« 2017/07/25 Tue *また始まる / Ester Phillips | トップページ | 2017/07/27 Thu *好きなもの / Robert Palmer »

2017/07/26 Wed *常に、常で / Darrell Banks

20170726heretostay


徒に。
揺れることなく。
ぶれることなく。
乱れることなく。
常にあること。

時の流れ。
人の流れ。
同じ様でいて。
止まらず。
変わりゆく。

その中に。
身を置いて。
心を浮かべて。
揉まれながら。
洗われながら。

揺れることも。
ぶれることも。
乱れることも。
たまさかには。
あったとしても。

いつでも。
どこでも。
変わらないもの。
変わってはならないもの。
そんなものがある。

ここに。
身の芯に。
心の底に。
そんなものが。
常にあること。

『Here To Stay』'69年リリース。
ノーザン・ソウル・シンガー、ダレル・バンクス。
その2枚目にしてスタックス傘下ヴォルトでの初めてのアルバム。
そしてその生涯において最後となってしまったアルバム。
ニュー・ヨーク出身で、デトロイトで活動を始めたダレルです。
ディープで、貫禄すら感じさせる歌声の持ち主であり。
その一方でノリの良さもある。そんな懐深く、幅広い魅力のあるダレル。
1作目ではモータウンを意識したかのアップテンポなナンバーのノリの良さ。
それがやや前面に出ていましたが。このアルバムではミディアムからスローにおける。
繊細で、丁寧に歌い上げる。そのディープで貫禄、そして熱さのある歌声の魅力。
そちらに力を入れている感じもあって。録音はデトロイト、そしてメンフィスでも。
それもあってか、ノーザン・ソウルの範疇に止まらず、サザン・ソウルのテイストもあって。
ヴォルトからのリリースと言うこともあって、そうオーティス・レディングの後継者。
その座を巡るレースにダレルも名乗りを上げたのではないかと思える感じもあって。
また、それに相応しい歌声を聴かせてくれている、そんなアルバムとなっています。
残念ながらこのアルバムの翌年、サム・クック同様に謎の多い非業の最期を迎えてしまい。
その事が、実に惜しまれてならない。それほどの魅力がこのアルバムにはあるのです。
ヴォルトでの2枚目のアルバムの制作に着手していて。録音も始まっていて。
スティーヴ・クロッパーが制作にあたっていたと言うのですから、尚更です。
ニュー・ヨーク、デトロイト、メンフィス。流離ながらも魅力溢れる歌声を聴かせてくれた。
そんなダレルの芯には、底には。繊細に丁寧に向き合う姿勢があったのだろうと。
そんな姿勢、思いと常に共にあったダレル。その歌声はいつまでも自分の傍らにあるのです。

安易に。
揺れることなく。
ぶれることなく。
乱れることなく。
常であること。

時のあり様
人のあり様。
変わらぬ様でいて。
絶えず。
移りゆく。

その中に。
身を呈して。
心を晒して。
巻き込まれて。
弾かれて。

揺れそうに。
ぶれそうに。
乱れそうに。
なることが。
あったとしても。

いつでも。
どこでも。
変わらないもの。
変えられはしないもの。
そんなものがある。

ここに。
身の芯に。
心の底に。
そんなものと。
常であること。

変わるものもある。
変わらなければならないものもある。
それを。
受け容れなければならない。
そんな時もある。

時は。
人は。
こちらとは関係なく。
流れていく。
様変わりしていく。

その中に。
身を置いて。
心を浮かべて。
身を挺して。
心を晒して。

揺れそうに。
ぶれそうに。
乱れそうに。
なることも。
あるのだと。

揺れることも。
ぶれることも。
乱れることも。
たまさかには。
あるのだと。

それでも。
悪戯には。
安易には。
変わらないのだと。
変わりはしないのだと。

そう。
そこに。
確かなものが。
常にあれば。
常であれば。

何も慌てることなどありはしない。



web拍手 by FC2

|

« 2017/07/25 Tue *また始まる / Ester Phillips | トップページ | 2017/07/27 Thu *好きなもの / Robert Palmer »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/65588292

この記事へのトラックバック一覧です: 2017/07/26 Wed *常に、常で / Darrell Banks:

« 2017/07/25 Tue *また始まる / Ester Phillips | トップページ | 2017/07/27 Thu *好きなもの / Robert Palmer »