« 2017/06/01 Thu *燃え上がれるか、火がつけられるか / Bad Company | トップページ | 2017/06/03 Sat *そこにライヴが / The Rolling Stones »

2017/06/02 Fri *道程の入り口 / Van Morrison

20170602hardnosethehighway


楽あれば苦あり。
苦あれば楽あり。
どちらなのか。
どちらでもいいが。
苦なんてなければないで。

それに。
こしたことはない。
わざわざ買ってでる様な。
そんな。
価値などありはしない。

楽できるなら。
楽だけで。
済ませられるのなら。
それでいい。
それだけのことなのだ。

どうしても。
避けられない。
そんな時は。
苦を楽に変えてしまえばいい。
そんな闘いを楽しめばいい。

言うほど。
簡単ではないかもしれないが。
そんな心持ち。
それひとつで。
案外と変わるものもある。

ならばと。
楽を求める。
闘いの旅路の。
その道程の入り口について。
アクセルを踏み込んでみる。

『Hard Nose The Highway』'73年リリース。
何やら奇妙なジャケットも印象的なヴァン・モリソンのアルバム。
当時の邦題は『苦闘のハイウェイ』だったとか。う~ん。何ともね。
愛妻と離婚して。精神的には辛い時期を過ごしながら。
自宅には念願のスタジオを完成させ。信頼の置けるミュージシャン達を招集。
かのカレドニア・ソウル・オーケストラを結成し、レコーディングにライヴにと。
精力的な活動をみせた時期のアルバム。その精力の裏側には葛藤、苦闘があったと。
今から振り返ると、このアルバムと次作となる『It’s Too Late To Stop Now』での。
スタジオとライヴでの、ある意味で頂点を極めた成果に至る闘いも感じられて。
故に、その後のヴァンの振幅の大きくなる一連のアルバムも感じ方が変わるかなと。
さて。精神的な苦痛をも力に変えて、力になると信じて自らを奮い立たせて。
望んだ録音環境と、制作に対する自由を得て。その総てを注いだヴァンの熱き思い。
A面頭の「Snow In San Anselmo」でいきなりアクセルが思い切り踏み込まれていて。
『Astral Weeks』で挑んだことを、更に高度に推し進めようとしているかの様で。
ソウルに、ジャズに、クラッシクに。それらを緩急自在に操り融合させてしまったかと。
そんな真にプログレッシブと言えるサウンドを操りながら歌うヴァンは圧巻の一言です。
その圧倒的で、確かに届くヴァンの歌声の存在感。その素晴らしさは、もう。
それ以外のナンバーでもヴァンの歌声の素晴らしさは変わらないのですが。
サウンドは実に心地よいソウルなもので。腕達者なメンバーによる隙の無い演奏と共に。
歌い上げるヴァンも、実に気持ちが良さそうで。それ故に「Snow In San Anselmo」とは。
落差があるのも確かなのですが。何でも当初は2枚組にする予定もあったとのことで。
苦闘の証とも言える、プログッレシッヴな世界をアルバム1枚分出すことは控えたのかな。
そんな妥協もあったのかもしれませんが。それを差し引いても尚、素晴らしいのです。

楽あれば苦あり。
苦あれば楽あり。
そんなものだと。
誰が言ったかはしらないが。
苦なんてなければないで。

それに。
こしたことはない。
年齢になど関係なく買う様な。
それほどの。
価値などありはしない。

楽できるなら。
楽だけをして。
済むのであれば。
それがいい。
それだけのことなのだ。

どうしても。
やむを得ない。
そんな時は。
苦も楽の内に取り込んでしまう。
そんな闘いを楽しめばいい。

言うほど。
簡単ではないかもしれないが。
そんな心構え。
それひとつで。
存外に変わるものもある。

ならばと。
苦を取り込む。
闘いの旅路の。
その道程の入り口を通りながら。
アクセルを更に踏み込んでみる。

あれも。
これも。
それも。
些か。
手に余る。

あれは。
これは。
それは。
些か。
頭が追いつかない。

余るほど。
扱える。
握れる。
こいつを。
活かさない手はない。
楽しまない手はない。

追いつかないほど。
考えられる。
動かせる。
こいつを。
活かす頭はある。
楽しむ頭はある。

些かの。
試行錯誤。
紆余曲折。
それも。
また楽しいと。

そう。
思える。
感じられる。
度量があれば。
そう装えれば。

ならばと。
楽なものさ、と。
闘いの旅路の。
その道程の入り口を後にして
アクセルを思い切り踏み込んでみる。



web拍手 by FC2

|

« 2017/06/01 Thu *燃え上がれるか、火がつけられるか / Bad Company | トップページ | 2017/06/03 Sat *そこにライヴが / The Rolling Stones »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017/06/02 Fri *道程の入り口 / Van Morrison:

« 2017/06/01 Thu *燃え上がれるか、火がつけられるか / Bad Company | トップページ | 2017/06/03 Sat *そこにライヴが / The Rolling Stones »