいまは、より一層その歌声が沁みるのですが。
実はこのアルバムでは殆どのナンバーでカレンがドラムを叩いているのですよね。
それまでの頑張りが認められて。やっと希望が叶って。張り切っていたのだろうなと。
その正確なリズム・キープ、弾む様な音色。思わず微笑んで、そして切なくなるかな。
あまりに美しい歌声、美しい発音。それは大好きで、それは宝物なのですけどね。
違う選択、違う決断、違う道。そうしたら。いまでもカレンは・・・あまりに詮無いけれど。
このアルバムの輝きは。あの頃も、いまも変わらない。それだけにね、辛くもあるかな。

いま。
そして。
あの時。
そこから。
ここまで。

時の流れ。
景色も流れ。
人も流れ。
思いも流れ。
ここまで。

なぜ。
どうして。
なにが。
どうなって。
ここまで。

あの時。
違う選択。
違う決断。
違う道。
そうしたら。

どう。
なっていたのか。
どう。
変わっていたのか。
詮無いこと。

あの時。
そして。
いま。
ここから。
そこまで。

あの時。
あの頃。
どんな。
時を過ごし。
時を生きていたのか。

あの時。
あの頃。
どんな。
景色の中で過ごし。
景色を生きていたのか。
あの時。
あの頃。
どんな。
人と共に過ごし。
人の間を生きていたのか。

あの時。
あの頃。
どんな。
思いを抱いて過ごし。
思いの中を生きていたのか。

あの時。
あの頃。
何を選び。
何を決めて。
何処を歩いていたのか。

その。
選択に。
決断に。
道に。
誤りは無かったか。
悔いは無かったか。

答えなど。
わからない。
ただ悔いはない。
総ては。
いまに通じているのだから。

あの時。
そして。
いま。
ここから。
そこまで。

いま。
そして。
あの時。
そこから。
ここまで。

これからも。



web拍手 by FC2

|

« 2016/12/30 Fri *遥か昔、時の彼方から / Elvis Presley | トップページ | 2017/01/04 Wed *電圧上げて、電流流して / AC/DC »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/64702647

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/12/31 Sat *いま、そしてあの時 / Carpentrers:

« 2016/12/30 Fri *遥か昔、時の彼方から / Elvis Presley | トップページ | 2017/01/04 Wed *電圧上げて、電流流して / AC/DC »