« 2017/12/03 Sun *発熱、余熱 / Various Artists | トップページ | 2017/12/05 Tue *旧い奴、旧い男 / 萩原健一 »

2017/12/04 Mon *勝手にさせてもらうのさ / Sex Pistols

20171204nevermindthebollocksusorg


あぁ。
勝手にするさ。
言われなくても。
勝手にさせてもらうさ。
そんなところさ。

どうせ。
どうしたところで。
誰かの。
お気には召さないのだろう。
そうならば。

誰かの。
目など。
顔色など。
いちいち気にするなんて。
無駄なこと。

そんなこと。
放り出して。
忘れて。
誰の為でもなく。
己の為に。

歩くだけ。
転がるだけ。
駆け抜けていくだけ。
それだけ。
それでいいだろう。

誰が為でなく。
己が為に。
夜通しでも。
いつまででも。
踊り続けてやるだけ。それだけ。

『Never Mind The Bollocks』'77年リリース。
セックス・ピストルズの1stにして唯一のオリジナル・アルバム。
(異なる解釈もあるでしょうが。このアルバム以外はねぇ・・・)
このピンクと緑の配色は米国(とカナダの)オリジナル盤のみのものだとか。
因みに先行した英国オリジナル盤には「Submission」は未収録で。
初版特典シングル盤として封入されていた為にジャケットに記載がなくて。
その版下をそのまま使ったのか。「Submission」を最初から収録しているこのアルバムでは。
わざわざその事を示すステッカーが裏ジャケに貼付されていたりします。
リリースされた当時は。特に日本ではそのセンセーショナルな行動の報道が先行していて。
ピストルズ、ひいてはパンクそのものに対する期待や幻想が膨らみ切っていたので。
それも作用してか。とても刺激的で新鮮なサウンドに感じられて、興奮して。
まぁ、今もその時の刺激や興奮が誤ったものだったとは思いませんが。
その後、色々と遡って様々なものを聴いた、その後でこのアルバムに針を落とすと。
何処かのギタリストみたいに、村八分じゃん!とは言いませんが。
ごくごくシンプルで、ストレートで。ある意味とてもオーソドックスなロックンロール。
それ以上でも、それ以下でもないなと感じたりはして。またその潔さに痺れてしまうのです。
誤解を恐れずに言えば。策士マルコム・マクラレーンが以前に仕掛けた、あのバンド。
そう、ニューヨーク・ドールズと。そのコンセプト、骨格は同一かなとも。
勿論、時代の違いや国の違い。そこは緻密に計算しているでしょうから意匠は異なりますが。
逆に言うと。厚顔にもそんな仕掛けをかます、そして当ててみせたマルコムは凄いなと。
そして。その仕掛け、その脚本を見事に演じてみせたピストルズの凄味がカッコいいなと。
邦題ではありませんが。勝手にしやがれ・・・その魅せる傍若無人振りが見事です。
そして。ジョニー・ロットンは逆手に取って、利用して。自由を、勝手にする権利をまんまと手にしたのですよね。

あぁ。
勝手にするさ。
言われるまでもなく。
勝手にさせてもらうさ。
そんなものさ。

どうせ。
どう転んだところで。
誰かの。
目には敵わないのだろう。
そうならば。

誰かの。
目など。
顔色など。
いちいち窺うなんて。
無意味なこと。

そんなこと。
投げ棄てて。
葬って。
誰の為でもなく。
己の為に。

謳うだけ。
楽しむだけ。
突き抜けていくだけ。
それだけ。
それでいいだろう。

誰が為でなく。
己が為に。
一日中でも。
いつまででも。
奏で続けてやるだけ。それだけ。

大人しく。
していても。
従っていても。
いいことなんか。
ありはしない。

それどころか。
他の誰かの。
勝手を押し付けられて。
勝手を押し通されて。
追い詰められるだけ。

大人しく。
していれば。
つけあがられて。
ろくなことには。
なりはしない。

それどころか。
他の誰かが。
ますます勝手に。
傍若無人に。
罷り通るだけ。

誰かの。
お気になど。
召さなくてもいい。
目になど。
敵わなくてもいい。

誰かの。
顔色など。
気にしなくていい。
窺わなくていい。
無駄なこと。無意味なこと。

誰が為でなく。
己が為に。
勝手にするさ。
勝手にさせてもらうさ。
それでいい。

誰かの。
仕掛けだと言うのなら。
脚本だと言うのなら。
そいつを乗っ取ってでも。
勝手にさせてもらうのさ。



web拍手 by FC2

|

« 2017/12/03 Sun *発熱、余熱 / Various Artists | トップページ | 2017/12/05 Tue *旧い奴、旧い男 / 萩原健一 »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017/12/04 Mon *勝手にさせてもらうのさ / Sex Pistols:

« 2017/12/03 Sun *発熱、余熱 / Various Artists | トップページ | 2017/12/05 Tue *旧い奴、旧い男 / 萩原健一 »