« 2017/11/05 Sun *踊れ / John Cougar | トップページ | 2017/11/07 Tue *往々にして / Cheap Trick »

2017/11/06 Mon *醒めた千鳥足 / The Fabulous Thunderbirds

20171106whwtstheword


酔い覚めの。
酩酊状態。
醒めているのに。
酔いしれてもいる。
そんな中途半端な感覚が。

落ち着かなくもあり。
心地よくもあり。
その境界線上で。
どちら側へ踏み出そうかと。
楽しんでいる。

例えば。
同じ言葉でも。
醒めて口にするのと。
酔いしれて言の葉にするのと。
その匙加減。

そいつの。
かなり際どくて。
危ういバランスを。
わざと崩してみたくもなる。
そんなところ。

人が悪いなと。
醒めた己が刺しもすれば。
面白いじゃないかと。
宿酔いの己が煽りもする。
そのせめぎ合いが好きなのか。

如何わしくて。
不敵で。
その実。
かなりの小心者で。
でも人の言葉には耳、貸さず。

『What's The Word』'80年リリース。
ファビュラス・サンダーバーズの2枚目となるアルバム。
確か、このアルバムがメジャーからは初めてのアルバムだったのかな。
それにしては。このジャケットは・・・売る気が無かったのか。
それとも、わざとその筋(どの筋?)だけを狙ってリリースされたのか。
あまりに安っぽい、まるで廉価盤の様な色使いもさることながら。
このターバンにサングラス。妖しい口髭に、密林の様な胸毛の男の写真。
いくらキム・ウィルソンが如何わしいからと言って。これは無いだろうと。
対比してジミー・ヴォーンを売り出す作戦か。しかしジミーもかなり微妙かなと。
まぁ、その実。このジャケットのいい加減さと如何わしさはらしくはあるのだけれど。
テキサスはオースティンのブルース・クラブのハコバンだったと言う叩き上げの経歴。
如何にもと思わせる、その実力者振り、そしてローカルな匂いが残るそのB級なところ。
その絶妙なバランス、その匙加減。そこがファビュラス・サンダーバーズの魅力かな。
マディ・ウォーターズやジョン・リー・フッカーのサポートもしたらしいので。
その点では。プロフェッショナルな、ある意味では醒めた感覚も持ちながら。
酔っ払い相手に盛り上げてなんぼの。商売人としての遊び心も持ち合わせていたと。
それを一番体現しているのがキムかなと。歌もハープもかなりの腕前にも関わらず。
それをストレートには表さないで。如何わしさでもって楽しませてみせると。
思わず、役者やの~と。そんな声を掛けたくもなる。ご機嫌なロックンロールなのです。
ジミーは言わずと知れたスティーヴィー・レイ・ヴォーンの実兄で。
あのスティーヴィーが心底尊敬していたギタリストで。その渋いプレイがまた堪りません。
特にスティーヴィー亡き後は、妙に神格化されたりもして。その実像が見え辛くなって。
このアルバムの、いなたさ、そいつはフレーズの端々に感じられるのが本来の姿かなと。
如何わしさと、いなたさ。その醒めた千鳥足。それこそがファビュラス・サンダーバーズの真骨頂かな。

酔い覚めの。
酩酊状態。
醒めたはずなのに。
残っている気もする。
そんなどっちつかずの感覚が。

微かな罪悪感もあり。
気持ちよくもあり。
その境界線上で。
どちら側へ堕ちてやろうかと。
楽しんでいる。

例えば。
同じ態度でも。
醒めて演じてみせるのと。
酔いしれて見得を切るのと。
その匙加減。

そいつの。
かなりギリギリで。
微妙なバランスを。
わざと傾けてみたくもなる。
そんなところ。

大概にしとけよと。
醒めた己が刺しもすれば。
こんなものじゃないだろうと。
宿酔いの己が煽りもする。
そのせめぎ合いが奮わせるのか。

如何わしくて。
不敵で。
その実。
かなりの臆病者で。
でも人の言葉には耳、貸さず。

酔っているのか。
醒めているのか。
その境界線上。
その微妙なところを。
歩いてみる。

抜けているのか。
残っているのか。
その境界線上。
その曖昧なところで。
踊ってみる。

右へ。
踏み出すのか。
左へ。
踏み出すのか。
それとも。

右へ。
堕ちるのか。
左へ。
堕ちるのか。
それとも。

それなりの。
かなり。
危ういバランスを。
崩してみたくもなる。
そいつを楽しんでいる。

それなりの。
かなり。
際どいバランスを。
傾けてみたくなる。
そいつを楽しんでいる。

酔い覚めの。
酩酊状態。
醒めた千鳥足。
その心地よさに。
結局は酔いしれている。



web拍手 by FC2

|

« 2017/11/05 Sun *踊れ / John Cougar | トップページ | 2017/11/07 Tue *往々にして / Cheap Trick »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017/11/06 Mon *醒めた千鳥足 / The Fabulous Thunderbirds:

« 2017/11/05 Sun *踊れ / John Cougar | トップページ | 2017/11/07 Tue *往々にして / Cheap Trick »