« 2017/05/27 Sat *夢の行き先 / Memphis Slim | トップページ | 2017/05/29 Mon *月曜はダメよ / Fatts Domino »

2017/05/28 Sun *街が呼ぶ、人が呼ぶ / Jimmy Reed

20170528jimmyreedatsoulcity


街が呼ぶのか。
人が呼ぶのか。
それとも。
別の何かが。
呼んでいるのか。

なんとなく。
同じ空気を。
同じ匂いを。
漂わせている。
身に纏っている。

そんな。
輩が。
奴等が。
何処からともなく。
集っている。

そんな街がある。
そんな街の片隅で。
今夜も。
ひといきれ、雑踏。
その中で。

奏でられる。
歌われる。
そんなものに。
耳を傾ける。
身を任せる。

街の鼓動。
人の鼓動。
それが生み出すもの。
そいつが呼んでいるのか。
そいつに呼ばれているのか。

『Jimmy Reed At Soul City』'64年リリース。
ヴィー・ジェイの看板ブルース・マンだったジミー・リード。
その人気は絶大で。何枚ものアルバムを残していますが。
この印象的なジャケットのアルバムがヴィー・ジェイでのラスト・アルバム。
ジャケットには、ライヴとの文字があり。針を落とすとざわめきや拍手が聴こえますが。
ところが。どっこい。こいつは所謂、疑似ライヴ・アルバムだったりします。
昔はこの手のアルバムが多くて。リードも2枚だか3枚リリースしています。
流石に。この頃には人気にも陰りが射していて。それを憂いての戦略だったのか。
でもねぇ。直ぐにばれちゃうレベルなので。やらなければ良かったのではないかと。
目先を変えたかったのでしょうか。姑息で安易な感じは否めないのですよね。
尤も。リードはそんなレコード会社の思惑などには我、関せずとばかりに。
いつも通りの、リードならではの緩くてご機嫌なブルースを聴かせてくれています。
まぁ、総て同じと言えば同じ金太郎飴状態のリード節ですが。それがご機嫌なのですよね。
リードと(恐らく)エディ・テイラー。2人の絶妙なコンビネーションも相変わらずで。
その、いなたい、本当に他にはない緩く、そして心地よい独特の感覚、感触。
これが、多くの人々の何かを呼んだ、誘った、魅了した。だから人気を博したのでしょうね。
そう。下手な小細工などしなくても。リードは人々に愛され、街と共にあったのですよね。
言ってしまえば、リードのブルース、それはもうライヴ以外の何ものでもなかったと。
この秀逸なジャケットは、そんなリードのブルースの何たるかを捉えているかな。
すり減ってガム(?)が張りついた靴底と、使い古されたトランク。
街から街への旅暮らし。人の集まるとこへ出掛けて行って、歌い奏でるブルース・マン。
ブルースが聴こえてくるジャケット。これだけで手に入れる価値があるアルバム・・・なのかな。

街が呼ぶのか。
人が呼ぶのか。
それとも。
己の中の何かが。
求めているのか。

どうにも。
同じ空気を。
同じ匂いを。
好んでいる。
心に宿している。

そんな。
輩が。
奴等が。
互いに呼び合って。
群れている。

そんな街がある。
そんな街の一角で。
今夜も。
ざわめき、熱気。
その中で。

奏でてみる。
歌ってみる。
そんなものも。
受け止められる。
受け流される。

街の鼓動。
人の鼓動。
それが目覚めさせるもの。
そいつが呼んでいるのか。
そいつを求めているのか。

同じ空気。
同じ匂い。
漂わせ。
身に纏い。
ここにいる。

同じ空気。
同じ匂い。
好んで。
心に宿し。
ここにある。

そんな街で。
そんな街の片隅で。
そんな街の一角で。
ざわついている。
蠢いている。

ひといきれ。
雑踏。
ざわめき。
熱気。
その中で。

奏でられる。
歌われる。
生み出される。
そんなものに。
引き寄せられる。

街の鼓動。
人の鼓動。
それが目覚めさせるもの。
そいつを感じている。
そいつを求めている。

街が呼ぶ。
人が呼ぶ。
そして。
何よりも、誰よりも。
己が呼んでいる。



web拍手 by FC2

|

« 2017/05/27 Sat *夢の行き先 / Memphis Slim | トップページ | 2017/05/29 Mon *月曜はダメよ / Fatts Domino »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017/05/28 Sun *街が呼ぶ、人が呼ぶ / Jimmy Reed:

« 2017/05/27 Sat *夢の行き先 / Memphis Slim | トップページ | 2017/05/29 Mon *月曜はダメよ / Fatts Domino »