« 2017/10/08 Sun *楽しい! / Flamin Groovies | トップページ | 2017/10/10 Tue *夢、希望、その自由 / Patti Smith »

2017/10/09 Mon *傷だらけの人生 / Johnny Thunders

20171009hurtme


これでも。
実は。
気が小さくて。
臆病者で。
そんなものだから。

あっちで。
こっちで。
躓いて。
引っ掛かって。
その繰り返しで。

体の。
あちらも。
こちらも。
傷だらけで。
沁みたりする。

それでも。
傷だらけの。
そんな経験から。
感じられることもある。
知ることもある。

ひとつ。
ひとつの傷が。
呼び覚ます。
震わせる。
戒める。

一人。
一人で。
その傷を。
その代償を。
引き受けて、ここにいる。

『Hurt Me』'84年リリース。
ジョニー・サンダースの弾き語りによるアルバム。
全19曲、ただひたすらにアコギで弾き語るジョニーです。
ニューヨーク・ドールズやハートブレイカーズ時代に陽の目を見なかった。
そんなナンバーもあれば。『So Alone』に収録されていたナンバーの再演も。
勿論、新たなジョニーのオリジナル・ナンバーも聴くことができるし。
ボブ・ディラン、P.F.スローン、そしてローリング・ストーンズのカヴァーも。
嘘偽りのない、ジョニーの心象風景のスケッチと言ったところかな。
恐ろしく無垢で純粋な孤独の魂。ジョニーを聴くといつもそんな言葉が浮かぶのですが。
特にこのアルバムに針を落とすと。その思いが強くなるかな。
どうしたら、ここまで。無防備に己と言うものを晒すことを恐れずにできるのか。
どうしたら、その剥き出しの己と言うものをカッコいいロックンロールに昇華できるのか。
憧れ、焦がれ。でも永遠に届かない存在。そんなジョニーがここにいるのです。
シド・ヴィシャスに捧げられたと言うオリジナルの「Sad Vacation」に始まり。
スローンの「Eve Of Destruction」、ディランの「It Ain't Me Babe」ときて。
ストーンズの「I'd Rather Be With The Boys」なんてマニアックなナンバー。
そして「You Can't Put Around Your Memory」に「Lonely Planet Boy」など。
何らかの意図をもって選ばれたのか。それとも思いつくままに爪弾いた中から選んだのか。
恐らくは後者だと思われるのですが。結果としてあるものの姿が浮かんできているかなと。
それこそが。まさに傷つくことを、あるいは傷を晒すことを厭わない、恐れない。
そんなジョニーの姿勢、そして。ジョニーの無垢で純粋な孤独の魂そのものだと思うのです。
あまりに赤裸々でもあり。時に思わず目を背け、耳を塞ぎたくもなるのですが。
そんな姿勢、そんな魂。それをもってしか表現できない、伝えられないものもあるのです。
このアルバムから逃れること、それはロックンロールから逃れることにもなる気がするのです。

これでも。
実は。
神経が細くて。
甘ったれで。
そんなものだから。

あっちで。
こっちで。
転んで。
切りつけられて。
その繰り返しで。

心の。
あちらも。
こちらも。
傷だらけで。
血が流れ続けている。

それでも。
傷だらけの。
そんな経験でのみ。
感じられないものもある。
得られるものもある。

ひとつ。
ひとつの傷が。
思い出させる。
刻みつける。
諫める。

独り。
独りで。
その傷を。
その代償を。
引き受けて、ここにある。

そこまで。
どこまで。
この道を。
その道を。
いこうというのか。

そこまで。
どこまで。
頑なに。
譲らずに。
いこうというのか。

あっちで。
こっちで。
いたるところで。
躓いて。
引っ掛かって。

あそこでも。
ここでも。
いたるところで。
転んで。
切りつけられて。

体も。
心も。
傷だらけ。
沁みている。
血が流れている。

呼び覚まされる。
震わされる。
思い出される。
刻みつけられる。
そのことを。そのものを。

一人で。
独りで。
その傷を。
その代償を。その対価を。
引き受けて、ここにいる、ここにある。

受傷の。
受傷続きの。
傷だらけの人生。
そいつが愛しい。
夜がある。



web拍手 by FC2

|

« 2017/10/08 Sun *楽しい! / Flamin Groovies | トップページ | 2017/10/10 Tue *夢、希望、その自由 / Patti Smith »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017/10/09 Mon *傷だらけの人生 / Johnny Thunders:

« 2017/10/08 Sun *楽しい! / Flamin Groovies | トップページ | 2017/10/10 Tue *夢、希望、その自由 / Patti Smith »