« 2017/08/25 Fri *空気の中へ / Chicken Shack | トップページ | 2017/08/29 Tue *全面降伏 / Margie Joseph »

2017/08/28 Mon *初めての / Betty Wright

20170828myfirsttimearound


初めての。
気分。
そいつは。
何とも。
言えなくて。

驚きと。
喜びと。
そいつが。
綯い交ぜに。
訪れる様なもので。

そんな。
気分と言うのは。
幾つになっても。
不思議と。
嬉しくもあって。

未だ。
新鮮な。
気分を。
思いを。
感じられるのだと。

そんな機会が。
残っている。
訪れる。
世界の広さに。
感謝したくもなる。

例え。
そいつが。
他の誰かからしたら。
既知のことで。
些細なことだとしてもね。

『My First Time Around』'68年リリース。
マイアミ・ソウルの女王、ベティ・ライトの1stアルバム。
何と13歳~14歳にかけての録音だとか。女王は早熟だったのですね。
一説では12歳の時にレコード屋さんで歌を口ずさんでいたところをスカウトされたとか。
それで早速レコード契約を得て。ヒットも出て。アルバム制作とトントン拍子に。
その歌声。後年に比べれば勿論若さを感じはさせるものの。既に情感たっぷりで。
とてもじゃないけれど。これが初体験の小娘とは思えないのですよね・・・
どんな育ち方、どんな気分や体験をしてきたらこうなるのかと。興味深いのですが。
まぁ、3歳から教会で歌っていたとの話もあるので。その環境が大きかったのかなと。
後はもう、天賦の才に恵まれていたのだろうなと。勿論、努力もしていると思いますが。
所属していたアルストンなるレーベルがアトコの傘下であったこともあって。
特にこのアルバムではマイアミ・ソウルと言うよりもサザン・ソウルに近い感じかな。
そのディープなサウンドに些かも負けていない、互角以上に渡り合っているところ。
くどいですけど。13歳~14歳の歌声ですからね。凄いな、素晴らしいなと。
歌声に説得力があり、そして存在感があるのですよね。そして何と言うか。
歌うことに対する喜びみたいなものを強く感じるのですよね。実に生き生きとしていて。
そこには年相応の若さを感じもしますが。そうだな、スカウトされて。業界に飛び込んで。
レコーディングを経験してと。そんな初めての体験を喜び、楽しんでいると。
その様が手に取る様に感じられる躍動感も漲っているアルバムなのですね。
ベティは結局10代の内に3枚のアルバムを残しているのかな。そこまでで完成と言うか。
既に貫禄十分で。その後は言わば高め安定みたいな感じもあったりするので。
尚更、このアルバムでの早熟振り、その驚き。そんなところに惹かれたりもするのです。

初めての。
体験。
そいつも。
何とも。
言えなくて。

驚きと。
喜びと。
そいつが。
糾えるが如く。
現れる様なもので。

そんな。
体験と言うのは。
幾つになっても。
不思議と。
楽しくもあって。

未だ。
新鮮な。
体験を。
震えを。
感じられるのだと。

そんな機会が。
顔を出し。
巡ってくる。
世界の深さに。
感謝したくもなる。

例え。
そいつが。
他の誰かにとっては。
やりつくしたことで。
当然のことだとしてもね。

何でも。
何事も。
感じてみなければ。
やってみなければ。
わからない。

何でも。
何事も。
感じるほどに。
やるほどに。
わかってくる。

そんな。
何かが。
何事かが。
未だ。
残っている。

そんな。
何かに。
何事かに。
未だ。
出会える。

そいつは。
不思議と。
否、当たり前に。
嬉しくもあって。
楽しくもあって。

今更だろうが。
遅かろうが。
そんなことは。
そんなこととは。
関係なくて。

初めての。
気分。
体験。
それは幾つになっても。
胸躍るものなのだ。



web拍手 by FC2

|

« 2017/08/25 Fri *空気の中へ / Chicken Shack | トップページ | 2017/08/29 Tue *全面降伏 / Margie Joseph »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/65723492

この記事へのトラックバック一覧です: 2017/08/28 Mon *初めての / Betty Wright:

« 2017/08/25 Fri *空気の中へ / Chicken Shack | トップページ | 2017/08/29 Tue *全面降伏 / Margie Joseph »