« 2017/03/26 Sun *仮初の / The Sensational Alex Harvey Band | トップページ | 2017/03/28 Tue *この夜も、あの夜も / 柳ジョージ&レイニー・ウッド »

2017/03/27 Mon *街の喧噪の中で / Julie Driscoll/Brian Auger & The Trinity

20170327streetnoise


静かになんて。
暮らせない。
ざわめきが。
喧騒がないと。
落ち着かない。

今日も。
何かが起きている。
何かが始まり。
何かが終わり。
何かが・・・

動き。
蠢き。
その気配が。
その匂いが。
目を覚ましてくれる。

変わらないものなど。
安定とか。
平静とか。
そんなものの中では。
落ち着いていられない。

優しさと。
冷たさは。
表裏一体。
無関心。
非寛容。

何も。
感じなくならない様に。
何も。
言えなくならない様に。
街の喧噪の中で生きている。

『Streetnoise』'69年リリース。
ジュリー・ドリスコールとブライアン・オーガー。
2人の素晴らしい才能が出会って生まれたトリニティの3rdアルバム。
4面それぞれにタイトルが冠された2枚組の大作となっています。
1stアルバムではドリスコールのヴォーカルをフューチャーしたナンバーと。
オーガーのオルガンをフューチャーしたナンバーと。別物として扱っていて。
その線引きにある種の意味を持たせているのかなと感じましたが。
このアルバムではほぼ全編に渡ってドリスコールのヴォーカルを聴くことができます。
その力強く、そしてソウルフルな歌声。そこに変幻自在に絡みつくオーガー。
ジャージーでありながら、やはりソウルフルであり歌心を感じさせるオルガンの響き。
そう。言わば。ドリスコールとオーガーのデュエットの様な感じを抱かせます。
ジャズ・ロック、ブルース・ロック、プログレッシヴ・ロック・・・
そんなジャンル分けなど無意味だと痛感させられる。自由にして完成度の高いアルバム。
(レコード屋さんでは大抵、プログレのコーナーでお目にかかることが殆どですけどね)
何でも僅か2週間で録音をしてしまったとのことで。その集中力のなせる業なのか。
ドアーズ、ローラ・ニーロ、フィフス・ディメンションからマイルス・デイヴィスまで。
そのあまりにも幅広いカバーと。オリジナルが何の違和感もなく同居、共存していて。
ドリスコールとオーガーによってジャンルを超越したトリニティのナンバーになっている。
その奇妙にして絶妙な、混然としている一体感。それこそがこのアルバムの魅力で。
あの時代ならではの、猥雑で騒然として。そして熱気に包まれた街の音になっています。
そこに感じられるのは、寛容、共感、そして共鳴、共振といった今は失われつつあるもの。
ドリスコールが、オーガーが感じていたものを。その残り香だけでも感じたくなるのです。
「The Flesh Failures」と改題(?)された「Let Sunshine In」など鳥肌もので。
特にドリスコールの歌声の素晴らしさ、その魅力には魅せられて止むことはありません。

大人しくなんて。
過ごせない。
ざわめきが。
騒動がないと。
実感が持てない。

今日も。
何かが生まれている。
何かが生を受け。
何かが生を終え。
何かが・・・

動き。
蠢き。
その空気が。
その流れが。
気を研いてくれる。

変わりようのないものなど。
大樹とか。
長いものとか。
そんなものと一緒では。
悪い夢でも見ている様で。

静けさと。
酷さは。
表裏一体。
無共感。
非共鳴。

何も。
受け容れられなくならない様に。
何も。
考えなくならない様に。
街の喧噪の中で生きている。

何かが起きている。
何かが始まり。
何かが終わり。
それは何なのか。
いつでも感じられる様に。

何かが生まれている。
何かが生を受け。
何かが生を終え。
それは何なのか。
いつでも受け容れられる様に。

安易な。
優しさに。
表層的な。
静けさに。
目を眩まされぬ様に。

大樹に。
依らず。
長いものに。
巻かれず。
独りを恐れずに。

動き。
蠢き。
その気配。その空気。
その匂い。その流れ。
それと共にあろう。

今日も。
寛容で。
共感して。
共鳴して。
共振して。

静かになんて。
暮らせない。
大人しくなんて。
過ごせない。
落ち着かない。実感が持てない。

感じられる様に。
受け容れられる様に。
言葉を。表現を失わぬ様に。
思考を。意思を失わぬ様に。
街の喧噪の中で生きている。



web拍手 by FC2

|

« 2017/03/26 Sun *仮初の / The Sensational Alex Harvey Band | トップページ | 2017/03/28 Tue *この夜も、あの夜も / 柳ジョージ&レイニー・ウッド »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/65083486

この記事へのトラックバック一覧です: 2017/03/27 Mon *街の喧噪の中で / Julie Driscoll/Brian Auger & The Trinity:

« 2017/03/26 Sun *仮初の / The Sensational Alex Harvey Band | トップページ | 2017/03/28 Tue *この夜も、あの夜も / 柳ジョージ&レイニー・ウッド »