« 2017/04/26 Wed *時には悪魔のように / Mink Deville | トップページ | 2017/04/28 Fri *海賊の旗に憧れて / The Pirates »

2017/04/27 Thu *奇縁、宿縁、くされ縁 / Phantom, Rocker & Slick

20170427covergirl


奇縁。
宿縁。
くされ縁。
そんなものか。
どんなものか。

思えば。
偶然が。
幾つも。
重なり合って。
出会って。

そいつが。
始まりで。
そいつが。
今の今まで。
続いている。

あの日。
あの時の。
出会いの。
驚きは。
鮮明なまま。

今も。
まざまざと。
刻まれたままで。
思うだけで。
胸が震えるし。

だから。
時を経ても。
物理的な距離が変わっても。
思いは変わらず。
思いは果て無く。

『Cover Girl』'86年リリース。
ファントム、ロッカー&スリックの2枚目となるアルバム。
ストレイ・キャッツが活動停止状態となって。ブライアン・セッツアーはソロ活動。
ドラムスのスリム・ジム・ファントムとベースのリー・ロッカーは暇を持て余して(?)。
何故かデヴィッド・ボウイやジョン・レノンとの活動で知られるアール・スリックと合流。
そうして誕生したのが、ファントム、ロッカー&スリックでした。
ファントムやロッカーと、スリックの間には何の繋がりも縁もあるとは思えないのですが。
スリックはどちらかと言うとセッション・ミュージシャン的なところもあるので。
単なるお仕事かなと思いもするのですが、それにしては妙に馴染んでいるので。
まぁ、縁は奇なものと言うところなのでしょうか。意外とウマがあったのかもしれません。
1枚目のアルバムのジャケットでの3ショットなんて。その、やさぐれた感じがご機嫌で。
サウンドも、そのままに見事に息の合った、やさぐれたロックンロールでしたが。
このアルバムでも。それは何ら変わることはなくて。やさぐれたままなのですね。
もう、このお馬鹿なジャケットからして。なんともはやで。ご機嫌なのです。
確かMTVとかで。このアルバムからのナンバーのクリップも流れていましたが。
それも見事なくらいの、馬鹿馬鹿しさで、やさぐれていて。結局、そこに尽きるのですね。
もう、初期衝動のまま。そのまま。思いのまま。それだけのロックンロール。
だから、変わりようも無いし、変わる必要も無いし。それがいいのです。それだけです。
この時代特有の、軽くて安っぽい音色も。このバンドには合っている気もするし。
どんなきっかけでも。どんな縁でも。感じるものがあれば。それで生まれるものはあると。
もう再結成されることなどは無いとは思いますが。もし万が一にでも再結成されたら。
きっと。このアルバムと何ら変わらないロックンロールをやるだろうなと。それでいいのだと思います。

奇縁。
宿縁。
くされ縁。
そんなもでも。
どんなもでも。

思いもしない。
偶然も。
幾つも。
重なり合えば。
必然で。

そいつが。
連なって。
そいつに。
導かれるままに。
繋がっている。

あの日。
あの時の。
再会の。
喜びは。
鮮明なまま。

今も。
そのままに。
突き刺さったままで。
思うだけで。
胸が高鳴るし。

だから。
時が流れても。
物理的な距離がどうでも。
思いが変わる筈も無く。
思いが尽きることも無く。

遥か昔の。
あの日。
あの時。
その出会いは。

幾つもの。
偶然の。
その重なり。
その積み重ね。
その結果。

少し昔の。
あの日。
あの時。
その再会も。

幾つもの。
偶然の。
その重なり。
その積み重ね。
その結果。

奇縁。
宿縁。
くされ縁。
そんなものでも。
どんなものでも。

奇縁。
祝宴。
くされ縁。
それもまた。
必然。

それが。
運命なら。
そのままに。
変わらずに。
何も変わらずに。

何も変わらない。
何も変える必要がない。
そんな縁も。
それがいい。
それでいい。

少しだけ、前に進んでみたくもあるけれど・・・



web拍手 by FC2

|

« 2017/04/26 Wed *時には悪魔のように / Mink Deville | トップページ | 2017/04/28 Fri *海賊の旗に憧れて / The Pirates »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/65208256

この記事へのトラックバック一覧です: 2017/04/27 Thu *奇縁、宿縁、くされ縁 / Phantom, Rocker & Slick:

« 2017/04/26 Wed *時には悪魔のように / Mink Deville | トップページ | 2017/04/28 Fri *海賊の旗に憧れて / The Pirates »