« 2017/10/24 Tue *その次 / The Who | トップページ | 2017/10/26 Thu *大雑把で、いい加減で、陽性で、そして・・・ / Faces »

2017/10/25 Wed *心、乱れても、心、破れても / Free

20171025heartbreakerukorg


心、乱れても。
それでも。
ひと時は。
乱れるままに。
あったとしても。

ふと。
吹き抜ける。
一陣の風を。
感じるなら。
感じられるのなら。

乱れた心を。
抱えたままでも。
立ち上がり。
一呼吸おいて。
いってみるかと。

売りものにも。
ならない。
乱れた心。
そいつを共に。
いってみるかと。

新たな。
一歩を踏み出してみる。
足跡が。
新たな道となるか。
それはわからなくても。

未だ。
立てるのだと。
未だ。
歩けるのだと。
それを示せればと、願いを込めて。

『Heartbreaker』'73年リリース。
フリーの通算7枚目にして最後となったアルバム。
その高い評価とは裏腹に。ごたごたの絶えなかったフリー。
音楽性の相違、人間関係の軋轢、そして薬物の問題。
デビューして数年、5枚のアルバムを残して一旦は解散してしまいます。
その後、それぞれの活動が思わしくなかったりもして。
また薬物に苦しむポール・コゾフを再起させる意図もあってか再結成。
ポール・ロジャース、サイモン・カーク、アンディ・フレイザー、そしてコゾフ。
オリジナル・メンバー4人で『At Last』をリリースするも。
やはり軋轢。特にコゾフとの確執に耐えられずフレイザーが早々に離脱して。
フリーもこれまでかと思われたもののロジャースとカークは活動の継続を選択。
新たにラビットと山内テツをメンバーに迎えて。当然の様にコゾフも残したのですが。
薬物に蝕まれたコゾフの状態が悪化。数曲でしかギターを弾くことができず。
結局はクレジット上もメンバーからは外されてゲスト扱いになってしまっています。
(英国オリジナル盤のインナーではコゾフも含めたメンバー・ショットがありますが・・・)
そう。なので。このアルバムをフリーのアルバムと認めていいものかとの声もありますが。
この言わばボロボロの状態を晒しても前進する姿勢、その往生際の悪さもフリーかなと。
ロジャースとラビットを中心に書かれたナンバーの出来の良さもあって。
そして、変わらぬロジャースのソウルフルな歌声。そして閃光の欠片を放つコゾフのギター。
フレイザーの不在故に。真っ直ぐに過ぎる、硬すぎる感があるのは否めないものの。
やはり、このアルバムで聴ける重心の低い、間の活きたサウンドはフリーなのですよね。
大ヒットした「Wishing Well」に溢れる前向きな躍動感、漲る生命力。そこには。
リーボップのコンガも加わり。昂揚するこのナンバー。コゾフに向けて歌われたと言うのは。
今では否定されていますが。コゾフも含め、乱れた、破れた心を抱えた者達を立ち上がらせる力があるのです。

心、破れても。
それでも。
ひと時は。
破れたままで。
あったとしても。

ふと。
射し込む。
一筋の光を。
感じるなら。
感じられるのなら。

破れた心を。
抱えたままでも。
立ち上がり。
伸びの一つでもして。
やってみるかと。

売りものになど。
ならはずもない。
破れた心。
そいつと共に。
やってみるかと。

新たな。
一撃を放ってみる。
軌道が。
新たな標となるか。
それはわからなくても。

未だ。
立てるのだと。
未だ。
闘えるのだと。
それを信じられればと、願いを込めて。

隠さなくて。
覆わなくて。
それで。いい。
ありのまま。
そのまま。

隠し通せない。
覆い尽くせない。
そんなものだから。
ありのまま。
そのまま。

いらないもの。
余分なもの。
重すぎるもの。
脱いで。
脱ぎ捨てて。

ありのまま。
そのまま。
乱れた心も。
破れた心も。
晒したままで。そのままで。

一陣の風を。
一筋の光を。
感じるなら。
感じられるのなら。

未だ。
立てるのだと。
歩けるのだと。
闘えるのだと。
信じられるのなら。

心、乱れても。
心、破れても。
一歩を踏み出してみる。
一撃を放ってみる。
願いを込めて。



web拍手 by FC2

|

« 2017/10/24 Tue *その次 / The Who | トップページ | 2017/10/26 Thu *大雑把で、いい加減で、陽性で、そして・・・ / Faces »

001 British Rock」カテゴリの記事

011 Free」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017/10/25 Wed *心、乱れても、心、破れても / Free:

« 2017/10/24 Tue *その次 / The Who | トップページ | 2017/10/26 Thu *大雑把で、いい加減で、陽性で、そして・・・ / Faces »