« 2017/01/14 Sat *さすれば道は開かれん / Wreckless Eric | トップページ | 2017/01/16 Mon *認めよう / The Motors »

2017/01/15 Sun *故に我あり / The Police

20170115ghostinthemachine


故に我あり。

どうにも。
偏っているとは。
思うけれども。
それでも。
やはり、そこにある。

感じる。
蠢く。
思う。
そこにこそ。
あると。

そいつを。
殊更に。
身体と。
切り離す。
つもりはないけれど。

やはり。
胸の内にあるもの。
感じ。
振るえる。
そいつこそが。

己の。
本性。
本体。
そう思われて。
ならないのだけれど。

故に我あり。

『Ghost In The Machine』'81年リリース。
デジタル文字を配した簡素なジャケットも印象的なポリスの4thアルバム。
左から、アンディ・サマーズ、スティング、スチュワート・コープランドを模しているとか。
まぁ、言われてみれば。そう見えないこともないかなとは思いますが・・・
それまでの3枚のアルバムとはやや趣を異にした故か、比較的語られないアルバムですが。
だからと言って。簡単にやり過ごせるかと言うと。そうはいかない存在感があるかなと。
従来からの個性、そして魅力であるレゲエに積極的に接近したリズム、ビートはそのままに。
より硬質な感覚が強調された様に感じられるサウンドと、メロディが耳に残ります。
シンセサイザーの比重が高まり、全体的に計算し尽くされた様な完成度の高さがあります。
アンディなどは。その完成度の高さ故に、創造の余地が無く息苦しいと感じていたとも。
アルバム・タイトルは心身二元論を否定する哲学の表現から採られているとも思われて。
身体を単なる心、精神の入れ物だとする考え方の否定、ひいては物質社会の否定。
その様なテーマをコンセプトにして制作されたとも考えられて。
それが故に。敢えて無機質とさえ感じられる完成度の高さを目指したのかもしれません。
「Spirits In The Material World」「Too Much Information」「Omegaman」など。
各曲のタイトルにもそれらしきものが多く。最後が「Darkness」なるナンバーで終わると。
ここらはスティングの主導によるものなのだろうな。如何にも好きそうだし。
そして。そんなアルバムの中で異彩を放っているのがシングル・ヒットした、あの曲で。
そう「Every Little Thing She Does Is Magic」であると言うのが面白いところで。
この何とも柔らかく、甘く。そして幻想的な感じもあるラブ・ソングが含まれている。
恋なのか、愛なのか。そこに魔法を感じる。それを呼び起こすのは彼女であり。
それを感じている自分であり。自分の思い、心の動きであると。それがミソかなと感じたりもするのです。

故に我あり。

どうにも。
拘り過ぎだとは。
思うけれども。
それでも。
やはり、そこに求めてしまう。

感じて。
蠢いて。
思って。
それだからこそ。
あると。

そいつが。
完全に。
身体と。
無縁だとは。
思わないけれど。

やはり。
胸の奥にあるもの。
感じて。
鳴り響いて。
そいつこそが。

己の。
本性。
本質。
そう思われて。
しかたないのだけれど。

故に我あり。

何故。
振るえる。
何故。
震える。
感じているから。

何故。
鳴り響く。
何故。
揺れ動く。
感じているから。

何処が。
感じている。
何処で。
感じている。
そこにこそ。

何処が。
思っている。
何処で。
思っている。
そこにこそ。


胸の内で。
胸の奥で。
感じている。
思っている。
そこにこそ。

どうにも。
偏っている。
拘り過ぎている。
たとえ。
そうだとしても。

感じる。
思う。
動いてしまう。
心にこそ。
あるのだと。

我、感じる。
我、思う。
我、動いてしまう。
我、恋する。
我、恋してしまう。

故に我あり。



web拍手 by FC2

|

« 2017/01/14 Sat *さすれば道は開かれん / Wreckless Eric | トップページ | 2017/01/16 Mon *認めよう / The Motors »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/64772917

この記事へのトラックバック一覧です: 2017/01/15 Sun *故に我あり / The Police:

« 2017/01/14 Sat *さすれば道は開かれん / Wreckless Eric | トップページ | 2017/01/16 Mon *認めよう / The Motors »