« 2017/04/16 Sun *反動 / Magic Sam | トップページ | 2017/04/18 Tue *蒼白い炎 / John Lee Hooker »

2017/04/17 Mon この嵐 / T-Bone Walker

20170417stormymondayblues


沈む思い。
昇る思い。
その。鬩ぎ合い。
その。葛藤。
その。乱高下。

そいつが。
身に。
心に。
嵐を呼ぶ。
嵐に襲われる。

今日、一日。
否、朝だけでも。
やり過ごせれば。
乗り切れれば。
そう思ったところで。

知っている。
分かっている。
そう。
今日だけではないと。
明日も同じだろうと。

身が。
心が。
軋み。
呻き。
悲鳴を上げる。

この嵐は。
今日も。
明日も。
明後日も。
ここにあるのだと。

『Stormy Monday Blues』'67年リリース。
安直なのか、秀逸なのか。趣味がいいのか、悪いのか。
そんな微妙、絶妙なジャケットも印象的なT・ボーン・ウォーカーのアルバム。
録音場所とか、ウォーカー以外の参加メンバーとか。
クレジットが無いので正確なところは分かりかねるところもあるのですが。
そのファンキーなギターと歌声。'60年代後半のウォーカーのブルースです。
このファンクと言うか、ソウルへの接近が評価の別れるところで。
モダン・ブルースの父としてのウォーカーに固執すると、選外になるのかな。
まぁ、正直。あまり語られることのない時期のアルバムではあります。
ところが。これが悪くないのですよね。いや、かなりいいのではないかなと。
アルバム冒頭の「Stormy Monday Blues」のカッコ良さときたら、何とも言えなくて。
ファンキーなベースと女性コーラスに導かれて始まる大胆なアレンジが堪らなくて。
そうか。ストマンと言うのは。こんな風にも表現できるのかと。
これなら憂鬱な嵐の月曜日も、ご機嫌にやり過ごせる、乗り切れるなと感じられるのです。
ストマンの、そしてウォーカーの懐の深さ、咀嚼力の強さ。それを思い知らされます。
その乗りのまま、勢いのまま。あっという間に最後まで聴けてしまうアルバムです。
同時代のアルバート・キング、そして後のジェイムス・コットン・バンド。
そんな名前が脳裏に浮かぶ。そんなファンク・ブルースが堪能できるのです。
「T-Bone's Way」「Louisiana Bayou Drive」と言ったインストでの。
ウォーカーのギターと、オルガンの絡みなんかはMGズを思わされるところもあって。
その目配り、そのセンス。そこにもウォーカーの底力を感じたりもするかな。
その鋭さ故に、常に先端に、最前線にいることが出来たのだろうなと思わざるを得ないのですよね。

堕ちる思い。
浮かびの思い。
その。凌ぎ合い。
その。混沌。
その。目まぐるしさ。

そいつが。
身に。
心に。
嵐を引き起こす。
嵐を呼び起こす。

今日、一日。
否、朝だけでも。
やり過ごしてしまえば。
乗り切ってしまえば。
そう願ったところで。

知らされている。
つまされている。
そう。
今日だけでは終わらないと。
明日も続くのだと。

身が。
心が。
痛み。
疼き。
嗚咽が漏れる。

この嵐は。
今日も。
明日も。
明後日も。
去りはしないのだと。

そうさ。
何も。
月曜日だから。
その朝だから。
そんなわけはない。

そうさ。
月曜日の。
その朝の。
せいなのだと。
そう思いたいだけなのだ。

でも。
そんなことはないと。
そんなはずはないと。
知っている。
分かっている。

それだけ。
知らされてきた。
つまされてきた。
それを。
繰り返してきた。

身が、心が。
軋み、呻き。
悲鳴を上げる。
痛み、疼き。
嗚咽が漏れる。

この嵐は。
今日も。
明日も。
明後日も。
ここにあり。去りはしないのだ。

身が、心が。
嵐を呼ぶ、嵐に襲われる。
嵐を引き起こす、嵐を呼び起こす。
それならば。

この嵐と。
今日も。
明日も。
明後日も。
共に生きていく、それだけのこと・・・



web拍手 by FC2

|

« 2017/04/16 Sun *反動 / Magic Sam | トップページ | 2017/04/18 Tue *蒼白い炎 / John Lee Hooker »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/65170221

この記事へのトラックバック一覧です: 2017/04/17 Mon この嵐 / T-Bone Walker:

« 2017/04/16 Sun *反動 / Magic Sam | トップページ | 2017/04/18 Tue *蒼白い炎 / John Lee Hooker »