« 2017/06/12 Mon *その間、そのすき間 / The Isley Brothers | トップページ | 2017/06/14 Wed *恋をしましょう、恋をして / Wilson Pickett »

2017/06/13 Tue *あぁ、もう / Carla Thomas

20170613thebestofcarlathomas


あぁ。
もう。
なんで。
こんなに。
こんなにも。

幼いと言うか。
拙いと言うか。
子供じゃあるまいし。
もう少し。
何とかならないかと。

素直と言えば。
素直。
単純だと言えば。
単純。
それが過ぎはしないかと。

大人だろうと。
総てを。
知れとか。
総てを。
理解しろとも。

そんなことは。
言いはしない。
求めもしない。
けれども。
少しはそこのところは。

まぁ。
一から。
噛んで含める。
そのこと自体は。
嫌いだとは言わないけれど。

『The Best Of Carla Thomas』'69年リリース。
スタックスのアイドル、歌姫、カーラ・トーマスの編集アルバム。
ヒットした「Gee Whiz」「B-A-B-Y」にオーティス・レディングとのデュエットまで。
スタックスに残されたカーラの代表曲が14曲選ばれて収められています。
ご存知の様に、あのルーファス・トーマスの娘であるカーラ。
そのキュートなルックスはルーファスとは・・・まぁ、それは置いておくとして。
その歌声も実にキュートで可愛らしくて。デビューした頃は学生だったのかな。
初心な恋のときめきを歌った「Gee Whiz」とか、呼びかける様も愛しい「B-A-B-Y」とか。
この辺りのナンバーにその魅力が一番よく表れているかなとも思われます。
「Gee Whiz」ってのは、あぁ、とか。もう、とか。そんな意味合いの感嘆詞だそうで。
恋の喜び、胸のときめき。そんなものを素直に歌にしたのだろうなと。
このナンバーはカーラの手によるオリジナルで。その才気も感じることができます。
キャリアを重ねるにつれて。ムーディーなスロー・バラードなども歌っているのですが。
流石だなとは思わせる反面、どこか成熟し切れていない感じが残っていたりもして。
やはり、ソウル・クイーンと言うよりは。アイドル、歌姫のイメージが強いかな。
確か、'70年代半ばには学業の道に戻って。その後に法律関係に進んだとかなので。
その。ある意味で素人っぽさが残っているところ。それがカーラの個性、魅力かなとも。
まぁ、最初はルーファスとのデュエットでデビューしているカーラですからね。
恐らくは、親娘デュオを売りにしたかったルーファスによる強引な勧誘だったのかも。
だから。どこかお父さんにお付き合いしている、仕方ないなぁみたいなところもあったかと。
でもね。「Gee Whiz」って言うのは初期のスタックスを支えた大ヒット曲ですからね。
わからないと言うか。カーラにはそれだけの魅力と才能があったと言うことなのですよね。

あぁ。
もう。
なんで。
こんなこと。
こんなことも。

幼稚と言うか。
稚拙と言うか。
大人なのだから。
もう少し。
何とかしましょうよと。

わかりやすいと言えば。
わかりやすい。
見え見えと言えば。
見え見え。
それが過ぎはしないかと。

大人なのだから。
総てを。
耐えろとか。
総てを。
譲れとも。

そんなことは。
飲まなくていい。
強いるつもりもない。
けれども。
少しはそこのところは。

まぁ。
殆ど。
仮名にカナ振る。
そのこと自体は。
嫌いだとは言わないけれど。

しかし。
どうして。
こうも。
幼いと言うか。
拙いと言うか。

物事は。
そうは。
簡単でも。
単純でも。
無くて。

総てが。
思いのままに。
ならない。
進まない。
そんなもので。

だから。
押してみるとか。
引いてみるとか。
飲んでみるとか。
譲ってみるとか。

そんな。
駆け引き。
根回し。
配慮。
調整が必要なのだと。

素直で。
わかりやすくて。
それは。
それでいいけれど。
限度、塩梅、落としどころがあるだろうと。

あぁ。
もう。
なんで。
こんなに。
こんなにも。

子供で。
子供だらけで。
だから。
亀の甲より年の劫。
そいつが生きるのではあるけれど。

あぁ。もう(笑)。



web拍手 by FC2

|

« 2017/06/12 Mon *その間、そのすき間 / The Isley Brothers | トップページ | 2017/06/14 Wed *恋をしましょう、恋をして / Wilson Pickett »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/65413669

この記事へのトラックバック一覧です: 2017/06/13 Tue *あぁ、もう / Carla Thomas:

« 2017/06/12 Mon *その間、そのすき間 / The Isley Brothers | トップページ | 2017/06/14 Wed *恋をしましょう、恋をして / Wilson Pickett »