« 2017/06/18 Sun *今がその時 / Status Quo | トップページ | 2017/06/20 Tue *取り敢えずダンス / Marc Bolan »

2017/06/19 Mon *渦中こそが / The Sensational Alex Harvey Band

20170619sahbstoriesukorg


物語には。
始まりがあれば。
終わりもある。
まぁ。
そんなところで。

終わりがあるから。
いいのか。
そうでないのか。
そこは意見が分かれるところ。
そうかもしれないが。

いま。
一つの物語が。
終わろうとしている。
それは確かなことで。
それを否定しようとも思わない。

寧ろ。
新しい物語を。
語り始めようとする。
書き始めようとする。
その背中を押したい気分ではあるけれど。

いま。
この時は。
暫し。
あの頃に戻って。
あの頃の物語を振り返ってみよう。

物語には。
始まりがあれば。
終わりもある。
そして。
その間、渦中こそが面白い。

『SAHB Stories』'76年リリース。
センセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンド(SAHB)の7枚目のアルバム。
オリジナル・アルバムとしては6枚目となるのかな。
確か、この年には2枚のオリジナル・アルバムをリリースしていて。その2枚目。
このアルバムのリリース後にアレックスが体調を崩して一時離脱。鬼の居ぬ間にと?
残りのメンバーで『Without Alex』なる洒落のきついアルバムをリリースしているので。
結果として第一期SAHBとしての集大成的な位置に置かれることにもなったかなと。
そう考えると意味深なアルバム・タイトルですが。どこまで意図していたかは不明かな。
ティア・ガスなる、ブリティッシュ・ハード・ロック・バンドに。
稀代のトリック・スター、アレックス・ハーヴェィが合流して生まれたSAHBですが。
兎に角。アレックスはキャリアも長い上に。その嗜好性も実に幅広くて。
スキッフルやブルース。更には俳優としてのキャリアもあって。その何でもありの劇場性。
それがSAHBの個性で。それを裏打ちしていたのが元ティア・ガスの面々の高い技量で。
特にギタリストの、ザル・クレミンソンの硬質な音質によるリフがカッコいいのですが。
そんなザルに対抗意識を燃やしたのか。このアルバムではキーボードを重用していて。
しかもシンセサイザーではない、エレピなサウンドが今までとは異なる印象を与えるかな。
曲調もミドル・テンポなナンバーが多くて。朗々と歌い上げるアレックスにはお似合いかと。
その一方で。ザルによるナンバーはいつにも増して硬質なロックであったりするとろ。
その異なる個性の対比が、SAHBの物語をドラマティックに盛り上げてきたのですが。
その対比もあまりにも明確になり過ぎると。物語の方向性も、結末も変わってしまう。
そう考えると。次作でのアレックスの欠席が惜しかった、痛かったなと。
ここまでの物語を振り返る時間があった上で、次のアルバムを制作出来ていれば。
このアルバムの世界、物語を新たに展開させた形での、第二期SAHBもあったかなと。
まぁ、そうそう。予想通りの展開には収まらないから、物語と言うのは面白いとも言えるのですけどね。

始まった。
物語には。
終わりがやってくる。
まぁ。
そんなものだから。

終わってくれるから。
いいのか。
そうでないのか。
そこは趣味が分かれるところ。
そうかもしれないが。

いまも。
一つの物語が。
終わりを迎えようとしている。
それは確かなことで。
それに抵抗しようとも思わない。

寧ろ。
新しい物語を。
語り始めることを決めた。
書き始めることに決めた。
その背中に拍手を送りたい気分ではあるけれど。

そう。
この時は。
暫し。
あの頃を振り返って。
あの頃の物語を語り合ってみよう。

始まった。
物語には。
終わりがやってくる。
そして。
そこに至る、渦中こそが面白い。

物語の。
始まりの。
その。
きっかけは。
何であったのか。

その。
きっかけも。
実のところ。
それぞれに。
それぞれで。

粗筋も。
章立ても。
起承転結の。
書き方も。
収め方も。

異なっていながら。
時に重なり。
時に寄り添い。
時に距離を置き。
紡ぎ合っていく。

展開にも。
得手不得手。
文体にも。
得手不得手。
補いあいながら。

始まった。
物語を。
転がして。
渦の中へと。
飛び込み、引き寄せ。

方向性を。
模索しながら。
結末を。
想像しながら。
もがき、苦しみ、それを楽しみ。

そうだね。
第一章は終わったかも知れないが。
続きはありそうで。渦中にはいるようで。
やっぱり渦中こそが。
それこそが面白い。



web拍手 by FC2

|

« 2017/06/18 Sun *今がその時 / Status Quo | トップページ | 2017/06/20 Tue *取り敢えずダンス / Marc Bolan »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017/06/19 Mon *渦中こそが / The Sensational Alex Harvey Band:

« 2017/06/18 Sun *今がその時 / Status Quo | トップページ | 2017/06/20 Tue *取り敢えずダンス / Marc Bolan »