« 2017/03/25 Sat *休んでも、苔むしても / Van Morrison | トップページ | 2017/03/27 Mon *街の喧噪の中で / Julie Driscoll/Brian Auger & The Trinity »

2017/03/26 Sun *仮初の / The Sensational Alex Harvey Band

20170326thepenthousetapesukorg


仮初の。
仮暮らし。
どうにも。
そいつに。
憧れる。

そう。
例えば。
崩れそうな。
ビルの屋上の。
塔屋に住み着いて。

街を。
見下ろしながら。
明日は。
この街を。
出ていくのだと思いながら。

昨日も。
今日も。
明日も。
塔屋から出かけて。
塔屋に帰る。

それでも。
いつも。
いつでも。
漂泊の思いを胸に。
未だ見ぬ何かを追い求めて。

昨日も。
今日も。
明日も。
雑踏の中を。
喧騒の中を生きている。

『The Penthouse Tapes』'76年リリース。
センセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンド(SAHB)の6thアルバム。
'50年代から活動していたグラスゴー出身の才人、アレックス・ハーヴェィ。
そのアレックスが同郷のハード・ロック・バンド、ティア・ガスと意気投合して。
合流して生まれたのがSAHBなのですが。アレックスと他のメンバーの年齢差が大きく。
日本風に言えば一回り以上アレックスが年長なのですね。これが絶妙なところで。
イニシアチブを握り、更には強力なバック・バンドを手に入れたアレックスの才気。
それが開花、爆発して。稀代のトリック・スターとしての存分に暴れ回っています。
このアルバムではその選曲が、アレックスの独特の個性が発揮されていて多彩なもので。
全10曲中、オリジナルは3曲で。残りはカバーとなっているのですが。それが。
トラッド、ブルース、ポップス、ハード・ロック、そして映画主題歌までと。
スキッフル、ブルース、そしてミュージカルにも出演していたアレックスならでは、ですが。
ここまでくると多彩と言うよりも、何でもありの、一見すると支離滅裂にも思えたりします。
なのです、が。その支離滅裂さもアレックスの手にかかると不思議な統一感が生まれてきて。
邦題『ペントハウスの大騒動』ではないですが。何だか陽気で賑やかで楽しそうだなと。
一緒に歌って、踊って、騒いでしまいたいなと思わされるところがSAHBの魅力なのです。
勿論、そんなアレックスのアイデアを具現化する凄腕のメンバーの存在があってこそで。
特にギターのザル・クレミンソンのリフ・メイカーとしての才能は特筆されるかなと。
それにしてもフレッド・アステアとジンジャー・ロジャースが歌ったナンバーを演奏して。
違和感なく聴かせてしまうロック・バンドと言うのもそう滅多にはないと思いますが。
ところで。このアルバムのタイトルですが。ボブ・ディランとザ・バンドの件のアルバム。
それに対抗してと言うか、それを皮肉ってつけたのですかね。地下室に対して屋上の塔屋。
真偽のほどはわかりませんが。如何にもアレックスらしいセンスかなとは思います。

仮初の。
仮暮らし。
どうにも。
そいつが。
憧れで。

そう。
いつか見た。
崩れそうな。
ビルの屋上の。
塔屋で蠢きながら。

街を。
見下ろす度に。
明日は。
この街を。
破壊してやるのだと思いながら。

昨日も。
今日も。
明日も。
塔屋に閉じこもって。
塔屋で空想にふける。

それでも。
いつも。
いつでも。
流浪の思いを胸に。
未だ知らぬ何かを追い求めて。

昨日も。
今日も。
明日も。
雑踏の中で。
猥雑を好んで生きている。

そうさ。
屋上でも。
地下でも。
ねぐらなど。
何処でもかまわない。

所詮。
そこは。
そいつは。
ひと時の。
仮の宿。

雑踏の中。
喧噪の中。
猥雑を好んで。
大騒ぎしながら。
生きていても。

昨日も。
今日も。
明日も。
漂泊の思い、消えず。
流浪の思い、絶えず。

住み慣れた街も。
この街も。
明日は。
出ていくのだと。
破壊してしまうのだと。

塔屋で。
地下室で。
胎動しながら。
蠢動しながら。
その時を待っている。

そうさ。
屋上でも。
地下でも。
そうでなくても。
何処でもかまわない。

仮初の。
仮暮らし。
どうにも。
そいつに。
憧れて止まないのだ。



web拍手 by FC2

|

« 2017/03/25 Sat *休んでも、苔むしても / Van Morrison | トップページ | 2017/03/27 Mon *街の喧噪の中で / Julie Driscoll/Brian Auger & The Trinity »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/65079291

この記事へのトラックバック一覧です: 2017/03/26 Sun *仮初の / The Sensational Alex Harvey Band:

« 2017/03/25 Sat *休んでも、苔むしても / Van Morrison | トップページ | 2017/03/27 Mon *街の喧噪の中で / Julie Driscoll/Brian Auger & The Trinity »