« 2017/06/11 Sun *飄々と虎視眈々 / Grin | トップページ | 2017/06/13 Tue *あぁ、もう / Carla Thomas »

2017/06/12 Mon *その間、そのすき間 / The Isley Brothers

20170612betweenthesheets


その間に。
そのすき間に。
埋もれて。
隠れて。
溺れて。

そのままで。
そのままに。
過ごせたら。
どんなに。
幸せだろうかと。

そんな思いに。
囚われたら。
捕えられたら。
動けない。
動きたくない。

もう。
何も考えず。
もう。
何もかも忘れて。
そうしてしまいたい。

被って。
包まって。
握りしめて。
しがみついて。
遮断して。

朝の訪れを。
月曜日とやらが。
起こしに来るのを。
拒んで。
その間に。そのすき間に。

『Between The Sheets』'83年リリース。
『シルクの似合う夜』なんて邦題が冠されていたアイズレー・ブラザーズのアルバム。
Tネック・レーベルでの、そして所謂3+3体制での最後となったアルバム。
この、何ともすいたらしいと言うか、エロティックなジャケットが象徴する様に。
熱い、熱いファンキーなナンバーを売りにしてきたアイズレー・ブラザーズですが。
このアルバムの前、何枚かは商業的には苦戦をしいられていたとのことで。
大胆にも、何とも、思いっきりメロウなブラコン路線へと舵を切ってみせたと。
その熱さはそのままの、蕩ける様に甘く、そしてエロティックなサウンドと歌声が受けて。
タイトル・ナンバー「Between The Sheets」共々アルバムも大ヒットを記録したのでした。
その「Between The Sheets」はメロウなイズレー・ブラザーズを代表するナンバーで。
身も心も預けて、癒されながらそのまま、蕩けてしまいたくなる、そんな甘さが堪りません。
'90年代以降、やたらとサンプリングされているので。誰でも一度は耳にしているかと。
それによって。どうにも安っぽいイメージが付いてしまったのは否めないところですが。
(だから、サンプリングとかはね。安易と言うか、ろくでもないと言うか・・・)
アイズレー・ブラザーズによるオリジナルの素晴らしさは、だからこそ再認識されるべきで。
ただ甘いだけでなく。ここまでの心地よさを生み出せるその根本にあるもの。
長いキャリアに裏打ちされた足腰の強さ。どんなグルーヴも生み出せる精神の柔軟さ。
だからこそ。筋金入りのエロスを感じさせることが出来るのだと、そこが肝なのですよね。
この時代ならではの、薄っぺらなシンセ・サウンドが興を削ぐ瞬間もあったりするのですが。
熱く、そして芯の通った強いギターが聴こえてくると。それをも忘れさせるものもあって。
そこを見誤ると、聴き逃すと。ただ甘いだけ、流行りに乗っただけとの勘違いを生むかも。
まぁ、確かに。その甘さの中で、間で。蕩けたまま眠っていたい誘惑に駆られはしますが。

その間に。
そのすき間に。
埋もれて。
隠れて。
溺れて。

そのままで。
そのままに。
過ごせたら。
どんなに。
幸せだろうかと。

そんな思いに。
囚われたら。
捕えられたら。
動けない。
動きたくない。

もう。
何も考えず。
もう。
何もかも忘れて。
そうしてしまいたい。

被って。
包まって。
握りしめて。
しがみついて。
遮断して。

朝の訪れを。
月曜日とやらが。
起こしに来るのを。
拒んで。
その間に。そのすき間に。

その。
甘美で。
淫靡な。
世界から。
離れたくなどない。

その。
優雅で。
隠微な。
時間から。
離れたくなどない。

そのままで。
そのままに。
埋もれて。
隠れて。
溺れて。

そのままで。
そのままに。
囚われて。
捕らえられて。
虜になって。

何も考えず。
何もかも忘れて。
被って。
包まって。
握りしめて。

何も考えず。
何もかも忘れて。
遮断して。
拒んで。
閉じこもって。

朝など。
月曜日の朝など。
無視して。
その間に。そのすき間に。
立てこもっていたいのだ。

月曜日の朝など来なければいいのにさ(笑)。



web拍手 by FC2

|

« 2017/06/11 Sun *飄々と虎視眈々 / Grin | トップページ | 2017/06/13 Tue *あぁ、もう / Carla Thomas »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/65408043

この記事へのトラックバック一覧です: 2017/06/12 Mon *その間、そのすき間 / The Isley Brothers:

« 2017/06/11 Sun *飄々と虎視眈々 / Grin | トップページ | 2017/06/13 Tue *あぁ、もう / Carla Thomas »