« 2017/07/24 Mon *異郷にて / Various Artists | トップページ | 2017/07/26 Wed *常に、常で / Darrell Banks »

2017/07/25 Tue *また始まる / Ester Phillips

20170725burnin


また。
始まる。
そして。
ここも。
燃えている。

灼熱の。
煉獄。
そいつから。
逃れる術など。
ありはしないらしい。

ならば。
腹を決めて。
灼熱の。
煉獄に。
飛び込んで。

燃えて。
燃えて。
内部から。
焦げるまで。
燃やし尽くしてしまおう。

毒は。
毒を以て。
ならば。
熱は。
熱を以て。

また。
始まる。
そして。
また。
燃え上がる。

『Burnin'』'70年リリース。
エスター・フィリップスのライヴ・アルバム。
アルバム・タイトルに偽り無しの熱いエスターの歌声。
それを支え、盛り立てる凄腕のミュージシャン達。
キング・カーティス、コーネル・デュプリー、リチャード・ティー、チャック・レイニー・・・
当時のアトランティック・ソウルの数々の名盤を創り上げた黄金のメンバー。
カーティスはアレンジ、そしてプロデュースと総監督として活躍しています。
(尤も。ホーン・セクションそのものはスタジオでのオーバー・ダビングの様ですが)
ジョニー・オーティスに見初められて天才少女シンガーとしてデビュー。
リトル・エスターとして活躍するも薬物中毒などで低迷して。
アトランティックへ移籍して復活を遂げたと。そんな時期のライヴですからね。
エスターの歌声にも力が入り、それこそ熱く、熱く燃え上がらんばかりだったりします。
ソウル、ジャズ、ブルースと。ジャンルやカテゴリーを超越した歌声を聴かせるエスター。
そして、それを支える、多彩でありながら統一感のあるサウンドを聴かせるメンバー。
その一体となった様、そこに熱いアトランティック・ソウルの全盛期を感じます。
エスターの歌声には少し癖があり。時に、がなっている様に感じられる瞬間もあるのですが。
その力業の様にも思える熱い歌声を、客席に熱さはそのままにスムーズに届かせる。
そんな凄技をさり気なくやってしまうカーティスやデュプリーの力量もあって。
全体としては落ち着いた感も与えながら。ここぞで、その熱さが、それこそ燃え上がり。
恐らくはそう広くはない客席を、そしてスピーカーの前の聴く者をも共に燃え上がらせる。
数あるソウルのライヴ・アルバムの中でも極上の一枚であると思います。
一度は地獄を見たエスター。その再びの始まりを記したアルバムでもあります。

また。
始まる。
そして。
やはり。
燃えている。

灼熱の。
煉獄。
そこから。
逃れる道など。
探せそうもない。

ならば。
腰を据えて。
灼熱の。
煉獄に。
居続けを決めて。

燃えて。
燃えて。
内部から。
崩れ落ちるまで。
燃やし尽くしてしまおう。

毒を。
食うなら。
ならば。
熱に。
中てられるなら。

また。
始まる。
そして。
やはり。
燃え上がる。

また。
始まる。
そう。
また。
戻ってくる。

また。
始まる。
そう。
いつもが。
始まる。

逃れる術も。
逃れる道も。
ありはしないらしい。
さがせそうもない。
ならば。

また。
始まる。
いつもの。
灼熱の。
煉獄。

そいつに。
こちらから。
飛び込んで。
ここぞと。
居続けて。

燃えて。
燃えて。
焦げるまで。
崩れ落ちるまで。
燃やし尽くしてしまおう。

また。
始まる。
いつもが。
始まる。
そいつを、燃やし尽くしてしまおう。



web拍手 by FC2

|

« 2017/07/24 Mon *異郷にて / Various Artists | トップページ | 2017/07/26 Wed *常に、常で / Darrell Banks »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/65584807

この記事へのトラックバック一覧です: 2017/07/25 Tue *また始まる / Ester Phillips:

« 2017/07/24 Mon *異郷にて / Various Artists | トップページ | 2017/07/26 Wed *常に、常で / Darrell Banks »