« 2017/06/03 Sat *そこにライヴが / The Rolling Stones | トップページ | 2017/06/06 Tue *夢みる頃を / Traffic »

2017/06/05 Mon *もどかしい / Faces

20170605longplayerdef


どうにも。
こうにも。
その。
この。
あぁ、何と言うか。

悪くはない。
ぶれてもいない。
通じてはいる。
そいつは。
確かだと思うのだけど。

なにか。
噛み合わない。
どこか。
ずれている。
それが引っ掛かる。

もっと。
いけるはず。
できるはず。
そいつも。
確かだと思えるだけに。

あと少し。
もう少し。
踏み出せれば。
共振できれば。
もっと転がせる筈だと。

あぁ。
この感じ。
なんとも。
歯痒くて。
そう、もどかしいのだ。

『Long Player』'71年リリース。
なんとも愛すべき、フェイセスの2枚目となるアルバム。
レーベル面が見える特殊ジャケットでリリースされたのですが。
こんな、メンバーの後ろ姿を用いたジャケットも存在したのですね。
恐らくは。オリジナルのジャケットではどこのバンドかわからない・・・とか。
そんなことをレコード会社が考えたのかな。単なる再発盤の可能性もありますが。
さて。ラフで、ルーズで、そしてリリカルでもあって。そんな雑多さも魅力なフェイセス。
このアルバムにはライヴを含めて4種類の音源が収録されていて。
ストーンズ所有のモービル・ユニットを利用した録音もあり。塑像するに。
綿密な計画を立てての制作と言うよりは、いつでも思いついた時に録音して。
ある程度の量になったらアルバムでもリリースするかと。そんな緩い感じだったのではと。
そんな取り組み方、歩き方が。千鳥足のロックンロール・バンド、フェイセスらしいかなと。
真摯に歌うことを楽しんでいるロッド・スチュワートのヴォーカル。
決してテクニシャンではなく、ヘタウマとも言えるギターを陽気に聴かせるロン・ウッド。
そんな2人に、ロニー・レーン、イアン・マクレガン、ケニー・ジョーンズが絶妙に絡むと。
結構、スカスカなサウンドなのですが。その穴だらけ、間の多いところがご機嫌で。
フリーとはまた別なのですが。弾くばかり、埋めるばかりが能じゃないのだよと。
そんなロックンロールの事実、真実を教えてくれる、感じさせてくれるフェイセスなのです。
特にライヴの2曲「Maybe I'm Amazed」と「I Feel So Good」がその真骨頂かなと。
ライヴならではのグルーヴを遺憾なく発揮した、フェイセス流のロックンロール。
「恋することのもどかしさ」なる邦題でも知られる「Maybe I'm Amazed」なんて絶品で。
常に。ある意味では。いま一つ、あと一歩が足りない、もどかしいとも思えるフェイセス。
でも。その、もどかしさが残るところ。その塩梅が愛すべきものだったのだなと。そう感じるのです。

どうにも。
こうにも。
そこが。
ここが。
う~ん、何と言うか。

まずくはない。
間違ってもいない。
開きかけている。
そいつは。
確かだと思うのだけど。

なにか。
しっくりこない。
どうも。
腹落ちしない。
それが気に掛かる。

もっと。
いかなくては。
やらなくては。
そいつも。
確かだと思えるだけに。

あと少し。
もう少し。
飛び込めれば。
共感できれば。
きっと転がり始める筈だと。

あぁ。
この感じ。
痒いところに。
手が届かない。
そう、もどかしいのだ。

悪くはない。
まずくもない。
通じてはいる。
開きかけてもいる。
そいつは。確かなのだけど。

もっと。
あと少し。
もう少し。
いけるはず。できるはず。
そいつも。確かなので。

どうにも。
こうにも。
あぁ、何と言うか。
う~ん、何と言うか。
もどかしい。

なんとも。
歯痒くて。
痒いところに。
手が届かない。
もどかしい。

噛み合わない。
ずれている。
しっくりこない。
腹落ちしない。
もどかしい。

踏み出して。
共振を。
飛び込んで。
共感を。
転がせる様、始められる様。

焦らずに。
少し時間をかけて。
絶妙な塩梅の。
距離感をみつけて。
それからだと思いつつも。

もどかしい。



web拍手 by FC2

|

« 2017/06/03 Sat *そこにライヴが / The Rolling Stones | トップページ | 2017/06/06 Tue *夢みる頃を / Traffic »

001 British Rock」カテゴリの記事

010 Faces」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017/06/05 Mon *もどかしい / Faces:

« 2017/06/03 Sat *そこにライヴが / The Rolling Stones | トップページ | 2017/06/06 Tue *夢みる頃を / Traffic »