« 2017/05/22 Mon *その境地を / Flower Travellin' Band | トップページ | 2017/05/24 Wed *閉ざされる自由 / カルメン・マキ&OZ »

2017/05/23 Tue *表でも裏でも / 内田裕也

20170523adogruns


表だろうと。
裏だろうと。
看板だろうと。
裏方だろうと。
変わらない。

求められるのなら。
例え。
限られた中でも。
やることをやる。
やれることはやる。

完成図など。
見えてはいなくても。
兎に角。
やり始める。
走り始める。

そう。
簡単ではない。
上手くいくものでもない。
そいつは。
覚悟の上。

どう考えても。
周囲には。
道程には。
味方は少なく。
敵はうようよ。

それでも。
求められるのなら。
これ幸いと。
やってしまうだけ。
走ってしまうだけ。

『A Dog Runs』'78年リリース。
内田裕也、ソロ名義としては初めてとなるアルバム。
日本ロック界のパイオニア、日本ロック界の首領、様々な二つ名がありますが。
ご本人も認めている様に、キャリアは長くてもヒット曲は無いと。
その実、ヒット曲どころか。ソロ名義のオリジナル・アルバムも2枚だけと。
その作品の少なさが、逆に内田裕也の何たるかを表しているのかもと。
実績も、実態も。何もないなどと揶揄されることも多いのですが。
ザ・タイガース、フラワー・トラベリン・バンド、キャロル、BORO等々。
数多くの人材を発掘し、世に出るきっかけを作った、世に出してきたのも事実です。
ナベプロとかミッキー・カーチスに攫われたりする事があったのも、らしいところで。
このアルバムに作品を提供している、参加している錚々たる顔ぶれの。
その豪華で、渋くて、凄味の効いているところ。そこに内田裕也の魅力があります。
ムッシュかまやつ、沢田研二、桑名正博、ジョニー大倉、内海利勝、近田春夫ときて。
ミッキー吉野、宇崎竜童・・・ジョニーはプロデュースとアレンジも担当しています。
(因みにジャケットやブックレットの写真はボブ・グルーエンの撮影によるものです)
さても豪華な神輿に乗ることのできるのは、乗る権利のあるのは内田裕也だけでしょう。
さて。どうにも歌に力が入ると自然にフラットしてしまうのが個性と言うか、癖と言うか。
決して歌が上手いとは言えない内田裕也。それはこのアルバムでも変わらないのですが。
それがジョニーのプロデュース、アレンジによる言わば、B級なロックンロール。
そいつにピッタリあって。何とも絶妙な乗りになっているのが面白くもご機嫌で。
その一方で「きめてやる今夜」「俺は最低な奴さ」等のバラードでは。その上ずった歌声が。
これまた絶妙な色気と凄味を感じさせて。歌が上手いだけでは決して出せないものがあり。
表でも裏でも。限られた中でも。走り続けてきた内田裕也ならではこそのロックンロールとなっているのです。

表だろうと。
裏だろうと。
神輿だろうと。
担ぎ手だろうと。
変わらない。

求められるのなら。
例え。
限られた道でも。
走るだけ走る。
走れる限り走る。

ゴールなど。
見えてはいなくても。
兎に角。
やり続ける
走り続ける。

そう。
単純ではない。
上手く転がるものでもない。
そいつは。
百も承知。

どう考えても。
前にも。
後ろにも。
味方は数えるほど。
敵は五万と満ちている。

それでも。
求められるのなら。
これを好機と。
やり続けてしまうだけ。
走り続けてしまうだけ。

そうさ。
俺の腕じゃ。
俺の頭じゃ。
やれることなど。
いけるとこなど。

限られている。
表でも。
裏でも。
どんなに。
足掻いたところで。

掌の上。
そこを。
走り回り。
転がされている。
そんなもの。

その上。
どいつも。
こいつも。
鵜の目鷹の目。
足を掬おうと虎視眈々。

それでも。
求められるのなら。
これ幸いと。
これを好機と。
やるだけ。走るだけ。

表でも。
裏でも。
担がれても。
担いでも。
限られた中で。

やれるだけ。
やるだけ。
走れるだけ。
走るだけ。
例え。堂々巡りだとしてもね。



web拍手 by FC2

|

« 2017/05/22 Mon *その境地を / Flower Travellin' Band | トップページ | 2017/05/24 Wed *閉ざされる自由 / カルメン・マキ&OZ »

005 Japanese」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/65319879

この記事へのトラックバック一覧です: 2017/05/23 Tue *表でも裏でも / 内田裕也:

« 2017/05/22 Mon *その境地を / Flower Travellin' Band | トップページ | 2017/05/24 Wed *閉ざされる自由 / カルメン・マキ&OZ »