« 2017/10/29 Sun *いつでも、どこでも、どれでも、なんでも / Lee Dorsey | トップページ | 2017/11/01 Wed *その存在 / Howlin' Wolf »

2017/10/30 Mon *風よ、吹け、吹け、風よ、吹け / Big Walter Horton & Alfred Harris

20171030harmonicablueskings


吹け。
吹いて。
吹いて。
吹きまくって。
吹き飛ばせ。

この身に。
この心に。
纏わりつく。
あれや。
これや。

ふわふわと。
もやもやと。
その実体は。
現れない。
見えてこない。

なのに。
どうにも。
気に掛かる。
気に障る。
そいつが耐え難い。

そわそわと。
ざわざわと。
粟立って。
波風立って。
落ち着かない。

そんな。
あれも。
これも。
吹きまくって。
吹き飛ばせ。

『Harmonica Blues Kings』'86年リリース。
ビッグ・ウォルター・ホートンとアルフレッド・ハリス。
二人のハーピストのユナイッテドへの'54年録音を収録したアルバム。
これまたP-VINEの手によるものですが。デルマークが原盤なのかな。
さて先ずはA面に収められているホートン。ミッシシッピー出身で。
'50年代はミッシシッピーとシカゴを行き来しながら活動を続けていたのだとか。
知己だったウィリー・ディクソンの引きもあってシカゴでの様々なセッションに参加。
遂にはチェスで自己名義での録音の機会を得るもお蔵入りになったりして。
このユナイッテドへの録音で初めて自己名義のレコードをリリースに至ったのだとか。
そしてこの時、初めてビッグ・ウォルターを名乗ったと言われています。
それ以前はリトル・ウォルターだったのですね。そう実はホートンが元祖なのですよね。
しかし、二代目?のジェイコブスのリトル・ウォルターが既に大スターになっていた為に。
その長身からディクソンがビッグ・ウォルターを名乗ることを勧めたのだとか。
体躯に見合った豪快に吹きまくる様が魅力的なホートン。スケールの大きさを感じます。
それでいて繊細なブロウもあって。サックスとの絡みなどは実に絶品だったりします。
さて続いてB面に収められているアルフレッド・ハリス。無名と言うか正体不明で。
出身もミシシッピーか、アーカンソーかはっきりせず。何処へ消えたかも不明なのだとか。
何でもブルース・キングと名乗って、ホートンとハープ・デュオを組んでいたとも。
尤もホートンは、ブルース・キングのことを訊かれると不機嫌になって口を閉ざしたと。
そんなハリス。そのハープ、そのブルースはひたすらダウンホームで。
熱く吹きまくる、その熱風が地面を舐める様にあらゆるものを焼き尽くす様な感があって。
何故、これほどのハーピストが無名に終わったのか。それもまたブルースなのか。
故に。ジャケットにはホートンのみがフューチャーされているのですが。
二人のハーピストの、豪快で熱いハープ。その吹きまくる様に痺れるアルバムなのです。

吹け。
吹いて。
吹いて。
吹きまくって。
吹き飛ばせ。

この身に。
この心に。
絡みつく。
あれも。
これも。

ふわふわと。
もやもやと。
その実態は。
表れない。
感じられない。

なのに。
どうにも。
気が晴れない。
気が滅入る。
そいつが耐え難い。

そわそわと。
ざわざわと。
押し寄せて。
締め付けられて。
落ち着かない。

そんな。
あれや。
これや。
吹きまくって。
吹き飛ばせ。

街に。
風が。
吹き。
季節の扉を。
開け放つ。

その。
風が。
あれも。
これも。
吹き飛ばして。

昨日を。
今日に。
今日を。
明日に。
変えていく。

この身にも。
この心にも。
風が。
吹き。
扉を開け放ってくれないかと。

ふわふわと。
もやもやと。
纏わりつくものを。
絡みつくものを。
吹き飛ばしてくれないかと。

昨日の己を。
今日の己に。
今日の己を。
明日の己に変えてくれないかと。

吹け。
吹いて。
吹いて。
吹きまくって。
吹き飛ばせ。

風よ、吹け、吹け、風よ、吹け。



web拍手 by FC2

|

« 2017/10/29 Sun *いつでも、どこでも、どれでも、なんでも / Lee Dorsey | トップページ | 2017/11/01 Wed *その存在 / Howlin' Wolf »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017/10/30 Mon *風よ、吹け、吹け、風よ、吹け / Big Walter Horton & Alfred Harris:

« 2017/10/29 Sun *いつでも、どこでも、どれでも、なんでも / Lee Dorsey | トップページ | 2017/11/01 Wed *その存在 / Howlin' Wolf »