« 2017/02/17 Fri *手探り / Faces | トップページ | 2017/02/19 Sun *揺るぎない、揺るがない / The Frankie Miller Band »

2017/02/18 Sat *土曜の夜、そいつは / Manfred Mann

20170218prettyflamingo


まったく。
何が。
どうだとか。
そんなわけでも。
ないのだが。

おそらく。
何が。
どうでも。
ないから。
なんだろうか。

焦れて。
醒めて。
また。
焦れて。
醒めて。

あぁ。
とどのつまりは。
いらつくぜ。
感じるぜ。
そう。そうなのだと。

どうにもならない。
ならば。
せめて。
夢ぐらいは。
見てやろうと。

夢の中で。
見つめて。
夢の中で。
見とれて。
淋しさを紛らせよう。

『Pretty Flamingo』'66年リリース。
マンフレッド・マンの米国での5枚目となるアルバム。
そしてポール・ジョーンズ在籍時では最後となったアルバム。
因みにポール脱退時に英国では2枚しかアルバムはリリースされていなくて。
米国での人気が高かったのか、米国ならではの粗製乱造に近い販売戦略だったのか。
おそらくは。その両方の理由によって枚数が増えていったのだろうなと。
何ともキュートなジャケット。このジャケットだけで十分に魅力的ですね。
そのアルバム・タイトルにもなっている「Pretty Flamingo」ですが。
髪も、腕も脚も長く。歩く姿も魅力的な、輝く瞳の女の娘を歌ったナンバーですが。
英国ではチャートの首位に輝いているのですが。米国では29位止まりで。
アルバムの目玉にしたわりには大ヒットには結びついていないのですよね。
なんでこんなキュートで、素敵なナンバーの魅力がわからないかなとも思いますが。
前述の大雑把な、大盤振る舞いの販売戦略が裏目に出たって面もあったのでしょうね。
その「Pretty Flamingo」に凝縮されているポップでキャッチーなところ。
それもマンフレッド・マンの大いなる魅力ではあるのですが。それだけではなくて。
元々がジャズを志向していたメンバーを中心に結成されただけに。
例えば「I Put A Spell On You」のカヴァーにしてもただ黒いだけでないと言うか。
ブルージーでありながら、ジャージーでもある。そのセンス、そのカッコ良さ。
それを聴かせてしまうメンバーの技量の確かさ。それもマンフレッド・マンの魅力なのです。
そして。ポップにも、ブルージー&ジャージーにも歌えてしまうポール。
どうしてもアイドル視されがちと言うか、アイドル的な側面が強調されがちなのですが。
そのヴォーカリストとしての実力のほどを改めて感じたりもします。
それにしても、それにつけても。「Pretty Flamingo」は本当にいいなぁ・・・

まったく。
何が。
どうだとか。
そんなわけでも。
ないのだが。

おそらく。
何が。
どうでも。
ないから。
なんだろうか。

焦がれて。
諦めて。
また。
焦がれて。
諦めて。

あぁ。
とどのつまりは。
いらつくぜ。
感じるぜ。
そう。そうなのだと。

どうにもならない。
ならば。
せめて。
夢ぐらいは。
見てやろうと。

夢の中で。
呼びかけて。
夢の中で。
振り向かせて。
淋しさを紛らせよう。

土曜の夜。
そいつは。
一人では。
あの娘なしでは。
淋しいぜと。

土曜の夜。
そいつは。
一人では。
あの娘といなくちゃ。
寂しいぜと。

焦れて。
焦がれて。
でも。
醒めて。
諦めて。

焦れて。
焦がれて。
醒めようとして。
諦めようとして。
でも。

ならば。
せめて。
夢ぐらいは。
見てやろうと。
夢の中。

揺れる髪。
長い脚。
その後ろ姿。
輝く瞳。
その笑顔。

土曜の夜。
そいつは。
キュートで。
素敵で。
魅力的な。

あの娘の。
夢でも見なくちゃ。
夢でも一緒にいなくちゃ。
淋しくて。
やり過ごせない、そんなものなのさ。



web拍手 by FC2

|

« 2017/02/17 Fri *手探り / Faces | トップページ | 2017/02/19 Sun *揺るぎない、揺るがない / The Frankie Miller Band »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/64919067

この記事へのトラックバック一覧です: 2017/02/18 Sat *土曜の夜、そいつは / Manfred Mann:

« 2017/02/17 Fri *手探り / Faces | トップページ | 2017/02/19 Sun *揺るぎない、揺るがない / The Frankie Miller Band »