« 2017/09/18 Mon *残照 / Gene Clark | トップページ | 2017/09/20 Wed *憧れながらも / John Kay »

2017/09/19 Tue *不器用さも / Tony Joe White

20170919tonyjoe


ぶっきらぼうで。
素知らぬ振りで。
そのくせ。
時には。
暑苦しいほど熱くもあって。

そんな。
不器用さも。
優しさの裏返し。
そんなことは。
わかってはいるが。

わかりづらいなと。
面倒くさいなと。
もっと。
素直に振る舞ってくれればと。
思いもするが。

それが。
できるのなら。
許せるのなら。
とうの昔に。
そうしているのだろうと。

わかりやすい。
否、過ぎる。
そんなものが鼻につく。
小ぎれいな。
薄っぺらな優しさもどき。

そんなものが。
跋扈する世の中だから。
ぶっきらぼうで。
暑苦しいほど熱い。
そんな不器用さもあっていい。

『Tony Joe』'70年リリース。
スワンプ・ロッカー、トニー・ジョー・ホワイトの3rdアルバム。
ジャケットに写るその風貌、そのままに。
数多いスワンプ・ロッカーの中でも一際、男臭く、汗臭く、暑苦しい。
そんな熱風と砂塵を纏ったが如くのトニー・ジョーの魅力が炸裂しています。
録音にはマッスル・ショールズの凄腕ミュージシャンが集っていて。
恐らくはセッションを行った時期で、大きく二つのバンドに分かれているのかな。
そのどちらもが。そのリズムの響き、オルガンの響き。何ともスワンプなのです。
否、スワンプと言うか。これはもうサザン・ソウルなのかもしれないなと。
要は、もしこのアルバムの主が黒人だったらソウルにカテゴライズされているだろうと。
トニー・ジョーがたまたま白人だったから。ロックにカテゴライズされただけ。
それくらいに。そのサウンドも、そしてその歌声も。カテゴライズなどものともしない。
そんな普遍的な、暑苦しく、そして熱い。そんな、むさ苦しいカッコ良さの美学があると。
特に、それを意識させられるのがB面に収められているカヴァーの数々で。
オーティス・レディングの「Hard To Handle」もあれば。
ジョン・リー・フッカーの「Boom Boom」もあって。そのどちらも。まるで、そう。
トニー・ジョーのオリジナルかと思わされるほどに血肉と化している様が見事なのです。
「Hard To Handle」冒頭の掛け声なんて、もう何ともソウルフルとしか言いようが無く。
歌いながら、バンドを、リズムを支配していく様はジェームス・ブラウンを彷彿とさせて。
「Boom Boom」における一際熱量の高いドス黒さは、もう本当にブルース・マンで。
それらはトニー・ジョーが本来生まれ持った、身につけてきたものだと思われて。
器用な様で。真逆の不器用さ。その熱量過多にしてぶっきらぼうにも感じられる。
そんな暑苦しく、熱い。むさ苦しいカッコ良さに。深い優しさを感じて、どうにも惹かれてしまうのです。

ぶっきらぼうで。
我が道を行く風で。
そのくせ。
要所では。
暑苦しいまでに熱くもあって。

そんな。
不器用さも。
優しさの裏返し。
そんなことは。
お見通しなのだが。

わかりづらいだろうと。
面倒も多いから。
もっと。
素直に思いを見せてくれよと。
思いもするが。

それが。
できるのなら。
怖くないのなら。
とうの昔に。
そうしているのだろうと。

わかりやすい。
わざと、そうしている。
そんなものが鼻につく。
きれいごとの。
表面だけの優しさもどき。

そんなものに。
迎合する世の中だから。
ぶっきらぼうで。
暑苦しいまでに熱い。
そんな不器用さもあっていい。

わかりやすければ。
いいってものでもない。
わかりづらいから。
味わい深い。
そんなものもある。

簡単ならば。
いいってものでもない。
面倒くさいからこそ。
感じられる。
そんなものもある。

やり方も。
表し方も。
一つとは限らない。
色々あるから。
救われるものもある。

小ぎれいなだけ。
きれいなだけ。
それでは。
それだけでは。
見えてこないものもある。

わかりづらく。
面倒くさく。
だから。
回り道をして。道草も食って。
器用じゃなくて。

そんな道程で。
熱風に吹かれて。
砂塵に晒されて。
負けずに。
暑苦しいほどに、熱くなった。

酸いも甘いも。
噛分けた。
優しさの裏返し。
そんな不器用さも。
あっていい、あってほしい。



web拍手 by FC2

|

« 2017/09/18 Mon *残照 / Gene Clark | トップページ | 2017/09/20 Wed *憧れながらも / John Kay »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/65816117

この記事へのトラックバック一覧です: 2017/09/19 Tue *不器用さも / Tony Joe White:

« 2017/09/18 Mon *残照 / Gene Clark | トップページ | 2017/09/20 Wed *憧れながらも / John Kay »