« 2017/10/10 Tue *夢、希望、その自由 / Patti Smith | トップページ | 2017/10/12 Thu *愛でなくていい / Betty Davis »

2017/10/11 Wed *夕暮れ時は / Bobby Womack

20171011womagic


夕暮れ時。
何の。
根拠も無いけれど。
何かが。
起きるのではと。

そんな。
不思議な。
予感が。
胸に浮かび。
過ったりする。

昼と夜の。
その間。
残照。
余熱。
静かな高鳴りを誘う。

そんな。
何ものかが。
空気の中に漂い。
街角で待ち構えている。
その気配。

これからの。
ひと時が。
少しだけ。
特別なものになる。
予感が確信へと。

そう。
真昼でもない。
真夜中でもない。
夕暮れ時は。
魔法の時間かもしれない。

『Womagic』'86年リリース。
ザ・ラスト・ソウルマン、ボビー・ウーマック。
傑作として名高いポエット三部作に続くアルバム。
そして、MCA第一弾となったアルバムでもあります。
そのポエット三部作の評判があまりに高い為に、その陰に隠れている様な。
もっと言えば。割を食った感じもあるアルバムとも言えるかもしれません。
確かにあの三枚が素晴らしいのは確かですが。少しばかり流行り過ぎた感じもあって。
それはボビー自身も意識してはいたのかな。レコード会社の移籍をきっかけにもしたのか。
一曲を除いては。メンフィスの手練れたちとのメンフィス録音となっていて。
原点回帰を目指したのかと思われるふしもあったりします。
旧知であろうアンドリュー・ラヴらが奏でる極上のサウンドをバックに。
これまた極上の歌声で、ソウルフルに迫ってくるボビー。胸に迫るものがあります。
時代が時代だけに。安易なアレンジや、安っぽい音が皆無とは言えないのですが。
それをものともしないボビーの情感のこもった熱い歌声。流石はラスト・ソウル・マンです。
伊達や酔狂でサム・クックに認められたわけではないと。そんな男の矜持を感じさせます。
時に狂おしいほどに官能的で。時に身を切るほどに切なく。男心を歌い上げています。
その歌声には、まさにアルバム・タイトル通りにボビーならではの魔法があるのかなと。
実のところ。この次のアルバムからのボビーは、どうにも物足りなくなってしまうと言うか。
ボビー・ウーマック、ボビー・ウーマックを演じるみたいな技巧に走り過ぎの感があって。
それを思うと。そのキャリアの転機、黄昏、夕暮れ時のアルバムであったとも思われて。
それ故に。黄昏、夕暮れ時ならではの魔法の時間が流れていたアルバムでもあったかなと。
それにしても。「(I Wanna) Make Love To You」の官能。「I Can't Stay Mad」の切なさ。
その両極をさらりと見事に歌いきってしまうボビー。魅せられてしまうのですよね。

夕暮れ時。
特に。
理由も無いけれど。
何かが。
変わるのではと。

そんな。
不思議な。
予兆が。
胸に起こり。
ざわめいたりする。

昼から夜へ。
その間。
ほとぼり。
残り香。
静かな昂ぶりを唆す。

そんな。
何ものかが。
空気の中を舞い。
街角で微笑みかけてくる。
その気配。

これからの。
ひと時が。
少しだけ。
一際なものになる。
予兆が現実へと。

そう。
真昼とも違う。
真夜中とも異なる。
夕暮れ時は。
魔法の時間かもしれない。

久し振りの。
この時間が。
いつもと。
少し。
違うのは。

重ねてきた。
この時間が。
いつもと。
少し。
異なるのは。

慣れ親しんだ。
その。
空気が。
動き始めた。
そう思えるのは。

馴染んでしまった。
その。
距離が。
変わり始めた。
そう感じるのは。

空気の中に漂い。
街角で待ち構えていた。
静かな高鳴りを誘った。
そんな。
何ものかのせい。

空気の中を舞い。
街角で微笑みかけてきた。
静かな昂ぶりを唆した。
そんな。
何ものかのおかげ。

そう。
陽の光と。
月の明かりが出会う。
夕暮れ時は。
魔法の時間に決まっている・・・



web拍手 by FC2

|

« 2017/10/10 Tue *夢、希望、その自由 / Patti Smith | トップページ | 2017/10/12 Thu *愛でなくていい / Betty Davis »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/65909801

この記事へのトラックバック一覧です: 2017/10/11 Wed *夕暮れ時は / Bobby Womack:

« 2017/10/10 Tue *夢、希望、その自由 / Patti Smith | トップページ | 2017/10/12 Thu *愛でなくていい / Betty Davis »